2012/06/30 9:05:04

給料が減っている! すでに始まっている公的負担の大幅増

4月以降、サラリーマンやOLで給料の振込日に明細を見て、首をかしげた人も多いだろう。
現在、消費税の関連法案を巡って政局は大混乱の状態が続いているが、実はすでに会社員の
公的負担については大幅に増え始めているのだ。


まず、4月から社会保険の負担が増えている。会社員の社会保険には、「健康保険」「厚生
年金保険」「雇用保険」の3種類があるが、このうち、健康保険の保険料率が引き上げられた。
勤務先の企業が加入している保険組合によって料率は異なり、例えば、全国健康保険協会の場合、
料率は給料の10.99%(2011年度)から11.52%(2012年度)に引き上げられた(40代会社員のケース)。
保険料は労使折半なので、会社員の負担分は5.495%から5.76%へと0.265%アップしている。
給料が40万円の人なら、毎月の負担増加額は1060円となる計算だ。


http://dime.jp/genre/30032/






2012/06/29 9:14:01

「もしかして、うちの猫では?」…奇跡だニャ〜♪

福島の被災猫「きなこ」、1年3カ月ぶりに飼い主と再会
福島第1原発の20キロ圏内で保護され、チーズと名付けられて川崎市内のボランティア施設に引き取られていた1匹の雌の三毛猫
が27日、福島県会津若松市内の仮設住宅に住む飼い主と再会した。“本名”は「きなこ」。約1年3カ月ぶりに起こった奇跡に、
これまで見守ってきたスタッフからは驚きと喜びの声が上がった。
今月18日、インターネット上に公開している写真を見た飼い主の女性(57)から、「もしかして、うちの猫では?」と別のボランティア団体
を通じ、シェルター運営に携わっていたボランティア団体「緊急災害時動物救援本部」の動物看護師、谷茂岡(やもおか)良佳さん(36)
に連絡があった。飼い主から特徴などを聞き取ったところ、ぴたりと一致した。


http://sankei.jp.msn.com/region/news/120627/kng12062722560011-n1.htm







2012/06/28 8:57:15

江戸時代の北前船を復元…「みちのく丸」

陸奥湾を回航して、“盛岡藩の北の玄関口”野辺地港に寄港
 江戸時代の北前船を復元した「みちのく丸」が23日、陸奥湾を回航して、野辺地港に寄港した。町内外から駆け付けた大勢の人が
みちのく丸を出迎え、盛岡藩の北の玄関口としてたくさんの北前船が行き交い、にぎわった往時に思いをはせた。


 東奥日報社とみちのく北方漁船博物館財団で構成する「北前船陸奥湾文化交流実行委員会」が主催。全国の北前船ゆかりの
寄港地を巡る文化交流事業の一環として実施した。


 同日早朝に母港の青森港をたったみちのく丸は午前11時すぎ、野辺地港に到着。町内の中高校生を乗せ、野辺地沖の陸奥湾で
約3時間の体験航行を行った。同港岸壁での寄港記念セレモニーでは、野辺地西高生たちが北前船によって伝わった「祗園囃子(ばやし)」
を披露、物資のみならず文化も運んだ北前船の歴史世界に浸った。


http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2012/20120623213503.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(5)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310802
青森県八戸市小中野5丁目14−14
TEL
代表:0178-47-0215
FAX
代表:0178-47-0310
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ