2020/01/25 19:28:57

2020年も宜しくお願いいたします。

昨年末から介護について身近な問題として考えるようになりました。病気のこと、食事のこと、身体的な老化に伴う補助の必要性などなど。
 普段は当たり前の日常生活で、庭先での散歩も歩くのではなく、座ることが増えて杖を使用。が、今年に入ってから外に出るのも減り家の中で日光浴。
❝運動してね❞と言うと、返事はピカイチ。
この生活習慣から、大丈夫かな?と不安がよぎり、、
そして正月明け、自分では起き上がれない状態に。
何?どうしたの?熱・かぜ?・・・
気が付けば足には筋肉がなく痩せていました。

その日から3週間、sixpadを購入してみたり、健康補助食品を購入したり、歩行補助器具を用意したり、家族で大騒ぎして、ようやく食欲も落ち着き、時間はかかりますが一人で起き上がれるようになりました。
そして、この間にトイレの問題があり何回かの大変な掃除・洗濯を経験して、こちらから声をかけ、気兼ねなく使用できる紙パンツをはいてもらえるようになりました。本人も家族も少し安心できたかな。

運動することは気力にもつながり、必要なことは皆、理解していることですが、病気で痛いところがあったり、薬を常時服用していたり、それぞれの事情で本人の意思だけでは難しいのかもしれません。
自分の老後を含め、家族として何ができて何ができないのか、時には誰かに相談しながら、そして経験しながら、普通に変わらずに過ごしていけたらと思う。








2019/11/23 17:30:21

数学者のロマンチックな名言

数学者は美を表現する・・・この言葉に?って本を開いてみた。数学は人類がつくり出した最強の言語、とはじまる。


自然の美や、宇宙の調和さえも表現できる言語が数学です、数学という言葉で、この宇宙を理解することに感動を覚える...とつづく。


例えば芭蕉の俳句。芭蕉は俳句の「五・七・五」で自然の美を絶妙に表現しました。数学も同じとの事。



1.ファインマン「数学を知らない者には、本当の深い自然の美しさをとらえることはむずかしい」


1.ヴァン・フット「現代数学とは未来の言語である」


1.チャイコフスキー「もしも数学に美がなかったら、おそらく数学そのものも生まれなかったことだろう。人類の最大の天才たちをこの難解な学問に引きつけるのに、美のほかにどんな力があり得ようか」


1.フーリエ「数学は、われわれの感覚の不完全さを補うため、またわれわれの生命の短さを補うために呼び起された、人間精神の力であるように思われる」


1.ヤコビ「数学は、人間精神の栄光のためにある」


などなど、芸術としての数学の姿を表現されています。数学をすること自体に喜びがあり、目的があるということです。


こんな話が、、インドが生んだ天才数学者ラマヌジャン。「12」の神秘に気付いた人並外れた計算力の持ち主です。「インドの魔術師」と呼ばれ32年という短い生涯の中で3254個の数学の公式を発見したとか。



ある方が「1729はつまらない数だ」と言えば、ラマヌジャンは「1729は大変面白い数です」と。1729は三乗数の二つの和として、二通りに表すことができる最小の数です、と言う。
1729=10³+9³=12³+1³
この時発見した公式は、頭を使いすぎて疲れるので、いいとして、「ラマヌジャンのゼータ関数」ゼータ関数とは足し算の延長線上にあるものです。無限まで足し続けること、、、その足し算の先にラマヌジャンは「12」を発見しました。
難しい数式が続くので、ここはナナメ読み・・・?



ここにもあそこにも12。



音楽は「12」平均律。
日本の伝統衣装は「十二」単衣。
仏教の十二因縁は、人間が過去・現在・未来を流転する輪廻の様子を説明した「12」の因果関係。
一ダースは「12」単位。
時計は「12」時間でひとまわり。
一年は「12」ヶ月。
星座や干支は「12」。
指の幅の12倍に相当する長さであることに因んだ名称十二指腸。
TVのリモコン12CH。(';')
どれも12となっています。ひとまとめになるところには、いつも「12」が現れる。もっと他にも「12」があるかもしれませんが、数字が神秘的という意味がわかってきた、気がします。?


 ところで、AMラジオは9の倍数って知ってましたか?954、1134、1242・・の周波数。日本を含むアジア、オセアニアのAMラジオ周波数割り当て範囲は、531キロ・ヘルツから1602キロ・ヘルツ。AMラジオ放送局の周波数はすべて9の倍数ということです。そして、9の倍数である数はその桁すべての和も9の倍数になるという性質があるそうです。ほとんどが9か18という9の倍数です。ただ1つだけ「27」になる局があるということですが、どの放送局でしょうか。・・???


正解はNHK第一放送(福山)の999キロ・ヘルツでした。(^^)/







2019/04/13 18:03:16

ミノムシ君

桜の花びらが地面いっぱいに散って若葉が見え始めました。
庭の雑草が元気に顔を出し始め、ブルーベリーにもかわいい蕾が。今年も何粒か収穫できそうです。
3年前、柊の木に大量発生した”みのむし”は、たまに見かける程度になったもののまだ健在です。[みのが]という蛾の幼虫で、口から出した糸で葉や枝をつなげて巣を作ります。巣は可愛いけど。。元気だった柊は葉が無くなって、枝と同化したミノムシがたくさんくっついてました。体長は4センチぐらい、軽い小枝や葉っぱの切れ端でデザインされていて個性たっぷり。書物で調べると、内側の袋(着物)は丈夫な絹でできていて指で引っぱったくらいでは破れず、なめらかで美しい白色、、とありました。卵からかえったミノムシの幼虫たちは、食べるよりも先にまずこの着物を作り始めるそうです。
今は、枯れた枝を切られ小さくなった柊に新芽が出てきて、一安心です。








会社概要

会社名
(株)アサヒホーム
カナ
アサヒホーム
免許番号
埼玉県知事免許(11)8728
代表者
佐々木 文雄
所在地
3490205
埼玉県白岡市西4丁目2−3
TEL
代表:0480-38-6080
FAX
代表:0480-38-6031
営業時間
9:30〜17:15
定休日
毎週水曜日
第1・3木曜日
最寄駅
東北本線白岡
徒歩18分
メール送信はこちら
ログイン
 


1234

このページのトップへ