2011/11/11 8:38:23

震災から今日で8ヶ月忘れないで下さい。

東日本大震災 裸足の僧侶の心深き読経


岩手県山田町の津波の洗われた被災現場を、一人の若い僧侶が素足に布製のわらじだけで被災地を回り読経をしながら死者を弔っているのだ。
粉雪が舞い、おそらくは氷点下に近いこの地で、薄い僧装束と素足同然の姿で死者を弔うその姿には、仏教がもっていた本来の仏の教えと言うものの真実の姿を見た思いがした。


 紐が足に食い込み血が流れていたが「被災者のことを思えばこの程度のことは・・・」と小原氏(正確な名前は分からなかった)と称するその僧侶は述べていた。
 瓦礫に向かい、海に向かいただひたすら読経をし、自ら眠るところはテントに泊まっていたが、本人の寺も崩壊したか流されたかしていたらしい。
しかし寺がなくても信仰はその人本人に宿ることをこの僧侶は教えてくれる。


 私のように普段は信仰心がまったくない人間でも、この僧侶が示している高い精神性は理解できる。
思わず姿勢をただし、私はこの僧侶の映像に向かい手を合わせた。


舎利礼文
一心頂礼。万徳円満。釈迦如来。
真身舎利。本地法身。法界塔婆。
我等礼敬。為我現身。入我我入。
仏加持故。我証菩提。以仏神力。
利益衆生。発菩提心。修菩薩行。
同入円寂。平等大智。今将頂礼。


南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(7)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310812
青森県八戸市大字湊町字縄張32−21コーポエミー101号室
TEL
代表:0178-20-9595
FAX
代表:0178-20-9596
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ