2016/04/26 15:20:02

田舎暮らし!

先日テレビを見ていてちょっと驚きました。なんと我が故郷島根県が「国内地方移住人気ランキング」で第3位だそうです。


 http://getnews.jp/archives/1442497 こちらをご覧ください!


3年前にベスト10に入り、ついにベスト3です。何があったんでしょうか?



都市から地方移住する人が毎年増えているそうです。自然と触れ合って生活したいとか、都会の人間関係に疲れたとかが理由のようですが、田舎もそんなに甘くありません。


自然も毎日見てれば飽きますし、冬は寒いし雪も結構積もって雪かきなど大変です。人間関係も狭いコミニュニティーでへヴィーですし、面倒くさい人は田舎でも当然います。


生活費も案外かかります。交通機関は全くと言っていいほどないため車は必需品です。夫婦それぞれに必要です。しかもガソリン代が田舎は高いです。東京より20円〜30円/(1リットル当) は高い気がします。店舗競争がないので仕方ないです。ガソリンスタンドまで遠かったりすると大変です。ガソリンが少なくなったので給油しに行っても帰ってきた時点で半分に減ってたりします(ウソです)。


次に買い物です。スーパーが地域に1店舗くらいしかありません。ほとんどの人が車で20分程度かけて行くことになります。値段も東京に比べて1割〜2割高いです。住んでる近くに個人商店はありますが、スーパーよりさらに高いです。しかも新鮮さに欠けるきらいがあります。賞味期限無視は当たり前です。お菓子など賞味期限から何年も経った商品を普通に売ってます(これはホントです)。おじいちゃんおばあちゃんは、とりあえずにおいを嗅いでから買うのが習慣になっています。



島根県が人気があるのは、子育て教育支援が充実しているからだそうです。しかし将来東京や関西の1流大学へ行かせたいと思ってる方はよく考えてください。島根県の高校で進学校と呼べるのは数校だけです。それらの高校にしても、都会の有名校に比べれば進学校と言えるかどうかも怪しいです。松江市や出雲市(知らない方はスイマセン)の島根では大きな街と呼ばれるところにあります。


山間部の田舎から進学校に合格するのも大変です。学習塾というものが存在しませんから本人の才能と努力にかかっています。また運良く合格したとしても、田舎の自宅からは通えませんから寮に入るとか、下宿・アパートを借りることになります。月に数万円は出費が増えます。


地元の高校に行くのであれば1流大学に行くのは相当厳しいです。山間部の高校はレベルが低いです。そのかわりほぼ誰でも入れます。受験戦争は全くないです。私もそういう高校を卒業しました。同級生には分数計算ができない者が何人もいました。分数の割算なんて問題を出すと、頭を抱えてそのまま気絶してました。そういうレベルですから有名大学に行くには、またまた本人の才能と相当な努力と運が必要となります。


ということで、とりとめもなく田舎生活の一端をご紹介しました。体験生活もできるそうですから、大丈夫と思えるようでしたら移住してみてください。そこそこ良い所ですよ!













《相続1口メモ》


今回は抵当権付不動産の第3者への遺贈についてです。遺贈を受けたのが相続人であれば債務返済も同時に負うことになります。


しかし第3者、例えば被相続人の内縁者Aが抵当権付不動産を特定遺贈されたとします。負担付遺贈でなければ、Aさんは債務返済の義務はありません。妻・子など相続人が負うこととなります。(相続放棄すれば大丈夫です)


仮にAさんが債務弁済したとすると、Aさんは相続人に返済分を請求することができます。また誰も返済しなくて競売にかかり、Aさんが所有権を失くした場合でも相続人に求償可能です。相続人にしてみれば踏んだり蹴ったりです。


債務がある場合の相続、遺贈は取扱いがやっかいなケースがありますので、専門家に相談し慎重に対応してください。













会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ