2013/07/08 10:18:27

病気 の原因

怒りの ストレス は 病気 の原因
現代の人々にとって、怒らない日を過ごすことは生きる上で大切な指針とすべき大切なことである。


怒りやイライラや不安は多くの人に ストレス となって、様々な病気を引き起こしているからだ。心も体もその人自身の怒りと、人から怒られることで生じる恨みでズタズタになって、訪ねてこられる。その人は怒り続けることで心に罪の意識が生じる。また、毎日の生活の中で怒りがなくならないことと、怒りに執着する自分が許せない。


このささいな心の争いが心の隅に残って気になり、
イライラが増してゆく。こうして 怒り はさまざまな 障害と心のねじれ をもたらす。
ボクシングの世界大会で解説の元チャンピオンが、体験を話していた。
リング上では怒った方が負ける。 怒らせた方が勝つ。 怒った人は理性を失い、腕の振りも足なみも乱れてくるから、空振りが多くなると・・・・・。
あらゆる世界で怒りは、次のステップの チャンス を失う。
ガン は怒りによって発火する。
人はみなガンの体質を持っているといわれる。例えば、蒔きと紙だけで火がつかないように、ガソリンは怒りであり、マッチはストレスである。 怒りとストレスはマッチとなって
激しい火を起こし、薪を燃やし細胞を ガン細胞 へといざなう。






2013/07/04 8:35:28

脳 を味方につける生き方

脳は 「頑張る人」 より 「楽しむ人」 に味方する
余計なことを考えず、集中して生きるためには、雑念が入ってきたら「脳によくない、休ませてやれ」 と自分に言うと雑念が消すことができます。


1. こだわりのない 暮らしは、脳を活性化させる。
2.余計なことに頭を使わない生活をする。
3.衣食住にもこだわらない。
4.過去を肯定する (そのときそのときでベストの選択をしてきたはず)。
5.美食は脳を駄目にする。今ここにいる自分は、最高の自分 と考える。
6.夢をかなえる脳の作り方。視点 を変えれば頭は一瞬で反応する。
7.好きなことをやるから脳は元気に働く。


人間の集中力は長続きしないものです。普通は、20分に1回ぐらいの頻度で休息したほうがいいでしょう。せめて1時間に1回は休むべきです。
リラックスするには深呼吸して全身の力を抜き、手がドテッと落ちるくらいリラックスします。それだけです。立ち上がって窓の外を見たり、部屋の外に出るのもいいでしょう。一回の休息時間は30秒から1分程度で十分。
脳の疲れをとるには、短い 休息 をたくさん取るのがコツ です。






2013/07/03 10:30:21

「今この瞬間を喜んで生きる」

明日の保証など何もない。今を喜べなければだめだ。
苦しい時も、悲しい時も、心の捉え方一つで 「喜び感謝することが大事」。


我は 「雲」 なり。
明日は明日の風が吹く
明日は、明日の風に身を任せて西に行くやら東に行くやら
明日決めればいい。風次第で大きな雲になるやら消えてしまうやらすべて お任せ、自分の思うようになんてなりゃしない。


すべて風任せ・・・。







会社概要

会社名
(有)みなと宅建
免許番号
青森県知事免許(7)2534
代表者
木幡 孝行
所在地
0310812
青森県八戸市大字湊町字縄張32−21コーポエミー101号室
TEL
代表:0178-20-9595
FAX
代表:0178-20-9596
営業時間
09:00〜18:00
定休日
日曜、祭日 事前のお約束は例外
最寄駅
八戸線小中野
バス乗車5分
バス停名市営バス 新丁分
バス停歩1分
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ