2020/05/29 11:06:40

上野西(豊中市)購入決済完了しました

 本日10時より当社で豊中市上野西2丁目の戸建て用地の購入決済が完了しました。


 4m×4mの角地で87坪強の土地面積あります。


 基本は2区画なんでしょうが、この案件につきましては、1区画・平屋でプランを計画してます。


 敷地面積が287u強もあると4LDK延べ面積104.75uを平屋でプランしても4台の駐車場+50u強の広い庭まで取れてしまいます(もっとガレージや庭を広くとれる2階建てプランもあり)。


 1階建ての104.75uというのがイメージしにくいかもしれませんが、平均的なマンションでだいたい65u〜80uくらいでしょうか、階段室も当然不要ですから、比較してかなり広いマンションの間取りで、先ほどの土地としてのスペースが付くetc.という様な感じでしょうか。


 もちろん、如何様にもプラン出来る商品ですので、2世帯住宅を始め、離れを作る等、お客様の意向のプランで受けたわまりますので、ご興味ありましたら担当者:上岡 大悟(うえおか だいご)までご連絡ください。


 現状古家が建ってますので、直ぐに解体工事に入りますが、工事完了して更地になるのは6月末まで位を予定してます。


 よろしくお願いいたします。





2020/05/28 9:37:14

もう蚊が

 先週末から2度ほど蚊にかまれた(もしくは食われた、刺された)と、嫁が朝からブチブチ言ってました。


 私が“もう出てきたか、網戸してんのになぁ”と返すと、次女には“うちは出てきてへんで、蚊ぁこうてるんとちゃう”と言われたという様な事を言ってました。


 私の寝てる部屋ではそれまで出てなかったんですが、昨日夜中2時くらいでしょうか“ぷ〜ん”と例の嫌な羽音、、、、、寝ぼけながらも頬のあたりをパチンとたたいたのですが、しつこく“ぷ〜ん”と聞こえます。


 も一度たたいても同じです。


 しつこいやっちゃ、と思ってる間に頭がさえてくると、どうも喉のあたりからそのは音は聞こえてきます。


 ちゃう、ちゃう、蚊じゃない。


 この前も書きましたように、喉の炎症が収まっておらず、寝入りばなよく喉なり(喘鳴)でぴ〜ぴ〜、ひゅ〜ひゅ〜、なってる音ではありませんか。


 そういえば、歳行ったせいか匂いがしない(コロナではありません老化です)のと一緒で2,3年前くらいから蚊のは音は聞こえづらくなってるという事にも気づきました。


 蚊でないということは認識できましたが、改めて寝ようとすると、今度はぴゅ〜ぴゅ〜、ひゅ〜ひゅ〜が気になって、なかなか寝付けない夜を過ごしてしまいました。


 老化のため、抵抗力が落ちて回復力も落ちてるんでしょう。


 朝からつまらん話を書いてしまいましたが、喉、一刻も早く治って欲しいものです。


 念のためも一度書いておきますが、病院にも行きましたし、熱もなく喉鳴りはしても少しも息苦しくはありませんし、肺活量も測った結果歳の割には4ℓを超えてます。


 決して新型コロナウイルスの症状とは違いますので、念の為!





2020/05/27 13:07:50

コロナ対策の成否

 日本全体で非常事態宣言を受けコロナ対策について、国内外で“日本は成功した”という論評が出てます。


 確かに今朝のTVでも、欧米諸国に比べ人口比率で言うと死亡者が少ない、一方アジア・オセアニアに比べると幾分高いという表を出して解説してました。


 欧米にメディアは日本が非常事態宣言を出したにもかかわらず、都市のロックアウトまではしなかったことで、“対応が遅い、失敗した日本”などと批判してました。


 結果は御覧の通りです。


 で、果たして日本をはじめとするアジア・オセアニアはコロナ封じ込めに成功したのでしょうか?台湾や初期のシンガポールが成功したというのは間違いのないところです。


 日本は清潔で、以前より風邪などをひくと他人に移さないためにマスク着用していた、刃具などする習慣がない等々と欧米のメディア論じてます。


 一因ではあると思いますが、日本より低い死亡率のアジア・オセアニアはじゃあどう評価するのでしょうか。


 ウイルスにおける基本情報である、高温多湿では感染しにくいというのが一番の要因に思えて仕方ないのですが、、、、、。


 ニュージーランド・オーストラリアは秋口でこれ以降が正念場でしょうし、湿度の高い南アジアはフィリピンを除いて日本より低い、韓国は日本よりは低いが似たようなものです。


 中国の数字は信用が低いのでどちらともいえないし、、、日本・韓国は冬場の湿度・湿度は南アジアに比較すると明らかに低い、、、、各国の対策より一番重要なファクターは実は気温と湿度なのでは、、、、、。


 それにしても、成功したという評価の国々は結果として抗体を持つ人が少ないということになるので、2波・3波が今回失敗だとされた国より警戒しなければならないということになります。


 今冬もう一度非常事態宣言をしなければいけなくなったとき、どちらがよかった?ということになりかねません。


 科学的に見て最善のコロナ対策を見つけ出し備えることと、一刻も早いワクチン開発を願うばかりです。


 28日追記


 死亡者数で書いてましたが、言いたいことは検査数は少ないにしても、感染者数の少なさでした。


 検査数が韓国やドイツ並みだとしたら、発症しなかった人や軽症ですんじゃった人もいるはずですから、やっぱり死亡率はもっと下がったはずです。


 では、アジア・オセアニアの死亡率の低さは何の要因なんでしょうか?


 言われてるように、結核のワクチンであるBCG接種がファクターXなんでしょうか?


 それとも、、、、、ここらも科学で解き明かして対策の一つとして欲しいものですね。






会社概要

会社名
(株)ティー・シー・セカンド
免許番号
大阪府知事免許(4)47974
代表者
相良 政人
所在地
5300001
大阪府大阪市北区梅田1丁目11−4−1002号大阪駅前第4ビル
TEL
代表:06-6348-0003
FAX
代表:06-6348-0004
営業時間
09:00〜18:00
定休日
下記のみ
年末年始・GW・お盆休み
最寄駅
御堂筋線梅田
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ