2010/10/30 14:03:20

風の余話

 農地法に改正で農地転用許可基準が厳しくなった。農用地区域からの除外の厳格化、原則として転用が認められている第三種農地の判断基準の厳格化は不動産業者は頭に入れておかないと事故になりかねない(農地法施行規則第43条第1号)。「国内の食料生産の増大を通じ、国民に対する食料の安定供給の確保」という基本的考えがある。行政書士会研修資料で学んだが、いつもながら、法律改正情報収集には万全を期していかなくては事故になるので怖い。


昨日午後、時間が有ったので庭の柿を捥いだ。昨年は全く不作であったが、今年は豊作である。妻と、大阪の息子に送る為に早速荷作りをした。島津亜矢の「帰らんちゃよか」の歌詞のように「みかん」ではないが、「柿」をいっぱい送る。我が家の「柿」は特別に甘いので息子も楽しみにしている。故郷の味を喜ぶ顔が目に浮かぶ。自分の夢を追いかけて頑張り続けて欲しいと願う一日であった。





2010/10/25 18:37:57

風の余話

先週の日曜日に実施された「宅建主任者試験」の受験者が18.6万人と発表された。合格発表は12月1日予定。受験者は既に解答速報等で概略自分の合否は想定できていると考えるが、やはり発表までは気が抜けないものである。それにしても申込者が22万人余で欠席者が4万人超いるというのはもったいない。来年は是非チャレンジしていただきたい。ガンバレ受験生。


午後、お客様宅で売り地の売り出し価格打ち合わせ。更に夕方解体現場の引渡し現地へ。無事引渡し終了。


昨夜は草津温泉泊。雨であったが、朝には止んだので草津白根山まで車を走らせて見たが、山頂駐車場は雨が降っており寒くて草々に下山した。






2010/10/24 8:37:58

風の余話

 今月の「月刊不動産」10月号の対談記事を読むと、23年度中に公益法人化の準備を進めてきた不動産協会の公益法人改革の方向が定まったようだ。対談記事の話では、不動産協会と保証協会、それぞれで公益法人化をはかるという考えでまとまるようだ。今、群馬県本部の場合、下部組織に各支部が設置されているが、公益法人化をにらんで既にこの支部は廃止されることに決まっている。支部立ち上げに携わり、支部長を8年間務めたものとしては寂しいものがあるが、時代の流れであるので受け入れるしかない。


過日取材した祭りの件であるが、所在地が上日野鹿島地区の鹿島神社である。地名が上か、下か判明しなかったので記載しなかったが、昨日再訪し判明。参道入り口の新井氏と面談。神社の故事、地域の民話、伝承等を聞くことが出来た。大蛇が鮎川をせき止めてしまった話(民話)、鮎川の氾濫の話、花火を打ち上げる大筒の話、大杉の話、山車の話等々貴重な話を聞くことが出来た。来春の祭りに来るよう進められた。しかし、人との出会いは有り難いとしみじみ感じた一日であった。




コメント一覧

No.2541 なまえ めるちゃんさんのコメント 2010/10/25 12:55:27
コメント本文 公益法人化。本当に必要なのか不明です。不動産の仕事のバックアップが欲しくて全日に入会しました。自分の支払った会費なのに、消費者保護に比重を置かれそうで不利益が、もしかしたら出ないか心配です。取引ではどおしても相反する立場にもなるからです。業者の味方!!を最優先にする団体が無くなってしまいそうで淋しいです。遊休資産の処理と称して無駄遣いに走る県本部が無いかどうか、厳しくチェックも必要だと思います。


会社概要

会社名
(有)松原宅建事務所
免許番号
群馬県知事免許(6)5521
代表者
松原 勝次
所在地
3700852
群馬県高崎市中居町3丁目20−2
TEL
代表:027-352-0253
FAX
代表:027-352-0298
営業時間
08:00〜19:00
定休日
毎週水曜
年末年始
最寄駅
高崎線高崎
徒歩30分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ