2014/11/30 20:47:25

冬が来る前に・・

早いものでもう11月の最終日。。


師走に入ると、気忙しくなる例年ですが、今年は特に・・・突然の解散劇から14日の投開票に向けた選挙戦で、先生方(今は先生予備軍か)も走り回るんでしょうね。
神戸の街は、12月に入るとルミナリエが始まり、Christmasに向けたムードが一気に加速するんですが、恐らく人の集まるところですから、、選挙カーが押し寄せるだろうか。。最悪!でも、時間までですから、フライングは駄目ですよ!
特に今年は阪神淡路大震災20年を控えたイベントですので、19年前の第1回目の感動をもう一度と想っている方々には、興ざめですから。(;O;)
冬が来る前に、晩秋の見事な自然の色を皆様に^^
 
  ←これぞ紅葉
   燃えるブナの谷→




2014/11/09 15:46:43

束の間の観光・島根松江城を訪ねて

島根県本部主催:不動産開業支援セミナー開催。


昨日は宮崎県の研修会にお招き頂き、流通関係のシステム紹介の講習をして参りました。今日は、島根県本部での開業支援セミナーが松江で行われるため、宮崎を18時25分発の飛行機で福岡に。空港近くで一泊して、8時25分発の出雲空港行きに乗って当地へ到着しました。


セミナーは午後からですので、少し空いた時間を使い、市内ループバス(レイクライン)で以前から行きたかった松江城へ向かいました。


※5層6階の天守閣最上階から宍道湖を望む


全国で現存する天主閣(当時は天主と言ったらしい:天守閣)12城のうちの一つ。規模は平面の面積で国内2番目であり、国の重要文化財に指定。高さ30mを誇り、慶長16年(1611年)完成(ニ代城主・堀尾忠晴の祖父、堀尾吉晴公が5年の歳月を掛けた)。


江戸時代に入り、徳川家康の孫の松平直政が移封し、その後松平氏10代(234年間)に亘り出雲国を統治。築城以来一度も戦禍に見舞われなかった城である。


昭和10年に国宝指定を受けたが、昭和25年、文化財保護法制定に際して、重要文化財として登録されたそうです。


天守閣内部の柱308本のうち、130本が包板と呼ばれる現代の集成材のようなものが用いられ、不良材の体裁を整えるための手法だそうです。



松江城大手門は現存しておらず、復元の為の資料を探しているそうです。なんと懸賞金500万円!


早速、古い写真をひっくり返して、、なんてあるわけないです。江戸末期から明治の初めぐらいの写真とかが貴重だそうですよ^^


探索終了し、セミナー会場の松江ニューアーバンホテルに向かいました。


  by nanchan







会社概要

会社名
第一住建(株)
免許番号
兵庫県知事免許(7)9730
代表者
南村 忠敬
所在地
6570054
兵庫県神戸市灘区稗原町2丁目3−1エスリ−ド六甲第二
TEL
代表:078-806-0388
FAX
代表:078-806-0355
営業時間
09:00〜19:00
定休日
毎週水曜日
年末年始・夏季・GW
最寄駅
東海道本線六甲道
徒歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ