2008/11/30 16:44:55

風の余話

11月28日に参議院本会議にて「長期優良住宅普及促進法」が可決成立した。施行は来年4月頃予定。と報じられた。この「200年住宅」構想は、福田前首相が首相就任前の群馬県本部新年賀詞交歓会に先だつ講演で構想を披露していたので注目はしていた。
我国の住宅は平均30年で解体されている。これを欧州・英国並みにするという考えである。例えば英国は平均77年であるという。これが普及すれば解体によるごみが減少し環境負荷が減り、森林保護、自然保護のつながる効果が期待できる。と言うものである。

この「200年住宅」普及に関連して思い起こすのは奈良法隆寺棟梁西岡常一氏の著作「木のいのち木のこころ」である。世界最古の木造建築物法隆寺は築1300年である。木の二つの命を長く生かすにはどうするのがよいのか。樹齢と用材として生かされてからの耐用年数のことである。
飛鳥人はこの事を良く考えて「口伝」として伝えてきたと言う。この時代から自然保護、森林保護、環境保護の概念があったと考えると、現代人は古代人におおいに学ぶべきである。この機会に是非一度読んでいただきたい一冊である。



2008/11/25 15:58:39

風の余話

昨日、玉村町文化センターの映画鑑賞会に妻と出かける。周防監督の「それでも僕はやってない」。痴漢と間違えられ逮捕、起訴された青年の冤罪をはらすための刑事裁判での戦いを描いた作品。2時間30分の力作であった。
主人公の青年は裁判の結果「懲役4月、執行猶予3年」の有罪判決がでた。冤罪である。戦いは更に続き「控訴」となるところで終わった。しかし、改めて感じるのは、裁判というのは根気、気力の精神力が強靭でないと続けられない、そして、人を裁く事の難しさである。裁判官、検事も人間。過ちが皆無とはいえないとなると、世の中に冤罪で泣いている人は少なからずいるという事なのだろうか。過去にも長年戦って「冤罪をはらし無罪」を勝ち取った人達がある。
重いテーマの映画であったが、色々考えさせられる作品であった。




2008/11/22 19:18:16

風の余話

今日も寒い朝であった。浅間山、谷川連峰、更に赤城山まで冠雪である。
風が冷たいわけである。

21日国土交通省が発表した全国主要都市150地区の本年第3・4半期(7月1日から10月1日)の地価動向報告書が発表になった。前回(4月1日から7月1日)に比べて128箇所が下落した。他は全て横ばいだという。上昇地区は0。都心の一等地も下落した。

暗いニュースが多く、寒さが余計に身にしみる。しばらく「忍」ということか。しかし、種まきだけは怠ることなく前進あるのみ。





会社概要

会社名
(有)松原宅建事務所
免許番号
群馬県知事免許(6)5521
代表者
松原 勝次
所在地
3700852
群馬県高崎市中居町3丁目20−2
TEL
代表:027-352-0253
FAX
代表:027-352-0298
営業時間
08:00〜19:00
定休日
毎週水曜
年末年始
最寄駅
高崎線高崎
徒歩30分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ