2013/10/08 8:56:01

“寂聴節”参拝者和ます

東北最古の名刹(めいさつ)として知られる二戸市浄法寺町の天台寺(菅野澄順住職)で6日、秋の例大祭が開かれた。同寺名誉住職の瀬戸内寂聴さん(91)が恒例の青空法話を行い、ユーモアと人間味あふれる寂聴節≠ナ参拝した約2千人(主催者発表)の心を和ませた。
 寂聴さんは、生まれる前から人の寿命は既に定められているとする「定命(じょうみょう)」という仏教用語を紹介。「人間はいつか死ぬが、自ら命を絶つことだけはやめてほしい。一日一日を精いっぱい生きていきましょう」と優しく語り掛けた。
 また、「いくつになっても人を愛することはいいこと。愛情を出し惜しみせず生きることが大切」と説いた。
 同寺の本堂と仁王門は今年中に323年ぶりの大改修に入る。青空法話は4年間と見込まれる改修期間中も続けられる予定だが、寺側は開催日程は未定としている。






2013/08/26 11:09:37

青森「10市大祭典」、9月21日から3日間

青森、八戸、弘前など県内10市の祭りと食が一堂に会する「あおもり10市(とし)大祭典」が9月21日から3日間、八戸市役所前市民広場をメーン会場に開かれる。東日本大震災からの復興をPRし、落ち込んだ観光需要を喚起するのが狙い。青森市で昨年初めて開かれ、2日間で約8万4千人の来場者があったという。


 21日は前夜祭として、青森ねぶたや五所川原立佞武多、弘前ねぷた、八戸三社大祭、黒石こけし灯籠(とうろう)などの山車が市民広場に勢ぞろいし、山車点灯式とおはやしがある。22、23の両日は青森ねぶたや田名部まつりのはやしなどが披露される「お祭ステージ」のほか中心街を山車が練り歩く「祭パレード」もある。


 また八戸せんべい汁や十和田バラ焼き、みそカレー牛乳ラーメン、黒石つゆ焼きそばなど10市のご当地グルメが味わえる「10市屋台村・青森お土産市場」も22、23日に開設される。


 祭パレードに伴い、市役所周辺と中心街で交通規制が行われる。実行委事務局の八戸市観光課は公共交通機関か、馬淵川沿いに設置される臨時駐車場からの無料シャトルバスの利用を呼びかけている。問い合わせは同課(0178・46・4040)へ。






2013/08/21 9:56:59

レンズの目

運動会で、ビデオカメラでわが子を撮る親がいるけどね。」
「ええ、私も場所取りできないで、家内に怒られた……。」
「自分の子供が競争している時に、わが子のゴールの瞬間を必死に撮影してるんだよ。」
「そりゃそうですよ」
「でもね、思い出してごらんよ。自分がかけっこでゴールした時、まっ先に見るのは親の顔なんだ。」


私は小学校の運動会の自分を思い出した。確かに「よくがんばったね」という親の顔が、そこにはあった。


「ところが今は、一生懸命走ってゴールした時に、親の顔を見ようとしたら、そこにあるのは無機質なレンズなんだ。子供の心が少しだけど、大きくなるのは、その時に親と目を合わせる、アイコンタクトができるからだと思うんだよ。」
本当にそうだと思った。レンズに「よくがんばったね」という表情はない。


自分の子供の時だけは他の人にカメラを頼めばいいんだよ。
一人でも多くの方が、モニターやレンズ越しでない、自分の目で子供達の精一杯を見てあげてくれればと思う。







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(5)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310802
青森県八戸市小中野5丁目14−14
TEL
代表:0178-47-0215
FAX
代表:0178-47-0310
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


12345

このページのトップへ