2013/06/13 8:59:52

サザエさん一家の銅像に固定資産税【東京】

「税金を取られるとは思わなかった。都に減免を求めている」…商店街困惑
東京都世田谷区の東急桜新町駅周辺にお目見えした「サザエさん」一家の銅像が課税対象となり、
都から設置者の地元商店街に納税通知が届いていることが分かった。


 都は「PR目的の看板と同じ位置付け」としているが、商店街側は「税金を取られるとは思わなかった」と困惑している。


 桜新町では原作者の長谷川町子さんが住んでいた縁で、地域活性化のシンボルに「サザエさん」を活用。
桜新町商店街振興組合は昨年3月、漫画誕生から65周年(2011年)に合わせ、駅周辺にサザエさん一家の銅像計12体を設置した。
費用は都と区の補助を含めて4200万円だった。


 同振興組合によると、今月3日付で、都税事務所から58万9200円の支払いを求める固定資産税(償却資産)納税通知書が届いたという。
坂口賢一理事長(46)は「都に減免を求めているが、だめなら支払うしかない。なんとかならないものか……」と話している。







2013/06/11 9:05:55

大町桂月

風光明媚(ふうこうめいび)な景勝地を訪ねると、短歌や俳句、詩などを刻んだ文学碑をよく目にする。青森県内でも各地に建っている。その中で最も多いのは、大町桂月(1869〜1925年)の碑ではないのか。
明治から大正にかけて短歌や俳句、評論、紀行文などで活躍した文人。十和田湖と奥入瀬渓流の魅力を全国に発信した人物としても知られる。
焼山地区で奥入瀬川に合流する、蔦川の砂防公園の一角。この場所を詠んだ短歌かどうか定かではないが、周囲のブナ林が作品の世界に誘う。出典は『蔦温泉帖』に収められた短歌。ミズバショウの絵を添えている。



さく花に青葉まじりて春夏をひとときに見るみちのくの山






2013/06/05 8:44:47

将棋ソフト

将棋のコンピューターソフトの進歩が著しい。将棋のプロ棋士5人と将棋ソフトが戦う電王戦で棋士側は1勝3敗1引き分けで負け越した。今年は人間がコンピューターに敗れた年として将棋史上、記録に残るだろう。今後、ソフトとどう共存し、将棋の魅力を伝えていくのか。将棋界の模索が続く。
81のマスがある将棋の変化数は10の220乗、天文学的な数であり、その変化を読むのはコンピューターでも難しい。
 将棋ソフトは1970年代に開発され、当時はアマチュア初心者にも勝てない棋力だった。しかし、コンピューターの性能が高くなるにつれ棋力も向上。2007年に登場した「ボナンザ」は化学反応の制御理論を応用した画期的なソフトで、一気にプロに近い強さを獲得した。
 「ボナンザ」のプログラムは公開され、次々に強いソフトが登場している。三浦八段に勝った「GPS将棋」は679台のコンピューターを使った。1秒間に2億7千万手を読んだという。読む速さでは到底、人間はかなわない。
プロ棋士の魅力はアマチュアの想像を超えた深い読みと強さだ。だからファンの夢を壊さないように「将棋のトップ棋士はソフトと戦うな」という意見も出てくる。
 だが、逃げていてはコンピューター時代に対応できない。進歩もない。危機意識を持って真正面からぶつかるしかない。そこから人間同士の対局ではなかった発見があるはずだ。







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(7)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310812
青森県八戸市大字湊町字縄張32−21コーポエミー101号室
TEL
代表:0178-20-9595
FAX
代表:0178-20-9596
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ