2012/03/01 9:38:24

毎年15万円の更新料は高すぎる--京都地裁

家主側に一部返還命じる
賃貸住宅の契約更新の際に「更新料」を請求するのは消費者契約法によって
無効だとして、京都市内のマンションを借りていた女性(25)が、家主側に
支払い済みの3回分の更新料計45万円の返還を求めた訴訟の判決が29日、
京都地裁であった。


松本清隆裁判官は「今回の更新料は高額すぎる。上限は年間賃料の2割が相当」
として、超過支払い分として計10万4400円の返還を命じた。


原告、被告双方の代理人によると、最高裁が昨年7月に「更新料は家賃と比べて
高すぎるなど、特別な事情がない限り有効」との初判断を示して以降、更新料の
一部返還を命じる判決は初めてという。


判決によると、女性は2004年12月、家賃4万8000円の部屋を、1年
ごとに約3か月分の更新料(15万円)を支払う内容で契約。09年1月に
退去するまで計3回更新した。


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120229-OYT1T01004.htm?from=top





2012/03/01 8:45:11

「休眠預金」問い合わせ殺到、解約広がる

政府が成長戦略への活用の検討を始めた「休眠預金」をめぐり、預金者から金融機関への問い合わせが殺到している。解約して引き出す預金者もおり、政府の検討表明によって、休眠預金の存在が広く認知された格好だ。金融機関側は「預金は預金者のもの」として、活用に猛反発している。実際に引き出す預金者が多数現れたことで、政府の思惑は、さらに実現が難しくなりそうだ。


 お金の出し入れが10年以上ない口座に眠る休眠預金の検討に政府が着手したのは今月15日。その直後から、金融機関に「古い預金通帳を見つけたが、休眠口座になっていないか」といった問い合わせが増え、対応に追われた。


http://www.sankeibiz.jp/business/news/120223/bse1202232346004-n1.htm







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(7)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310802
青森県八戸市小中野5丁目14−14
TEL
代表:0178-47-0215
FAX
代表:0178-47-0310
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ