2018/04/15 11:24:55

海外のインスペクション事情


月間不動産4月号を見ていたら興味深い記事が。


海外のインスペクション事情。


日本のインスペクションは黎明期を過ぎ「混沌期」に入ったという衝撃的な書き出し。


なぜかというと先進国ではインスペクションは買主が行うものらしい。


売主が行うと業者とインスペクターとの癒着の構図があり報告書の内容に信ぴょう性が失われる可能性があるから、と。


なるほどね、そうか、なるほどね。


この4月から施行されたインスペクション。


媒介契約書や重要事項説明書には「建物状況調査」となっていて言葉自体はわかりやすいけれど...。



インスペクションの存在は住宅の売買に係る売主・買主の知るところとなり今後どのような広がりを見せていくのだろうか。


「安心R住宅制度」と共に中古住宅流通の活性化が進む仕掛けが動き出している。








コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
九ちゃん不動産
カナ
キュウチャンフドウサン
免許番号
大阪府知事免許(1)59398
代表者
金谷 直子
所在地
5940013
大阪府和泉市鶴山台1丁目7番9号
TEL
代表:0725-43-6441
FAX
代表:0725-43-0691
営業時間
10:00〜18:00
定休日
水曜日
最寄駅
JR阪和線北信太
徒歩15分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ