2013/05/27 9:11:28

ブラックリストへの登録は永遠ではありません。では、何年間続くのでしょうか?

一般に住宅ローンの延滞・滞納をされた方が気にするのが、俗に言うブラックリストへの登録です。



当然のことながら代位弁済された事実が個人信用情報センターにダイベンとして登録されるのですが、そのような状態が何年間続くのかを知りたいわけです。



その理由として2つのタイプの方がいらっしゃいます。



1つは、ブラックの状態にいつまでいなくてはならないのか、という方ですが、もう一つは、経済生活を再生させて早く住宅ローンを組めるようになり、また新築住宅を購入したい、という前向きな方です。



いずれの方にも、うちの任意売却相談室スタッフは懇切丁寧な説明を心がけています。



ブラックリストについて詳しくはコチラ!





2013/05/24 13:57:01

離婚と住宅ローン問題の相談

ここのところ、離婚絡みの相談が増えてます。
不況のせいだからでしょうか?

今日も、離婚?というか、婚約時に新居として2人で購入したマイホームの
ローン返済のご相談でした。
今まではなんとか払っていたというのですが、もう支払えなくなりそうだから、どうしたらよいか?

元婚約者は、その後、別の人と結婚をして、今は新たな生活を送っているとのこと。

彼のほうは、その彼女に迷惑を掛けないことだけを考えて
頑張って返済をしてきたけど、もう限界。
しかし、彼女に迷惑を掛けることは絶対に出来ないと言います。

でも、その彼女が連帯保証人なので、払えなくなってしまうと、確実に彼女にも書類が届くことをご説明すると
「何とか、もう少し頑張ってみる。」
とのことでした。
本当に大丈夫なのか、心配です。


それにしても、そこまで迷惑を掛けられないのは、婚約解消の理由が彼サイドにあったからなのでしょうか???


【離婚に伴う住宅ローンの問題】
離婚するので家を売却したい!
離婚するので連帯債務者を外れたい!
離婚後、住宅ローンが払えない!
共有名義なので、どう対処すればいいの?
等々・・・


離婚に伴う住宅ローンの問題について、詳しくはコチラ!





2013/05/07 10:26:10

催告書の次に受取るのは裁判所からの通知?!

催告書は「さいこくしょ」と読むのは、法律を少しでもかじった人なら知っていることですが、一般の方にはふだん目にすることのない漢字ですので、それが届いても、ことの重大性を知らないで、封を切らずに放置してしまう、というケースが非常に多いことが最近判明しました。



封を切らないということは当然ながら文面を見ていないわけですから、そこに書かれている危険な言葉を認識することができないことになります。



それゆえ次に裁判所から競売開始決定通知が来た時の落胆は計り知れないものになります。



とにかく銀行からの手紙は、放置しないで必ず封を切って中を見るようにしてもらいたいものです。



そして私ども任意売却相談室に速やかに電話して頂いて、少しでも良い方向に行くよう相談してもらいたいと思います。



催告書が届いたら! 詳しくはコチラ




もし、裁判所から競売開始決定通知が届いているような場合は、少しでも有利に事を進めるためにも『任意売却』をご検討してみてください。



任意売却と競売の違いについて、詳しくはコチラ!






会社概要

会社名
(株)ワコー・コーポレーション
カナ
ワコー・コーポレーシヨン
免許番号
東京都知事免許(3)86633
代表者
牧山 烝治
所在地
1540004
東京都世田谷区太子堂1丁目4−33アークビル7F
TEL
代表:03-5433-0258
FAX
代表:03-5430-6410
営業時間
08:00〜22:00
定休日
年中無休
土日・祝日も対応
最寄駅
田園都市線三軒茶屋
徒歩9分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ