2015/06/28 20:02:17

ある弁護士法!

当社の近くに住んでいらっしゃる弁護士の方から、収益用不動産を購入したいので、何か物件を紹介してほしいと依頼を受けました。



いくつかお届けした中で、井の頭線某駅近くの借地権付アパートを気に入っていただきました。いろいろ検討用資料を揃えて、確認していただきました。


数日後来社され、「物件は気に入ったが、この不動産は購入できない」とのこと。理由は、物件の所有者(売主)が、何年か前にリフォーム工事のトラブルで依頼を受け解決した、弁護士の方にとってはクライアントだったとのことです。


弁護士法では、クライアントと売買の当事者となるような取引は禁じられているそうです。初めて知りました。今回は直接取引ではなくて、売主側・買主側と仲介会社が入っていますので問題ないような気もしますが、法律のプロがおっしゃるので、仕方のない事なのでしょう。というわけで、引き続き物件を捜すこととなりました。



さて相続のお話です。今回は相続分の譲渡についてです。


例えば、母が亡くなり相続人は子供3人(A、B、C)とします。遺言による指定がない場合、法定相続分はそれぞれ1/3となります。


Aが無償でBに相続分を譲渡するとします。相続分はBが2/3、Cが1/3となります。このケースで無償で相続分をもらったBに贈与税など何らかの税金がかかるのでしょうか?


答えは、なんら税金はかかりません。相続人間の間で遺産分割をする場合、法定分通りにしなくても、相続税以外に所得税や贈与税はかかりません。





2015/06/22 20:40:20

PCクラッシュ!

パソコンのファイルが急に開けなくなり、昨日今日とほぼ仕事になりませんでした。スーパーアナログの私はパニクってしまい、何人かの詳しそうな方に聞いていくつか試してみましたがさっぱり直らず!(私の説明も悪かったと思います。みなさんスイマセン!......・。。・)


最後の頼みの綱のS氏に今朝連絡がつき、「チェックディスクの実行」という方法を教わってやってみたところ、なんと無事直りました。朝から約10時間、パソコンが頑張って修正してくれました。この実行は数カ月に1回程度行わないといけないみたいですね。全く知りませんでした。買ってから約5年、初めて実行しました。もう少し勉強します。


というわけでブログも書けることとなりました。先日相続相談で来社された方の内容と近い事例をご紹介します。


母]さんは、現在自己所有の土地建物に1人で暮らしています。]さんにはA,B,C3人の子供がいて、それぞれ自立しています。



ところがここにきて、Cさんが]さんの土地にCさん名義の家を建て、]さんと同居する話が持ち上がりました。A,Bさんとしては心中穏やかではありません。しかし土地は]さんの所有ですから、誰に使用させようが自由です。



A,Bさんともそこはしょうがないと渋々納得はしましたが、相続後自分たちは全く使用出来ないのかという思いは湧いてきます。相続後もCさんがそこに住み続ければ、Cさんの占有状態は続きます。A,Bさんがその状態をどうしても納得できないとなればどうすればよいか?


まず法定分で相続するという「遺産分割協議」を成立させます。その後A,Bさんが協力して(合計持分2/3となり過半数を超えます)占有使用の変更を申立てた場合、明渡しが認められる見込みが出てきます。


その他の手段としては、持分割合に応じた、地代相当額の不当利得金ないしは損害賠償金を請求できる場合もあります。


揉めることなく話し合いで解決できることが何よりですが、そのためにも知識は必要です。万一の事も考えて、対策を立てておきましょう。







2015/06/13 22:11:35

アパート明渡し!

一昨日退去・明渡しを受けました部屋の、残置物処分を行いました。かなりの量でした。



極たま〜〜〜にこういう部屋に遭遇します。賃借人さんは少しずつでも捨てられないものなのでしょうか!......・。。・



業者さん、作業お疲れ様でした!





さて、今回は生前贈与のお話です。60代後半辺りになりますと、相続の事を考え始める方も多くなってきます。


財産を見直すと、このままでは相続税がかかってしまうと気付かれる方も多いでしょう。


対策として、生前贈与も有効な手段です。数年間に、子や孫に少しずつ贈与していくことで相続税が免れたり、減らすこともできます。


孫に贈与したい場合注意が必要です。よく孫名義の預金通帳を作って、少しずつ入金して贈与したつもりになることがあります。孫が無駄使いしないよう内緒にしていて、孫がもらったことを全く知らなかったりします。こういう場合相続後に税務調査が入ると、贈与と認めてもらず、相続財産となってしまいます。


贈与とは「あげた」、「もらった」という認識が必要です。しかももらった人が自由に使える状態でなければなりません。つまり預金通帳も孫自身が管理していなければなりません。


贈与の認識を確実に証明するためには、贈与契約書の作成が有効です。孫がまだ未成年の場合は、法定代理人として親権者が署名・押印を行います。


また、孫が高校生くらいであればお金を管理できると認められますが、小・中学生くらいであれば親が代理人となり、管理代行することができます。








会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ