2013/06/19 10:05:53

【コラム】消費税が8%に上がる?

このままいけば、来年4月には、消費税が現行5%から8%に跳ね上がることになります。


マンション購入時の試算をすれば、首都圏の平均的な部屋で約60万円の負担増になると見込まれています。


そのため不動産業界では、住宅について軽減税率の適用を求めてきましたが、政府の考えはどうやら軽減税率の適用は明後年10月の10%に上げる時のようです。


その代わりに現金給付措置を取れるよう官民の話し合いが行われていますが、いま一つ明快なものとなっていません。


折角アベノミックス効果がムードだけとはいえ、良い雰囲気なので、それに水をさすような増税は控えるべきだと思います。





2013/06/17 9:38:48

住宅ローンは優先的に支払いをするべきもの?



住宅ローンを払うためだからといっても、してはいけないことがあります。



住宅ローンが払えないとなると、そのために他の支払いを止めて、その分を住宅ローンに回してしまう方が結構いらっしゃいます。


それが高い金利の借入だったり、カードの支払だったり、税金の支払いだったりする方もいらっしゃいます。


積もり積もって何百万円になってしまい、どうにも身動きが取れなくなってから、結果として私ども任意売却相談室を訪れることになります。



任意売却をされた方の多くは、その後自己破産を申立する必要はないのですが、このようなケースの場合には私どもの方からお勧めすることもあります。


しかし、税金に関して免責は受けられません。


そのため任意売却して再出発するのにハンデを負うことになります。



とにかく住宅ローンを返せなくなったら、早めにご相談ください。



詳しくは、任意売却の専門相談室【ニンセン】の専門家に無料相談できるコチラを参照してみてください。





2013/06/03 11:15:02

引越しは、競売ではなく、任意売却をすることで時間的余裕と準備ができます。

住宅ローンの延滞を始めれば、いつかは住み慣れた我が家を出て行かなくてはならないのですが、その時期については、任意売却することにより時間的な余裕と経済的な準備が作れる場合と、競売で追われるように立ち退かなくてはならなくなった場合では、天地の開きがあります。


最近、特に競売の入札を目前にした方や、開札の終わった方からの相談を受けますが、その時点になると私ども任意売却相談室では何のお役に立つこともできません。


住宅ローンの滞納という現実をふまえて、少しでも円滑に新生活への切り替えができるよう、早めのご相談をいただくことを願っています。






会社概要

会社名
(株)ワコー・コーポレーション
カナ
ワコー・コーポレーシヨン
免許番号
東京都知事免許(3)86633
代表者
牧山 烝治
所在地
1540004
東京都世田谷区太子堂1丁目4−33アークビル7F
TEL
代表:03-5433-0258
FAX
代表:03-5430-6410
営業時間
08:00〜22:00
定休日
年中無休
土日・祝日も対応
最寄駅
田園都市線三軒茶屋
徒歩9分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ