2015/12/13 15:59:10

第14回全国心臓病の子供を守る会・全日兵庫青年部クリスマス会

今年もあと僅か。街中はChristmas一色となってきましたね^^


この時期恒例の全国心臓病の子供を守る会兵庫県支部さんと共催のクリスマス会が神戸市中央区岬公園近くの球技場「ノエビアスタジアム」内にあるレストラン「ウルティモ」さんの協力を得て行われ、心臓病疾患を抱える子供たち(約30名・・風邪が流行っているようで8名がキャンセル)と保護者、ご家族総勢100名を集めてのChristmasを楽しみました。


私自身、兵庫県本部青年部長時代から毎回参加、出演(実はサンタクロースが私のお役目)しており、かれこれ14年の月日が流れました。当初は青年部のボランティア活動としてひっそり始めた事業でしたが、今では全日兵庫県本部の公式行事として、毎年一部補助をさせていただいています。


今日はとても嬉しいことが。。


10年ほど前に、2〜3歳だった可愛い彼女(ちひろ)が久しぶりの元気な顔を見せくれました。なんと中学生になったと。。年を感じてしまいました(T T)彼女も重い疾患があり、身体はちっちゃいですが、元気な様子でほんとうに安心しました。来年もまた会えますように☆






コメント一覧

No.12705 竹村 俊彦さんのコメント 2015/12/21 1:48:51
続けられている事がすばらしいですね。

2015/09/21 15:54:50

やっぱり来ました、分譲マンション民泊の悲劇!

ご無沙汰しております。
先日の香川、岡山、沖縄県各本部研修会では大変お世話になりました。今後とも宜しくご愛顧の程、お願い致します。



さて、さて、やはりニュースにもワイドショーにも取り上げられることとなりました、例の「民泊」。
民間空き家等を利用して、外国からの旅行者を安く滞在させてあげましょうという、政府(国交省)なんかも真剣にそのビジネスを支援しようとしている中古住宅流通活性化施策の変形バージョンです。


一棟もの、戸建てならオーナーが全責任を持つことでそれなりにトラブル処理も可能となりますが、物が分譲マンションなどに及ぶとそうはいかない。全戸空室なわけがないのだから、普通に生活しているオーナーや、一般賃貸住宅契約で入居されている賃借人も大勢居住されているところに、ワイワイガヤガヤ、ドヤドヤと、多国籍のトラベラーが出たり入ったりされれば、通常の生活を維持することは当然に出来なくなります。マンション管理組合の規約なんて読むはずもないショートスティ客人たちは、一応最低限のルールは説明されての契約ではあろうが、旅人特有のテンションと、お国柄の違いによって、日本住人とトラブルを起こさないはずが無い。


この手の木賃宿(外形ではなく、利用形態)を利用するトラベラーは、各地を転々とし、旅費を節約する術に長けているから、超大型のキャリーバッグに荷物満載(総重量で45Kgなんてのも)している。そこに美しいテラコッタタイルやマーブルの艶々床仕上げの分譲マンションエントランス。。その上を引きずられたらどうなるか、なんて子供でも分かる。


全国マンション管理業協会なる法人の加盟管理会社は早急に管理規約の改訂に入るべし。
とにかく、分譲マンションのホテル利用における規定の整備は急がなくてはならない。
それと、自分の部屋をどう利用しようが勝手、と仰るオーナーさん達には、共用部の破損、汚損に対する賠償責任追及は管理組合として当然でしょうね。


日本もほんと変わってきました。^^;


 by nanchan





2015/06/08 22:44:15

大手の物件不紹介(囲い込み)に警鐘!?

ご無沙汰しております。


4月〜外出することが多く、バタバタしております。


さて、先日よりダイヤモンド誌、日経新聞などで取り沙汰されているレインズ登録物件の囲い込み(物件の不紹介)記事に触れ、思うところを少し書きます。


不動産業者さんであれば、一度は耳にしたことがある例の「商談中!」というお返事のこと。
これは、大手に限ったことではないのですが、相対的に大手と呼ばれる流通関係企業の対応に多いというところから、ある国会議員に話をしたところ、「よっしゃ、わかった!わしが国交省に対処させたる!」という経緯から(これは憶測ではありません)、話が国交省へ流れ、どこかのだれかがダイヤモンド誌にリーク(これは真意が不明)して大きくなってしまった。


国交省は、本件に関して早急に対策を練るとのことで、業界団体が運営する「指定流通機構(レインズ)」のシステム対応を迫り、現在、「ステータス管理機能」を4つの機構に対して半ば強制的にシステム改修を依頼してきている、というお話。システム的には、専任、専属専任媒介(売買物件)登録に際し、商談の進捗状況をレインズ上で確認できるような仕様に変更するというもので、4機構及びそれぞれの所属団体の持つシステムの改修費用は、総額で1億円は掛る見込み。おそらく、来年の1月〜3月までには実装する予定で検討に入っております(ここまでも事実)。


ま、それでの話なんですが、先般、とある業者仲間からご相談を頂きました。
「一般媒介で受けた物件のレインズ登録を行わなかったところ、売主から、他業者に聞いた話として、おたくはレインズに私の物件を登録しなかったそうだな!?自分のところで客付けしようとする行為は、囲い込みにあたる!顧客の利益を無視して自分だけ儲けようとする悪徳不動産屋だ!って怒鳴られた」という内容でした。その業者は、名だたる有料ポータルサイトには全て掲載し、チラシ営業も頑張ったと。何故、一般媒介でそのようなことを言われるのか。。と嘆いておられた。


長くなるので、事の顛末を。


要は、その顧客さん、どうもネットで囲い込みの記事を読んだらしい。一般と専任の違いは理解しておらず、レインズに登録しなかったこと取り上げての苦情。
これって、今後も増えていくでしょうね。
一方、この業者さん。法的には全く問題ない。しかし、そのお客に言い返せなかった。これは、勉強不足!


しかし、よくよく考えてみると、レインズは何のために存在しているのか。


一般媒介は、複数業者間で客付けを争うため、分かれでも契約を獲った方が得策と考えるか、一般だからこそレインズに登録せず、直付けを狙うのか。その会社、営業の考え方次第というところ。
ただし、お客さんはそんなことわかっちゃいない。とにかく早く、少しでも高く売ってくれることを期待している(当然)。
だから、これから業者に求められることは何かといえば、営業方針に関する説明が必要だということ!時代は変わっていってるのです。なんでもかんでも業者の胸先三寸では通らない時代になっています。そこは、押さえておかないと、結局は「悪徳不動産屋」のレッテルを、ネットでばら撒かれることに。。


追伸:レインズのステータス管理ですが、売主にのみ、特別なIDを付与し、受託会社のステータス状況を確認できる機能も実装しますので、皆様、ご注意されてくださいね。


   by nanchan






会社概要

会社名
第一住建(株)
免許番号
兵庫県知事免許(7)9730
代表者
南村 忠敬
所在地
6570054
兵庫県神戸市灘区稗原町2丁目3−1エスリ−ド六甲第二
TEL
代表:078-806-0388
FAX
代表:078-806-0355
営業時間
09:00〜19:00
定休日
毎週水曜日
年末年始・夏季・GW
最寄駅
東海道本線六甲道
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ