2016/07/10 20:02:09

BOXING!

今夜はビッグイベント目白押しです。まず参院選挙開票。18時現在で前回の投票率を下回っているようですがどうなるんでしょうか!


スポーツも大きな大会のファイナルが今夜行われます。テニスウインブルドン、サッカーEURO2016、ゴルフ全米女子オープン。今夜は寝れないかもしれません。









ところで、私の中のKING OF SPORTSにボクシングがあります。見て一番興奮するスポーツです。(対戦カードによりますが)


今朝WOWOWを見てましたら、ボクシングのドキュメンタリー映像を放送してました。マイク・タイソン、イベンダー・ホリフィールド、バーナード・ホプキンス各々本人および関係者、著名人のインタビューが中心です。3人とも偉大なチャンピオンです。


生い立ちや頂点にたどり着く過程、その後の転落、そして現在の様子といった構成です。


3人とも黒人でスラム街で育ちました。貧困、暴力、犯罪、家族の離散といった状況的に避けることのできない困難の中で育ちました。その中でボクシングと出会い才能と努力で駆け上がっていきます。


偉大なチャンピオンになりお金と名声を掴むわけですが、よからぬ大人たちがよってたかって食いつぶしてしまいます。闘うことしか知らない若者が大金を掴んでも、管理する術など知るはずはありません。そこに多くの者がつけ込んだのです。


スラム街からチャンピオン、そして転落とジェットコースター人生を歩んだ彼らですが、現在は穏やかに前向きに暮らしてるようです。若いころ野獣のようだったタイソンも、人のいいおっさんのような表情でしゃべってました。


彼らが発する言葉から、アメリカの根深い問題が浮き彫りになるよい映像でした。


タイソンで思い出しましたが、タイソンがまだ世に出る前に、彼と彼のトレーナー(カス・ダマト)とで交わされた短い会話があります。誰かに聞いたか、何かで読んだか忘れましたが、ちょっと感動したので紹介します。


タイソン「俺がチャンピオンになったら(シルベスタ)スタローンに会えるか?」


ダマト 「おまえがチャンピオンになったら、スタローンがおまえに会いに来る」



相続1口メモ》


今回はお休みです。










2016/07/06 19:29:26

上海ディズニー!

昨年収益用マンションを購入していただいたお客様が来社されました。もう一つ買いたいので物件を探してほしいとのことです。


最初の物件はとても満足していただいてるようですので、今回も良い取引ができるよう頑張りたいと思います。


要件の後30分ほど雑談となりました。その中で上海ディズニーに行かれたお話を聞かせていただきました。



東京はもちろんアメリカのディズニーにも行かれたことがあるそうですが、上海がいちばんよかったそうです。


とにかく広いしアトラクションも多いとのことです。また日本のメディアで中国人のマナーの悪さ等が伝えられていますが、嘘っぱちだそうです。開園前2時間ほど並ばれたそうですが、割り込みなどなくみんなきちんと待っていたそうです。


私もなんとなくイメージで報道を信じていましたが、気を付けないといけないですね。思い込みは禁物です。




《相続一口メモ》


先日ご相談を受けた「小規模宅地の特例」適用についてのお話です。


相談者の方は持家の一戸建てにお住まいです。息子様が一人いて都心にマンションを買ってそこに住んでいらっしゃいます。この息子様が相続人になります。


今後相続が発生した場合ご自宅(一戸建)に関して「小規模宅地の特例」は適用されません。なぜなら息子様が別居で持ち家のため。相談者の方は勉強されててこれはご存知でした。


マンションを賃貸に出して(3年以上が条件)同居されてはどうですか?と提案しました。しかし同居はどちらも望んでないそうです。


相談者様は空家になってる一軒家をお持ちだそうです。そこで質問を受けました。「親の所有の不動産に子供を住まわせて、子供のマンションを賃貸にした場合適用は受けられますか?」と。


親所有の不動産に住んでも適用可です。親に家賃を払う必要もありません。








2016/07/03 19:44:14

スマホMNP!

3日前にスマホ通信会社を変更しました。通信会社を変えることを乗り換えというそうです。乗り換えはMNPというそうです。やっかいですね。よくわかりません。



30年近く前に携帯を所持してからずっとNTTでしたので、変えるのはちょっと不安でしたが思い切ることにしました。


ということでドコモからソフトバンクに乗り換えました。法人向けキャンペーン中だそうでかなり安くなりました。ドコモで月々約10,000円払ってましたが、ソフトバンクでは4,000円程度になるようです。


さらにドコモの解約金も負担してくれます。手続きするのが知らない代理店(一応調べた限りでは大丈夫そうです)でしたのでまだ不安もあります。訳の分からない請求が来ないことを祈ってます。




《相続一口メモ》


先日テレビを見ていましたら、よくある相続トラブルというのを放送していました。一つの例をご紹介します。


一人暮らしをしていた母親の具合が悪くなりました。子供は3人います。長男、次男、長女です。長男、次男はそれぞれ家族があります。


長女は独身だったので仕事を辞め、母と一緒に住み面倒を見ることにしました。最初は長男・次男とも長女に感謝し、相続が発生したら家は長女が相続すればいいと言ってました。


母親が亡くなり相続となりました。長男・次男が長女に文句を言い始めました。母親の現金財産が思っていたより少ないというのです。長女は反論します。母親との生活費もかかるし、医療費もかかると説明します。


しかし兄たちは、長女が自分の都合のいいように使っていると疑います。本来関係ない兄たちの配偶者(妻)も一緒になって長女を責めます。家を売って均等に財産を分けろと言い始めます。最初の長女(妹)への感謝は微塵もありません。まぁよくあるパターンです。


長女は仕方なく調停を申し立てます。母親の面倒を見たということで寄与分が認められ、兄たちより多く財産を受け取ることが出来ました。家も売らずに済みました。


この例では寄与分が認められてますが、多くの実例では寄与分を認めてもらうのは大変です。子が親の面倒を見るのは当然という考え方です。裁判所は大体法定相続分で分けるように言います。


この例と同じような状況になった場合いくつか対策を考えなければなりません。まずどんなに仲が良く、気にかけてくれる兄弟でも安心しないことです。


自分が親の面倒を見るとなった時点で、後々の取決めをなるべく細かくした方が良いです。面倒を見始めたら支払い明細を細かく記録し、レシートなども全部残し、行動記録なども定期的に兄弟に見せた方が良いです。


家を相続してもよいと兄弟が言っているのであれば、親に話してその内容の遺言書を書いてもらってください。


上記のような対応策は、親が生きてるうちはなかなかできないのが実情です。しかし相続のトラブルは年々増えているのも事実です。


自分の直面していることがトラブルに発展する確率が高い場合は、なるべく早めに家族でしっかり話し合ってください。また専門家に相談することもお勧めいたします。










会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ