2014/08/26 17:16:47

第1185回 住宅金融支援機構の遅延損害金

今日は、すっかり秋の気配の横浜ですが、空はどんより曇り空。
涼しいけれど、なんだかすっきりしないのは空がどんよりしているせいでしょうか・・・?


さて。
住宅ローンの延滞により発生する、やっかいな遅延損害金について。


任意売却の申し出をしたことにより、住宅金融支援機構の場合、遅延損害金を免除される可能性があります。


正しくは、免除願いを申請すると・・・ということになるのですが。


住宅金融支援機構に任意売却を申し出る際に提出する「任意売却に関する申出書」という書類があります。


こちらには、
「売却決済時の抵当権抹消及び売却代金が貴殿に対する残債務に満たない場合の(延滞)損害金の減免について承認いただきたく申し出ます。」
という文言が記されています。


簡単にいうと、
「任意売却に応じた人は遅延損害金は請求しませんよ」
という意味です。


これだけみても、任意売却で処理することがいかに有利な解決方法であるかが、おわかりになるのではないでしょうか。


住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の返済でお困りの方は、お気軽にご相談ください。


弊社では、任意売却後の残債務の解決までお手伝いいたします。
もちろん、ご相談・ご依頼は無料です。






2014/08/22 14:58:07

第1184回 ハザードマップを調べてみましょう

こんにちは。ライビックス住販、スタッフIです。


広島の土砂災害では、大変多くの方がお亡くなりになり、甚大な被害となりました。ご冥福をお祈りします。


過去にも、土砂災害のあった地域が宅地化されているとのことで、なかにはそれを知らずにご購入された方もいらっしゃるかもしれません。


土砂災害危険区域に指定されると、地価が下がるのではないかということで、指定が遅れていたとも聞きます。


ですが、自分の住んでいる地域は、どのような自然災害が起こりやすいかなどは、情報を収集しておくことが必要です。


弊社のある横浜市などは、ホームページで、マッピーというサイトがあり、こちらで色々と確認することができます。


さらに藤沢市などは市役所で、津波のハザードマップなども配布しています。


情報を収集して、いざというときに備えておくのは大切ですね。今回の災害で改めて感じました。


横浜市行政地図情報提供システム





2014/08/18 15:42:35

第1183回 全国の物件をお取扱いしています

こんにちは。ライビックス住販、スタッフIです。


今日も暑い日になっている横浜です。にわか雨が降るかもしれないとのこと…雨が降ると少し過ごしやすくなるので、有難いですね。


さて、弊社ライビックス住販ですが。全国の物件をお取扱いしています。


地元の不動産やさんではダメなのでしょうか?


といったご質問を受けることもありますが、その地元の不動産やさんが任意売却に精通しているとは限りません。


オーバーローン状態での売却に慣れている、不動産会社を選ぶことをおすすめいたします。


というのも、任意売却は債権者との交渉がありますので、進めるだけでもいろいろなノウハウが必要です。


経験的にこれくらいなら大丈夫だろうということや、債権者の特徴なども知る必要があります。


ですので、地元の不動産やさんでは依頼しても放置されてしまうかもしれない、オーバーローン状態の売却については、専門の不動産会社を選ぶことをおすすめします。


弊社では、全国の物件をお取扱いしておりますので、どうぞご相談ください。






会社概要

会社名
(株)ライビックス住販
免許番号
神奈川県知事免許(4)24807
代表者
木原 洋一
所在地
2200023
神奈川県横浜市西区平沼1丁目38−2咲久良ビル 602
TEL
代表:045-534-9933
FAX
代表:045-534-9922
営業時間
09:00〜20:00
定休日
年中無休
最寄駅
JR東海道線横浜
徒歩7分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ