2012/04/11 16:32:38

木村の前に木村なく

「木村の前に木村なく、木村のあとに木村なし」


とうたわれた柔道家の


木村 政彦




格闘技ファンなら、


あの


力道山


との名勝負で、


ご存知の方も多いと思います。




あの一戦は、


プロレスなのに、


力道山が


打ち合わせにない


リアルファイト(八百長破り)


を仕掛け、


面食らった木村が、


応戦できなかったのだとか、


いや、先に八百長破りをしたのは、


木村の方で、


木村は実力で負けたのだ・・・


などなど、多くの謎に包まれた、


戦後の歴史


名シーンでした。





そんな議論や謎に迫る、


増田 俊也 著


『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』


が発行されました。


なにせ、


700ページ


に及ぶ、分厚さで、


大変な読み応えですが、


戦後の混乱期の


表と裏、


柔道家でもある著者の、


格闘技への含蓄が、


木村と力道を中心に描かれ、


全く飽きることなく


読了しました。




格闘技に興味の無い方でも、


読み物として面白い。


お勧めです。








コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(株)t&em
免許番号
宮城県知事免許(3)5613
代表者
関 孝ヱ
所在地
9800801
宮城県仙台市青葉区木町通2丁目1−42−412
TEL
代表:022-707-3098
FAX
代表:022-765-5692
営業時間
09:00〜18:00
定休日
なし
最寄駅
仙台南北線北四番丁
徒歩4分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ