2011/04/26 16:18:32

被災地の任意売却物件

仙台市にある任意売却中の物件があります。
3月11日の東日本大震災の前から、販売活動を開始していました。

しかし、地震の影響で周辺の住宅は傾いてしまい、任意売却中の物件も扉が閉まらない状態になってしまいました。

ところが、債権者(住宅金融支援機構)との話し合いでは、状況も事情も分かるけれど、販売価格を大きく見直すということは出来ないとのこと。

震災で、状況が大きく変わってしまっただけに、何かしらの対応をして欲しいところです。






2011/04/20 13:31:47

被災者の住宅ローン

東日本大震災に関連して、被災者の住宅ローンはどうなるのか?という記事を4月19日付の日本経済新聞(夕刊)に掲載されていました。


「自宅が焼失・流失したらローンは免除になるか」
については、残念ながら自宅がなくなったとしても免除は期待できない。と。
そうなんです。かわいそうだから免除してあげてもいいんじゃないかと個人的にも思いますが、免除してしまうと、今度はそのローンを貸し出した金融機関に影響が出てしまいます。
ただし、阪神大震災の被災者には、国と自治体から一定の利子補給が行われ、同様の措置を検討中とのことです。今後の発表に注目です。


「銀行はローンを待ってくれるのか」
金融機関では、被災者の住宅ローンは延滞扱いにしない」としている。と。
被災者は金融機関に申し出ることによって、延滞情報が取り消され、返済が遅れたときに発生する延滞利息の払い戻しを受けられるそうです。
まずは、生活債権を優先し、落ち着いたら金融機関に申し出る。このとき、金融機関から書類等を要求されることがあると思いますので、各金融機関にご確認の上、申し出を忘れずにするようにしてください。






2011/04/18 16:56:50

任意売却:税金による差押えがある場合

税金を滞納した状態でいると、所有不動産に差押えをされることがあります。

差押えされている状態で、自宅を売却することは難しいです。
任意売却で売却をする時も、滞納税額が多過ぎると売却することが出来なくなってしまうことがあります。

差押えしているのがどこなのかによっても、対応が様々です。

例えば、A市に50万円の税金を滞納して差押えされていても、10万円を納めることによって、解除をしてくれ、40万円を解除後に分割で払っているケースがあります。一方で、D県に40万円の滞納税金で差押えをされていて、売却に伴う差押えの解除をお願いしたところ、全額を納付してくれないと応じられないと言われたケースもありました。

後者のケースでも、売却出来る可能性はあります。

税金も、滞納をすると遅延損害金がつきます。時間が経過する程、その額は増えてしまい、なかには滞納税金(元金)よりも多くなっていることもあります。
また、税金は自己破産をしても、免責されないので、納めないといけないものです。








会社概要

会社名
(株)ワコー・コーポレーション
カナ
ワコー・コーポレーシヨン
免許番号
東京都知事免許(3)86633
代表者
牧山 烝治
所在地
1540004
東京都世田谷区太子堂1丁目4−33アークビル7F
TEL
代表:03-5433-0258
FAX
代表:03-5430-6410
営業時間
08:00〜22:00
定休日
年中無休
土日・祝日も対応
最寄駅
田園都市線三軒茶屋
徒歩9分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ