2015/01/21 17:04:05

第1200回 わたくし宅の住宅ローン事情です。

こんにちわ。
ライビックス住販のNです。


今日は寒いですね。雨も降っています。
もう少し上空の気温が低ければ確実に雪でしょう。
昨年も大雪が降りました。我が家は一戸建てなので、マンションと違い、雪かきは自分でやらなければいけません。去年の二回目の雪は湿った雪で、除雪に相当な労力を費やしました。
もう雪はこりごり。


雪国の人に言わせたら、『何言ってるんだ!こっちは毎日の作業だよ!!!』
と、怒られてしまうかもしれませんね。


さて、今日はちょっと、わたくし宅の住宅ローン事情です。


せっかく購入したマイホーム。
ご主人の収入が購入時より下がり、ボーナスも目減りしてしまいました。
子供が大きくなるに従い、教育費もばかになりません。
贅沢など一切出来ず、それでもやりくりがキツキツ状態。


『何の為のマイホームなんだろう???』


かくいううちもそうですが、住宅ローンを払う為、どんだけ色々な事を犠牲にしてきたか。
うちは、主人とわたくしと2つの住宅ローンを組みました
わたくしの場合は、子供の出産時に仕事を辞めた為、もちろん所得が無くなりました。


赤んぼを抱えながら、宅配のアルバイトや内職をして、何とかやってきたのですが、ボーナス月がとてもきつかったです。
なんとか主人のボーナスから捻出していたのですが、主人の会社もリーマンショックの煽りで、減収とボーナスの大幅カット。
子供がある程度大きくなってからは、フルタイム勤務の他に2つのアルバイトをして、何とか家計を回していきました。


はっきり言ってうちの場合、既に住宅ローン破綻をしていたのです。


好きな物も買えず、食卓は常に一品料理。
旅行どころか、盆暮れに実家に買えるお金も無く、数年に一度(冠婚葬祭)、で帰るのがやっと・・・・
子供の、修学旅行台を捻出するのも本当に大変でした。


では、なぜうちの場合こんなに頑張っちゃったのか?


苦しいですが、あと数年で打破の道が見えたからです。


住宅ローンを組むとき、払い方の選択がありました。
@金利の変動があった場合、返済額で調整する。
A金利の変動があった場合、期間で調整する。


銀行の方が、今後まだまだ金利が上がることが予想される。と言ってたので、これ以上返済額を増やすのは不可能だから、期間を延ばす方を選択しました。


しかし、結果金利はどんどん低くなり、返済額を変えなかったため、期間が延びるどころか、なんと・・・なんと・・・・・10年近くも縮まってしまったのです。


ハイ!わたくし宅住宅ローン返済しました。


このように、先が見えていれば、何とか頑張れますが、十数年も返済期間が残っている場合、返済がキツイなと思ったら、出来るだけ早くギブアップする方が、深手にはなりません。


このまま行くと、泥沼が予想される方、出来るだけ早いご相談を。。。





2015/01/17 15:27:09

第1199回任意売却と自己破産(自己破産の注意点!!!)

こんにちわ。ライビックス住販のNです。


今週の火曜日は上の娘の成人式でした。娘も横浜アリーナに行き、成人式を行ってきました。


今年の振袖は、赤が多かったようです。明るく大胆な柄が流行りの様です。数年前のキャバ嬢の風貌をした面々は少なくなったようですが、花魁のような格好をした人は数名いたそうです。


娘にはは流行に全く関係の無い、わたくしが成人式に着た振袖を着せました。平安時代のお姫様が描かれている黒い振袖です。周りに比べて派手さには欠けていましたが、結構気に入ってくれました。



さて、今日は任意売却と自己破産です。
任意売却には残債務が付き物です。
中には数千万円も残債務が残ってしまう場合もあります。
少額返済をしている方もあれば、全く払えない方もいらっしゃいます。
そこで、残債務の処理方法として自己破産という方法があります。


自己破産を申立てて、裁判所で自己破産の理由が認められれば、今現在抱えている負債は全て無くなります。


8年すれば、信用情報からも全て消えますので、その後ローンを組むことも可能となります。


逆を言えば、残債務を抱えている以上、信用情報から消されず、一生ローンを組むことは出来ないのです。


では何故殆どの人が自己破産しないのでしょうか?


@周りの目が気になる。


A人生にとっての汚点。


B自己破産をするための費用が払えない


などなど・・・の理由により自己破産しない人が多いようです。
特にお年を召した方などは、自己破産だけは・・・と考えることが多いですね。


しかし自己破産をする事により、ここで一度リセットが出来、新たにやり直しができる訳です。借金の地獄から抜け出せるわけです。わたくしは決して自己破産という方法は悪い事だとは思わないのですが。


皆さんはどうお考えでしょうか???


但し、自己破産を行う場合この点にだけは注意して下さい。


あなたは、任売をして残った債務と、他にも膨らんでいる債務を合わせ自己破産するとします。
任意売却をする前に、弁護士に依頼し受任通知を出し、申立てをしてしまうと、現在ある財産について破産管財人が介入する事となります。この時点で住宅はあなたの物ではなく、破産管財人の管理下となるのです。
あなたが、任意売却をしたいと言ったとしても、権限は全くないのです。


自己破産をする場合、弁護士に依頼し受任通知迄で留めておいてもらい、申立てをするのは任意売却が終わった後にした方が良いでしょう。


任意売却と自己破産についてわからない事がございましたら、いつでもご相談下さい。


もちろん相談料は無料です!!!





2015/01/08 17:00:10

第1198回 ご相談はお早めに

あけましておめでとうございます。
弊社は、今年もお客様の立場にたった任意売却を進めて参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。


新年早々、嬉しいお手紙が届きました。


差出人は、任意売却のご相談をいただいたのがきっかけで、やりとりの始まったお客様でした。
しかし、結果的に任意売却に至ることはできず、最善の方法を見つけるために尽力させていただきました。
そのことがお客様には本当に有難かったということで、新年のご挨拶のお手紙に御礼のお言葉をたくさん頂戴いたしました。


こういったお手紙をいただくことで、私達も今後のお仕事への励みとなります。


任意売却を成功させるためには、現実的に買い手が見つかりやすい価格で売り出し、早期に解決する必要があります。


この判断を誤ると、金融機関に同意してもらえなかったり、買い手が見つからなかったりします。


弊社は任意売却を専門にしている不動産業者です。
しかし、任意売却を押しつけるのではなく、時には家を残す方が最良の判断であれば、そのようにアドバイスもさせていただいております。


住宅ローンのご返済についてのお悩みは、早期にご相談をいただくことで早期解決に結びつきます。


今からでも遅くはありません。


ご相談お待ちしております。






会社概要

会社名
(株)ライビックス住販
免許番号
神奈川県知事免許(4)24807
代表者
木原 洋一
所在地
2200023
神奈川県横浜市西区平沼1丁目38−2咲久良ビル 602
TEL
代表:045-534-9933
FAX
代表:045-534-9922
営業時間
09:00〜20:00
定休日
年中無休
最寄駅
JR東海道線横浜
徒歩7分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ