2013/09/30 8:47:24

風の余話

 写真家江成常夫氏の「鬼哭の島」を読む。この写真集は日本リアリズム写真集団「東京塾」に学んでいた時、講師の英伸三先生から勧められていた。当時私が群馬の戦争遺跡を撮影始めていたからである。(現在中断)


 「鬼哭」という言葉は「広辞苑」で引くと「浮かばれぬ亡霊が恨めしさに泣くこと。また、その声」とある。著者の前書きに「浮かばれない亡魂が恨めしさに泣く」とある。


 昭和16年12月8日の真珠湾攻撃から開戦した太平洋戦争で日本軍が戦った南方の15の島々を2004年から2011年までの7年間取材をした記録である。この「太平洋戦争で戦没した日本人将兵は240万人(厚生労働省)民間人を合わせると310万人。収集帰還した日本人戦没将兵の遺骨は125万7000柱。(平成22年同)いまも100万に余る万骨が南の島で泣いている。「玉砕」という美名で装われた戦歴の島々は、まぎれもなく成仏もできない死者たちの「鬼哭の島」である」と記されている。この遺骨を収集し弔うことを忘れてきた日本。


 写真集掲載の1枚1枚に将兵の沈黙の叫びが見る者の心に響く。「早く日本に、故郷に帰りたい。両親に、兄弟に、妻に、子に、友に逢いたい」と叫ぶ声が。


 人間の生き方とは、国家とは等など様々なことを考えさせられる写真集である。


 





2013/09/29 8:22:30

風の余話

 昨日は孫の運動会の応援に妻と出かける。晴天に恵まれ絶好の運動会日和であった。今年は3年生と5年生になった二人の孫達。元気に、徒競走、リレーの選手、お遊戯、踊り発表と活躍していた。夏休み後は雨が降る日が続いたり、3連休が2回もあったりと、練習時間も限られた中で子供たちは皆、良く習得して見ごたえのある演技を披露していたのには感心した。


 ふと思ったのは、福島の被災地の子供たちの運動会はどうなるのであろうか、放射能被害で、母校の運動場で晴天の下、元気に駆け回れないもどかしさはいかばかりかと考えさせられた。


運動会の途中大阪の長男から「長男誕生」の一報入る。昨夜、嫁の陣痛が始まった旨の知らせが入っていたので気を揉んでいたところ。無事元気な子供が生まれて一安心。





2013/09/27 8:20:39

風の余話

 昨日、妻と大根の種まきをした。青首大根である。一袋分であるから上手く成長すれば、沢庵付けできるほど収穫できるかもしれない。期待が膨らむ。他に自宅庭にプランターを5個用意し、菜花を蒔いた。新芽を摘んで食用にしたり、切花としても使ったりと考えている。これも来春が楽しみ。


 長女が今週末29日(土)に開催される子供たちの小学校運動会のプログラムを届けてくれた。3年生、と5年生である。二人共選抜リレーの選手となっている。5年生・6年生の選抜リレーはプログラムの最後であり、今年は最後まで観戦することになる。怪我無く元気に活躍してくれればうれしい。


 新潟県柏崎刈羽原子力発電所の東京電力の安全審査申請を知事が承認した。条件付と言うことである。気骨の有る知事さんがいると今まで感心していたのだが何があったのであろうか。


 核のごみ、使用済み核燃料の貯蔵場所が後数年で満杯になるという新聞報道も有ったばかり。これから各地の原子力発電所が順次、再稼動するようになった時に、増加し続けるこの核のゴミの問題をどうするのであろうか。子孫に負の遺産を残し続けるのであろうか?解決策はあるのか知りたい。


 今、原子力発電所の問題は国民が真剣に考える時である。






会社概要

会社名
(有)松原宅建事務所
免許番号
群馬県知事免許(6)5521
代表者
松原 勝次
所在地
3700852
群馬県高崎市中居町3丁目20−2
TEL
代表:027-352-0253
FAX
代表:027-352-0298
営業時間
08:00〜19:00
定休日
毎週水曜
年末年始
最寄駅
高崎線高崎
徒歩30分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ