2019/03/22 8:13:18

風の余話

 昨日は午前中仕事。一段落したので、枝垂桜で有名な高崎市郊外慈眼寺を訪ねた。桜は5分咲き程か。鐘楼と青空との組み合わせで趣のある春の風情で有った。


墓参を兼ねた家族連れ、若いカップル、高齢者のグループ等々皆さん、枝垂桜の美しさに見とれていた。


 私は境内に有るという、隠れキリシタンの墓石を探した。上毛文庫「群馬の隠れキリシタン」田中澄江著 に紹介されていたので興味を引き見学に来た。


墓地の中の古い墓石を中心に探したが見当たらず、諦めて帰ろうとしたとき、同行していた妻が、古い墓石群の中に発見。墓石中央の上部に十字の刻みが記されていた。文字は摩滅して判読できなかった。詳細は上記著書参照して欲しい(高貴の身分の方が祀られているという)。


 群馬県に隠れキリシタンというと、一般に方はピンと来ないと思う。私もそうであった。私も有る出会いと、写友からの情報で、最近、興味を持って、関連書籍を読んでいる。すると、群馬県は以外のも関東平野の中でも関連遺跡(墓石)は多い方であることが判った。


先日(2月上旬)も、川場村で関連墓石と資料館で文献を見学した。群馬県は山が多く深いので隠れるには良かったのであろう。


先人の労苦を偲ぶ春彼岸の中日であった。





2019/03/20 11:53:05

風の余話

久しぶりの投稿となる。


 新聞記事よると社会の高齢化が進んでいるにも関わらず、成年後見制度の利用が伸びない。現在運用面で様々な問題が上がっており、手続きの煩雑さ、費用負担の問題等指摘されている。


最高裁判所では成年後見人を親族とすることを推奨していく考えが示された。


 今後、家族信託の利用が考えられる。民法から離れた形にして、成年後見人制度を使わなくても、高齢者の財産管理や、相続の問題を未然に防ぎ円満な家族関係を継続できるような形にしていく方策として利用されると期待している。


当事務所でも家族信託の研究をしている。お客様の安心な老後の生活を支援したい。






2018/05/14 17:50:34

風の余話

 私の所属する写真クラブ「日本リアリズム写真集団」前橋支部の撮影会が5月20日前橋市内で開催します。「県都前橋の今を撮る」という事で、前橋文学館前午前9時集合し、市内を撮影して廻ります。参加費1000円。


今回の特徴は、のれん工房の撮影許可をいただきましたので、内部、及び職人の技を撮影できます。又、マッティア教会も内部撮影許可をいただきました。


 未だ参加枠有りますので是非お問い合わせいただき、ご参加ください。


(詳細の資料をお送りします)



日本リアリズム写真集団前橋支部 事務局 松原勝次 027-352-0253まで。







会社概要

会社名
(有)松原宅建事務所
免許番号
群馬県知事免許(6)5521
代表者
松原 勝次
所在地
3700852
群馬県高崎市中居町3丁目20−2
TEL
代表:027-352-0253
FAX
代表:027-352-0298
営業時間
08:00〜19:00
定休日
毎週水曜
年末年始
最寄駅
高崎線高崎
徒歩30分
メール送信はこちら
ログイン
 


12345

このページのトップへ