2010/08/31 10:55:36

第89回 住宅金融支援機構からの「再度のご連絡」の例

こんにちは。ライビックス住販スタッフNです。猛暑記録の8月もいよいよ最終日となりましたが、みなさま体の調子など崩されていませんでしょうか?暑いからと、冷たいものばかりとるのはよくないそうです。体調管理には十分気をつけてくださいね!


さて、これまでローンを滞納した場合に送られてくる書面の例をいくつかご紹介してきましたが、本日ご紹介するのは「再度のご連絡」です。


これは、住宅ローンの滞納が3か月になると住宅金融支援機構から送られてくる書面です。これを無視していると、あなたに関する情報がいわゆる「ブラックリスト」に記載されることとなります。


任意売却をお考えであれば、そろそろ業者選定などを始めなければいけない時期に差し掛かっています。


以下は、文面のサンプルです。


****************************************************************
(お借入れ人) ○○ ○○ 殿

 先般、住宅金融支援機構への滞り返済金のお支払いについて御連絡しましたが、いまだにお支払いがなく、現在3か月分が滞っています。このまま延滞が長期化しますと不本意ながら契約に基づき、融資金額の全部について一括返済請求せざるを得なくなりますので、至急お払い込み願います。

 また、平成7年5月22日以降に資金(災害復興住宅資金、地すべり等関連住宅資金及び宅地防災工事資金を除きます。)の借入れのお申し込みをされた方につきましては、これ以上延滞されますと、その旨銀行協会の個人信用情報センターに登録されます。

 なお、今月もお支払いいただけない事情がおありの場合には、早急に下記へ御連絡のうえ、事情をご説明くださるようお願いします。

****************************************************************


「再度のご連絡」などを受け取ったら…


とりあえず弁護士にご相談されるか、自宅の売却を決断されるのであれば任意売却センターの地域担当業者にご相談ください! このまま住宅ローンの支払いを継続していくことは可能ですか? 一時的に支払いができても、また近い将来に滞納を起こしてしまう危険性はありませんか?


無理をして「滞納→支払い→滞納→支払い」といったことを繰り返していくのなら、そろそろ見切りを付けて処分を考えてみることも必要です。


任意売却のご相談なら!


任売のご相談をされたほとんどの方々が「悶々としながら過ごしたあの日々は一体何だったの?」というような感想をもたれるようです。


もしあなたがお一人、またはご夫婦だけで悩まれているなら、まずは任意売却センターの地域担当業者にお電話をください。住宅ローンの支払いにお困りのあなたに、最適な解決方法をアドバイスできます。


任意売却による解決を選択された場合には、その後に残った住宅ローンの支払いについて、あなたにご納得いただける内容となるように債権者側と話を取りまとめます。


ローンでお困りの方のお役にたちたい、それが私たちの願いです。お問い合わせ、お待ちしております。


出典:任意売却センター
http://www.yomigaeru.org/ninbai/saido.html





2010/08/30 10:25:22

第88回 債権者から送られてくる「来所依頼状」とは?

こんにちは、ライビックス住販、スタッフIです。


もうすぐ9月だというものの、暑さが続いていますね。今日も最高気温が34度とのことの、横浜です。皆様どうぞ、暑さにはご注意されてくださいね。


さて、本日は債権者から送られてくる「来所依頼状」がどのようなものか、ご紹介をしたいと思います。


財団法人年金○○協会などから住宅ローンの融資を受けているとき、その滞納が始まると、下記の画像のような、書面が送られてくることもあります。


このような来所依頼状を受け取ったときには、速やかに指示されたものを用意して、相手側担当者に連絡をすることが大切です。そうしないと「競売」になる可能性が高くなってしまうのです。



このような通知を受け取ったときや、これまでに、住宅ローンの支払いが慢性的に遅れてしまっているようであれば、任意売却をご決断されたほうが良いかもしれません。


相手側の担当者に連絡をして、「現在、任意売却の方向で検討しています」と回答するのも良い方法といえます。


「来所依頼」や「来店依頼」などの通知は、金融機関側があなたの収入状態や生活状態などを確認するのと同時に、返済条件の変更などによって融資を継続することが可能かどうかなど、相談の機会を債権者のほうから与えてくれているというものなのです。


このような来所依頼などを放置していると、状況はどんどんと悪くなっていってしまいます。自宅が競売にかけられてしまう人のほとんどは、このような債権者からの「話し合いの提案」に応じていない場合が多いのです。


来所依頼状などを受け取ったときには、無視しないで、債権者との話し合いの席につくことが肝心です。


いかがでしょうか?


もし、わからないことやどのように対処して良いかわからない場合などは、専門で任意売却をしている私どもに相談くださいませ。


出典:任意売却センター:http://www.yomigaeru.org/ninbai/raishoirai2.html





2010/08/28 10:19:49

「住宅ローン脱出!”競売回避”人生の再スタート」ご紹介

毎週土曜日はスタッフブログの日です。


さて、本日は、任意売却のご依頼をいただいた際に、
資料の一式にお入れしております、冊子についてのご紹介です。


任意売却とは・・というのは弊社ホームページでもこちらでご紹介しておりますが、その任意売却を、マンガでわかりやすくご紹介しているのが
こちらの「住宅ローン脱出!”競売回避”人生の再スタート」です。



こちらの冊子は、全22ページでマンガを中心に
実例を交えながら、任意売却についてご紹介しています。


ちょっと目次をご紹介いたしますと・・・・


1.お困りではありませんか?
2.ケーススタディ
  会社が倒産した山野さんの例
  病に倒れた丸山さんの例
  離婚した山藤さんの例
  リストラされた小川さんの例
3.任意売却とは
4.実例;任意売却により新しい人生へ
5.任意売却推進センターにお任せを
6.任意売却の流れと「任意売却推進センター」


となっております。
身近な実例もございますので、ぜひご一読くださいませ。


(登場人物などはフィクションです)


スタッフIのブログ:http://livix.blog82.fc2.com/blog-entry-2.html






会社概要

会社名
(株)ライビックス住販
免許番号
神奈川県知事免許(4)24807
代表者
木原 洋一
所在地
2200023
神奈川県横浜市西区平沼1丁目38−2咲久良ビル 602
TEL
代表:045-534-9933
FAX
代表:045-534-9922
営業時間
09:00〜20:00
定休日
年中無休
最寄駅
JR東海道線横浜
徒歩7分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ