2016/11/28 12:03:09

空家ビジネス!

空家を借上げるビジネスが増えているようです。空家のリフォーム代も借上げ業者が負担するケースもあります。




ある会社は下記のようなシステムで借上げしています。


・リフォーム代:想定家賃の42か月分まで負担


・契約期間:6年


・保証賃料:契約期間空家オーナーへ想定家賃の10%支払う


例えば、リフォームして貸し出せば月々20万円の家賃が見込める空家があるとします。


リフォーム代は20万円×42か月分=840万円となります。オーナーは20万円×10%=2万円を借上げ会社から受け取ります。6年間の収入は144万円となります。


ではオーナーがリフォーム代を負担して、自分で貸し出した場合はどうなるでしょう?家賃収入は20万円×12か月×6年=1440万円となります。リフォーム代840万円は自腹ですから、実質収入は1440万円−840万円=600万円となります。


借上げ業者に委託するより456万円収入が増えます。(実際には所得税がかかりますのでもっと減りますが…)


リフォーム代の手持ちがない場合でも、金融機関から借入れることができます。840万円を年率2.5%で6年間借りると、総額で約900万円です。収入は1440万円−900万円=540万円となります。委託するより396万円収入増です。



相続した空家をどうするか頭を悩ませてる方は多いと思います。空家の管理から手が離れて、その上多少でも収入が入れば御の字という方は、借上げ業者に委託されるのも良いでしょう。


しかし少しでも多く収入を得たい方は、専門家に相談されて他の方法も検討してみて下さい。












2016/11/23 17:31:47

高齢者運転!

高齢者の運転事故が連日ニュースになっていますが、私も被害にあってしまいました。といっても実質的な被害はないんですけど…。


先日目黒区の高級住宅地と言われる某所を運転してました。住宅街道路の角を曲がると車が止まっていたので、その車の数メートル後ろでストップしました。しばらく待つと突然バックし始めました。端に寄せるのではなく、真っすぐゆっくり向かってきました。私の車に気づいてないのかと思い、クラクションを鳴らしました。



それでも止まらないので数度続けざまに鳴らしましたが、結局止まらずコツンという音がしました。私は車を降りてその車のところに行きました。運転者は見たところ80代後半くらいのおじいさんでした。


おじいさんは降りるでもなく窓を開けるでもなく、口をポカ〜ンと開けて無表情で運転席から私を見てました。しばらく見つめあった後、私はなんとなく「これはダメだな」と思い、自分の車をチェックしに戻りました。


幸い傷もへこみもありませんでした。一応警察に電話して、現場に来たお巡りさんに説明しました。お巡りさんはおじいさんにも話を聞いていましたが、要領を得ないようでした。お巡りさんに「もうけっこうです」と言われたので、私は先に立ち去りました。


今回のおじいさん、わざととぼけたフリをしていたのかもしれませんが、クラクションも聞こえず耳が遠くなってる可能性もあります。もう免許証返納する時期の方ではないかと思います。


私もあと15年位でもみじマークです。今の感覚では、高速道路逆走とかブレーキとアクセルを間違えるなんて考えられませんが、今後自分の変化には注意していかなければなりません。











2016/11/20 18:50:53

ロンドン電話ボックス!

先日ロンドンの電話ボックス再利用のニュースを見ました。どこでも同じですが、ロンドンでも携帯電話の普及で利用者が激減しているようです。ですがいろいろな用途で再利用されはじめています。



いい雰囲気のボックスですね。ミニの個室オフィス、カフェ、図書館などとして利用が増えてるらしいです。こういうふうにオシャレだといろいろ利用イメージ湧きますね。日本に持ってくれば流行りそうですけど!


今思い出しましたが、渋谷公園通りにこんな感じの電話ボックスありましたね。(今もあるのかわかりませんが…?)



【相続1口メモ】


相続した空家を貸したいと思った場合、多くの家がリフォームを必要とします。そこでこのリフォーム費用を、税務上どう計上するかというのが問題となります。


リフォーム費用は税務上「修繕費」と「資本的支出」に分類されます。修繕費であれば、経費としてその年度の収入から差し引けます。


「資本的支出」となれば減価償却資産となり、耐用年数に応じて毎年必要経費として計上することになります。


「修繕費」となるのは、外壁・屋根など塗装・修繕したり、室内のクロス貼替するなど、維持管理や原状回復に要したと認められる費用です。しかし和式トイレを洋式にする、キッチンや浴室を今風の良質なものに新しくする場合などは「資本的支出」になると考えられます。


またシェアハウスに転用するなど、用途に合わせて間取り変更等のリノベーションした場合は全額「資本的支出」になる可能性が高いです。


どちらに分類されるかは収支に関わってきますので、専門家に相談してください。













会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ