2016/06/29 17:19:14

保険ショップ!

先日知り合いの損保会社の人と会った時に、保険ショップについての話が出ました。



保険ショップはいろいろな保険会社の商品を取り扱い、お客様のニーズに合った商品を、公正な目でセレクトし提案するというのが売りです。


しかし内情は違うようです。保険会社やそれぞれの商品によってバックマージンが違うため、保険ショップもそのとき高いマージンが取れる商品を売りつけてるようです。某大手保険ショップは金融庁から指導を受けたそうです。


私は保険ショップと関わったことはありませんが、よいやり方だと思っていたので残念です。本来の理念に戻ってほしいと願っています。




《相続一口メモ》


相続した、あるいは相続予定の土地を売却せず保持したい方も多いと思います。多くは賃貸用建物を建てて有効活用されると思います。


私はお客様の事情によっては定期借地という制度をお勧めすることがあります。建物を建てるために現金を使ったり、金融機関から借りる必要もありません。所有地を貸すだけです。


使い方によっては良い制度だとおもうのですがなかなか普及しません。普通借地と違い必ず所有権に戻ります。立ち退き料も不要です。


定期借地の地代受取方法の一つに前払賃料方式というのがあります。定期借地の期間は一般定期借地で50年以上、事業用定期借地は10年以上から50年まで可能です。


前払方式というのは契約期間分賃料をを最初に受け取るというものです。つまり数千万から数億受け取れるケースがあります。


しかもまとめて受け取っても賃料収入の申告は1年単位の額でできます。受け取った年に一気に所得税がかかるわけではないのです。


相続の時、相続税を払う現金が足りなければ前払金で支払うことができます。また土地の一部を貸さずに残して、そこに前払金でアパートを建築することもできます。よそによい不動産があれば購入もできます。別の投資にも回せます。


検討してみる価値はかなりある制度ではないかと思っています。










2016/06/26 19:57:15

御礼!

今週末お客様からお食事に招待されました。西荻窪のお寿司屋さんです。



久々に新鮮ネタのお刺身、お寿司を堪能しました。T様ありがとうございました。



別のお客様からは高級メロンをいただきました。



こちらのお客様のアパートを9月から管理させていただくことになりました。しっかりやるようにとメロンが訴えてるようでした。A様ありがとうございました。管理頑張ります。


ちなみにメロンは9割がた中学生の娘に食べられてしまいました。私は一切れでしたがとてもおいしかったです。( ;∀;)




《相続1口メモ》


平成29年4月からの消費税アップが延期となり、非課税の住宅取得資金贈与にも影響が出る可能性があります。



上図の1.の非課税金額は適用されなくなり、2.の金額となります。ご覧のように大きく差があります。


非課税枠も見込んで住宅購入等を検討されてた方は、資金計画の見直しが必要になるでしょう。












2016/06/22 18:55:11

主婦グループ!


私はたまに(週1〜2回)カフェで仕事をすることがあります。まぁ気分転換のためです。



午前中が多く2時間程度です。カフェに行くとけっこうな確率で主婦のグループ(2,3人が多いです)がいます。近くに座ることも多いです。必然的に話が聞こえてきたりします。噂話や友人、子供、夫などに関する内容がほとんどです。


グループには役割がはっきりしているケースが多いです。話し手と聞き手です。話す方はほぼ一歩的にしゃべり、聞き役はほぼうなづいたり、笑ったり、同意の言葉を発する程度です。


私が感心するのは、話し手の中にものすごく、びっくりするぐらいトークの上手な方がたまにいることです。リズムといい強弱といい素晴らしいです。盛り上げ方もうまいですし、落ちのつけ方も抜群です。わたしも仕事どころじゃなくなり聞き入ってしまいます。笑いをこらえるのも一苦労です。


男性同士の隣に座って面白い会話だなと思ったことはたぶん一度もありません。女性のおしゃべりの才能を思い知る今日この頃です。




《相続1口メモ》


今回は賃貸用不動産を相続した場合の家賃の帰属についてです。遺言書があり〇〇に相続させると特定されていれば、相続が発生した瞬間からその不動産は〇〇のものであり家賃も当然全額受け取れます。


しかし遺言書がなければ相続人で遺産分割協議をすることになります。協議には数か月から数年かかる場合もあります。その間の家賃の帰属は法定相続分となります。家賃100万で子供2人が相続人であれば、それぞれ50万受け取る権利があります。(協議が終了するまで)



以前女性の方からこういうご相談を受けました。父親が亡くなった後、アパートが弟さんの単独名義になっていたそうです。分割協議はしてないそうなので遺言書があったのでしょう。


半分権利があるからどうにかならないかというお気持ちです。遺言書ですべて弟さんに相続させるとなっていても遺留分があります。(遺留分減殺請求には時効があります)


遺留分が確定しアパートの持ち分を持つことになれば、家賃を持ち分に応じて受け取ることができます。


ただしこの場合家賃の帰属は遺留分が確定後からになります。遺産分割協議のように相続発生に遡って受け取ることはできません。















会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ