2019/11/12 19:56:13

羽黒山


皆様、お疲れ様でございます。


さて、本日のトピックは地元の名山、羽黒山(上河内)のご紹介です。でも羽黒山と言えば山形の出羽三山が有名ですよね。それはその通りで、栃木の羽黒山は史書によれば元は河内山と呼ばれていたそうです。宇都宮氏の始祖である藤原宗円が平安時代に出羽の羽黒神社を勧請した事で河内山はその後、長い年月をかけて羽黒山と呼ばれるようになったそうです。神仏習合により明治までは羽黒権現と呼ばれていました。その名残で神社に梵鐘があります。標高458mで、さくら市からの国道293号線からはランドマークにように真正面に見る事ができます。眺望が抜群で山頂からは筑波山や富士山など関東平野が一望できます。私も子供のころ初日の出をこの山から拝んだ事がありまして、今年はぜひともと思っています。例大祭は330年の歴史がある梵天祭で今月11月23、24に盛大に行われます。久々に楽しみです。





2019/11/08 18:05:34

徳次郎という地名

皆様お疲れ様でございます。


本日、営業調査にて国道293を使い鹿沼方面へ行く途中、懐かしの徳次郎ICという名称の交差点を通過しました。その際、なぜか強い違和感が・・・・。標識のヨミを見ると”とくじろう”と書いてあります。私が宇都宮の住民だった30年前は確か”とくじら”だったはず。帰社後、調べてみたところ名称はとくじろうで間違いないようですが、交差点ICの名称は2008年までは”とくじら”だったようです。どうりで旧地元民として違和を感じたわけです。地名の正式名称は旧富谷村が宇都宮市に併合された時に”とくじろう”となっていたようですが道路標識やICの名称、バス停などは”とくじら”で、地元の人々も”とくじら”と読む人がほとんどだったはず。私も”とくじら”が正しいと最近までずっと思っていました。


違う名称が地元民間でも長く混在していた理由としては・・。


元々その地域は平安時代までは日光の豪族、久次良(くじら)氏の領地で久次良氏の外領であったことから、外久次良(とくじら)と呼ばれていたそうです。その後、平安末期から宇都宮氏の台頭により久次良氏から宇都宮氏の領地となり、その家臣、新田徳次郎が徳次郎城を築いて以降は、”とくじら”に新田の徳次郎の漢字が宛てられようになったそうです(たいへん紛らわしい)ですから歴史的には徳次郎をもって”とくじら”と読む事が正しいようですね。ただ、宇都宮の行政上での名称では”とくじろうが”正しく、そして交通の要所で日光宇都宮道路のIC名であることから、長年”とくじら”だった名称を”とくじろう”へと最近(といっても10年くらい前)道路公社側が合わせたようです。地名って難しいけれど面白いですよね。


このブログをお読みになった方も、東京から日光へ高速道路でいかれる方は多いと思います。その際、徳次郎ICの標識をみたらヨミにぜひ着目してみてください。どうでもよいネタではありますが・・・(^^;


それでは、また。





2019/11/07 21:20:39

世界野球プレミア12


皆さま、お疲れ様でございます。先日は内容が少々重すぎた感がありますので本日はライトな話題としたいと思います。



実は私は無類の野球好きであります。(^^プロ野球の観戦経歴としては、長いあいだ近鉄バファローズの大ファンでしたが近鉄が球界再編によって消滅してからは贔屓チームは特に無く、その後は漠然とパリーグ、交流戦、日本シリーズ、WBCが始まってからの代表戦だけは見るようにしていました。ただ、最近では私の母校で2016年に甲子園で優勝投手になった今井達也投手が西武ライオンズに入団し活躍している事で現在は西武ファンとなっています。最近の西武は昔の投手力のチームと違って近鉄いてまえ打線のような強力打線(山賊打線)が魅力となっています。ライオンズについては2年連続で優勝しながらCSで敗退した事は非常に残念でしたが、来年もライオンズを応援しようと思っています。さて、世界野球プレミア12ですが、やはり代表戦は面白いですね。WBCと比べメジャーリーグの選手が殆ど参加していない点は少し残念ですが、国際試合は独特の緊張感があって見応えがあります。普段見れない外国の選手を見るのも楽しい。日本はすでにベネズエラとプエルトリコに連勝し台湾とともに予選突破。日本でのスーパーラウンド進出を決めています。現在、仕事を切り上げ、このブログを書きながら台湾戦を観戦しています。台湾の応援は独特ですねえ。さて、どちらが勝ちますか。侍ジャパン頑張って下さい。







会社概要

会社名
(株)APホーム企画
カナ
カブシキガイシャ エーピーホームキカク
免許番号
栃木県知事免許(1)5182
代表者
椿 智浩
所在地
3210413
栃木県宇都宮市松風台1159−18
TEL
代表:028-689-8971
FAX
代表:028-689-8970
営業時間
9:30〜18:30
定休日
毎週水曜日
最寄駅
JR宇都宮線氏家
バス乗車22分
バス停名松風台分
バス停歩1分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ