2019/05/19 11:43:47

迫力満点の音に思わず立ち止まってしまった!

事務所近くの街道筋を歩いていたら、大音量の音色が聞こえた。


まるでコンサートホールのような迫力。


広い間口が開いたままになっている古い建物から聞こえている気がする。


中は見えるけれど暗い。奥が広くてずーっと暗い。


チラッと覗きクラシック音楽の大音量を確信。


暗い大きな空間には、すでに使われていない機械がいっぱい。入り口付近には1300CCのバイクが。


その暗がりから60代くらいの男性が現れた。


『すごい迫力ですね、スピーカーはどこですか?』と聞くと、指さした先にはなんとカラーボックス4つ分くらいの大スピーカーが。


『いい趣味ですね』と声かけると、ちょっと自慢気にLPレコード2000枚、CD3000枚の棚に案内してくれた。


LPレコードとLPプレイヤーがお好きらしい。


今は仕事をリタイヤーし、ここで音楽を聴くのが一番の楽しみらしい。


        


   個性的な人との出会いにカンパイ!


   ※鶴瓶の家族に乾杯をもじって...









2019/05/13 16:42:40

彫金のしおり


10×3.5pの彫金のしおりを頂いた。


パッケージには『彫金』の文字と並んで『ART OF CHOUKIN』と書かれてある。


6世紀頃から神社、寺の飾りとして使われ、その後、刀、鎧兜の装飾に使われていた、とある。


さらに、このしおりは、金・銀・銅・黒・縁のさしメッキで、現代風に仕上げた高価な物、と書かれてある。


高価な物とわざわざ書いてあるためか、なかなか使いずらい。


しおり本来の役目でデビューする日がくるだろうか⁉







2019/05/07 17:39:59

定期転借地権付分譲マンション

連休中、普段はスルーする新聞の折込チラシを見ていたら、手に止まったチラシがあった。


タワーマンションのチラシ。



そこそこの広さがあるのに通常の価格より安い。


不思議に思い、小さい文字で書かれている物件概要を読む。


なるほどねぇ〜、一般定期借地権(転借地権)とある。


借地権の期間70年。


思わず自分の年に70を足してみる。


生きてはいない。


どんな人が買うのか?と考えてみる。


20代の人なら人生の終わりとマンションの終わりが同じになる。が、買うのが困難。


30代以降の人ならマンションの終わりを見ることなく


人生の終わりが来て、相続となる。


通常のマンションと同じ。ただ、違うのが、終わりのあるマンションを相続する、という事。


「子孫に残す」意識の少ない独身の人や、子供のいない夫婦なら、逆に終わりがある方がいいかもしれない。


となると、今後、都会の便利な立地に定期借地権付マンションが増えていくかもしれない。


土地を手放したくない持ち主にとっても、将来更地で戻ってくるならば、悪い話ではないかもしれない。











会社概要

会社名
九ちゃん不動産
カナ
キュウチャンフドウサン
免許番号
大阪府知事免許(1)59398
代表者
金谷 直子
所在地
5940013
大阪府和泉市鶴山台1丁目7番9号
TEL
代表:0725-43-6441
FAX
代表:0725-43-0691
営業時間
09:00〜18:00
定休日
水曜日
最寄駅
JR阪和線北信太
徒歩15分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ