2020/07/25 10:26:46

私について #339 (不確実性の時代)

自分の若かりし頃の1980年代前半、ジョン・K・ガルブレイス著である「The Age of Uncertainty」和訳名「不確実性の時代」という経済書が世界的なベストセラー本だった。Uncertainty=不確実性という言葉は、今後起きる事象に伴うリスクと同義と取る場合が多いが、経済学のみならず科学全般そして我々の一般的な社会生活においても通用する、若かりし自分にとっては、何か便利な使いやすい言葉、との印象が強かった。当時は資本主義諸国と社会主義・共産主義諸国が覇権を争う東西冷戦の時代であったが、東西の覇権争いを先導していた米国、ソビエト連邦が力を落とし始めてきたころで、世界で唯一の国と言えるかもしれないが、日本が輸出関連企業を中心に世界中に上質な日本製品を送り込んで隆盛を極め始めた時代だった。ジョン・K・ガルブレイスが、どういう意図を持ってこの本を書いたか知る由もないが、彼の頭の中には東アジアの小国日本の隆盛を見て、将来への不確実性を感じ取ったのかもしれないと今になって思う。


時は2020年7月、何もなければ7月24日は世界中の人たちが楽しみにしていた、東京オリンピックの開会式だった。しかし、2020年は年初から世界的な感染症蔓延が、オリンピック・パラリンピック開催どころか、地球上のすべての人々の生活を不自由でリスクの大きな社会に変えてしまった。現代に生きる人たちにとって感染症蔓延とは歴史の中の一つの事象としてとらえられてきたが、自分を含め今生きる人たちにとって現実のものとなってしまった。そして、歴史が教えてくれたように、それが地球上の人たちに様々な負の遺産を残し始めてきた。多くの人たちが大切な人・物を失い心を痛め、国家間ではこの混乱からくる不協和音が高まり、一般庶民からすれば、今ある平和な社会が奪われてしまうのではないか、との危機感が生まれ始めている。世界中の人々は移動制限をかけられ、夏のバカンスシーズンもあまり自由に旅行ができず、人生における生きるモチベーションを上げることができない状況だ。旅行好きの初老に域に達した自分にとっても、元気なうちに行きたいところへ行けないのはとても残念なことだ。旅行需要喚起を意図して実施した、Go toキャンペーンも第2波を迎えた今、最悪のタイミングの中で始まったため禍根を残す経済活性化政策となりそうだ。


不確実性の時代。若かりし頃はある意味、将来への発展・希望などが含まれた言葉にも思える言葉だった。しかし、今となっては不確実性=リスク、という否定的な言葉にすり替わった感があるのがなんとも寂しい。散歩がてら都心のデパートを覗いても、どこもかしこも活気が無く、インバウンド全盛時に比べるとなんともやるせない気持ちになってしまう。日本のあちこちで外国人が日本のすばらしさを知り帰国し、また日本へ戻ってくるような国際的な国に変貌していけそうな状況だっただけに悔しさを覚える。リスクを発展・希望に変えるには日本人が前向きな気持ちを持たなければいけない。元気を取り戻して、またインバウンドに喜ばれる、誇らしい国にしないといけない。明けない夜は無い。






2020/06/08 10:20:30

私について #338 (感染症蔓延時の株高)

レインボーブリッジや都庁庁舎が赤い電飾で染められた東京アラートが発令中だが、街には多くの人が戻ってきており活気が戻ってきた感がある。そんな中でも、日本人は道徳心が高い人が多いため、ほとんどの人が感染症対策を施しているのが見て取れる。繁華街や医療施設等でのクラスターは散見されるものの、過去数か月間毎日見られた危機感を煽るような報道も限られてきていて、気持ち的には多くの人が安ど感を取り戻してきているに違いない。第2、第3の波の到来は避けられないであろうから、今後も感染症対策の継続は必要だが、以前の暮らしを取り戻すことはそれ以上に重要な状況へと変わってきた今日この頃。


そんな中、世界の株式市場を見渡すと、特に先進国における株式市場は,2月下旬の暴落からの回復が著しいのが見て取れる。3月11日のパンデミック宣言後、日本のみならず世界の主要企業の業績悪化が報道されてきたが、今はそのような悪材料を無視するかのような動きが展開されている。日経平均は今年1月20日の24,083.51円という直近の高値を付けたが、3月19日には16,552.83円まで暴落し、今日現在23,000円台と1月の高値にあと1,000円足らずと迫っている。見渡せば、先進諸国の株式市場は、パンデミックは過去のもの、と言わんばかりの勢いで回復しているのだ。


株式市場など金融市場を大きく動かす要因は、大規模な資金の流れの変化である。一般的に個人投資家が株式投資をしようとする場合、投資したい企業を探しその業績分析を行い、投資することが重要と言われている。しかし実際はそれだけでは株式市場で投資収益を上げることは難しいのが現実。株式市場で投資収益を上げるには、短期・中期・長期ベースで大きな資金シフトが起こる機会を見つけることがより重要となる。今回感染症拡大で世界中の政府が非常事態宣言を発令し、人・物・金の動きを止め、ある意味経済活動を犠牲にし、感染拡大を防ごうとした。その結果、世界中の市民生活は消費活動や収入を得るための労働も制限され、企業は生産・販売活動が制限され収益機会を失った。そんな中、各国中央銀行は大規模な金融緩和策を行い、金融市場に莫大な資金を投じた。その資金は、規模の大小を問わず企業や事業者へ、市中銀行から融資という形で貸し出され、彼らの事業活動をサポートする実需資金として使われたが、一方では、投資家・投機家のもとには投資・投機資金として行き渡った。今世界の株式市場を上昇トレンドに載せているのは、まさしくこのような緩和マネーで、その緩和マネーが先進国の株式市場に向かい、結果、大量の資金シフトが起こり、現在の市場レベルを形成している。そのような状況下、残念ながら、我々個人投資家はほとんどと言ってよいほどこの相場に乗れていない。ここ数ヶ月、日本でも個人投資家がネット証券を通じ日本株市場に参入する動きがみられたが、おそらく、何もできないまま日経平均は今のレベルに到達したと思われる。生活実体験を通じて相場観を持とうとする自分ら個人投資家には、今、目の前で苦境に立たされている中小規模事業者の姿を見ながら、急上昇している株式市場に参入することはほとんどできなかったのではないか。


感染症蔓延による世界的な自国主義の台頭そして国内紛争。世界中が内向きになり、人々の心が割れてきている感じがする中、世界の株式市場は今後もこのレベルを維持できるのか?金融緩和マネーによる過剰流動性相場の賞味期限はいったいいつなのだろうか?今後は、投資家としての技量が問われる相場が続く。






2020/05/28 11:16:19

私について #337 (感染症に負けない生き方)

4月7日、政府は7都府県に対し、全国的かつ急速な感染症蔓延による国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある事態が発生したと判断し緊急事態宣言を発出した。その後それは7都府県にとどまらず日本全国対象のものとなった。当初5月6日までの措置ということで始まったが、思ったほどの成果が出なかったこともあり、その期間は延長されることとなった。その後、我々日本国民の努力が徐々に実り始め全国各地で感染者が減少傾向となり、5月25日、最後まで宣言下に置かれた1都1道3県にも解除宣言が出ることとなった。


この1ヶ月半、予想はされていたものの、人・物・金の動きに制限がかかった中、一般消費者に直接的なサービスを提供していた業種で働く人たちを中心に、計り知れない苦悩が襲い掛かった。正確には大企業も含めて多くの事業活動が大きなダメージを受けたわけだが、フリーランスを含め小規模なサービス業者は、事業活動が自分たちの生活に直接影響を与えるものだからその状況は深刻だ。また大学生・専門学校生などアルバイトをしながら勉学と生活を成り立たせていた若者たちも苦しい思いをしている。それだけではなく、来年から社会人となる学生たちの就活もこの混乱の中で、例年とは全く異なる状況となっており、例年であれば、企業から引く手あまたであった体育会出身の学生も、未だに内定がもらえていない学生が続出している。OBOG会長として彼らの厳しい状況を取り除くべく、今、若手OBOGと連携して4年生の就活支援に追われているところだ。


ところで今、世界では横浜沖のクルーズ船を始め、感染症蔓延拡大に対する日本の評価が話題になっている。お世辞にも感染症拡大初期における、誰もが評価できる対応をできたとは言えない日本政府の実績は日本国民のみならず、海外での評価も極めて低かったと言える。一時は「東京はニューヨークの二の舞となろう」とも言われたものだが、実際は数字を見れば明らかで、人口1億2,000万人強のG7国でこれだけ数字を抑え込んだ国は無い。今回の感染症蔓延で再び評価を上げた、メルケル首相率いるドイツですら遠く日本の結果には及ばない。この結果については、世界中の多くの研究者も首をひねっているようだ。ただ一つ言えることは、日本人の生活習慣、衛生観念、他人に対する思いやりなど、日本人にとってある意味当たり前なことが、実は世界では全く当たり前ではない、ということが要因となっていると思う。計14年ニューヨーク、ロンドンで勤務し生活した経験から考察して、自分も日本人だが日本人はかなり欧米に住む人とは異なる生活習慣、衛生観念、他人への配慮を重んじる心を持っていると思う。具体的には、彼らはトイレで用をすましても最後に手を洗わない、歯並びは気にするけど、オフィスで食後に歯を磨く人はいないし感染予防としてうがいする人もいない。もともとマスクをつける習慣はないが、マスクをつけることで自分のみならず、他人への感染を抑制できるという道徳的観念は全く持っていない。基本的に自分本位の人たちが多いため、第3者への配慮はほとんど彼らの頭の中には無い。これは彼らを批判しているのではなく、率直に事実を述べているだけで、要は彼らには日本人にとって普通のことが、ほとんど普通ではないことが言いたいだけだ。世界を見渡すと日本のみならず、台湾や韓国などある程度感染症拡大を押さえることができた国の人たちは、東アジア人特有の慣習なのか、そういったことを日常的にこなしていて、結果、感染症拡大を防ぐことができたのではないかと思う。


しかし、感染症との闘いはまだ終わっていないと思うし、今後、第2第3の山は必ず来ると思う。でも人類は必ずワクチンを開発し、この新型コロナウィルスをインフルエンザと同じような感染症になり下げることができると確信している。ただ注意すべきは、日本におけるインフルエンザ感染者数は年間数百万人いて、死亡者は3,000人ほどいるとのこと。我々は今、新型コロナにばかり目を向けているが、インフルエンザにも注意しなければいけないのだ。今後も日本人の生活習慣を生かし、すべての感染症から他人を思いばかりながら自身の健康を守っていくことが大切だ。







会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ