2020/03/02 13:35:51

テレワーク‼

新型コロナウイルスの影響が拡大してますね。早く収束してほしいですがいつまで続くんでしょうか。


マスクがお店で全く買えないためamazonで購入しました。6枚で3000円でした。洗えるタイプなので、普通に買えるようになるまでこれでなんとなればと思います。


さてここのところで、ウイルス感染対策で有名企業が続々と在宅勤務を取り入れています。3月半ばまでという会社が多いようですが、状況によって長引くこともあるでしょう。



半ば強制的というかやむを得ずのテレワークですが、これについては働き方改革という意味で、ひょっとしたら良い方向に転がるかもしれません。


経営者が「テレワークで全く業務に支障がない」ないと判断すれば、ウイルスが収束しても一気に広がる可能性もあります。


私はテレワーク賛成です。必要な時だけ会社に行けば十分なんじゃないでしょうか。無駄な朝礼やどうでもいい打合せ、会議もしなくて済みます。


パワハラやセクハラは減りますし、通勤電車地獄も無くなるでしょう。都心で高い家賃を払って広いオフィスを借りる必要もなくなります。


オフィス街の風景も変わるでしょう。丸の内のエリートサラリーマンや新橋の酔っぱらいサラリーマンが消えるかもしれません。


不動産の需給状況も変わるでしょう。今は通勤に便利な駅近の賃貸物件が人気ですが、在宅勤務であれば駅遠くてもかまわないという人も増えるでしょう。


家を買うのも東京じゃなくてもよくなります。サーフィンが趣味の人は湘南や千葉に家を買って仕事するでしょう。ゴルフが大好きな人は茨木、栃木で安く家を買えます。


今まで全く見向きもされなかった場所が人気の街に変貌するかもしれません。資産価値の見方、考え方も変わってくるでしょう。


テレワークが進めば生活や生き方まで変わります。今回在宅勤務を取り入れた企業がどう判断するか楽しみです。


そういえば、1月末に数千人の社員の在宅勤務を早々に決めた会社の代表の方に、数百坪の土地を購入していただいたことがありました。こんな土地です。



全体敷地の中央に道路を造り、8区画販売予定でした。既に宅地造成も完了してました。これを道路部分も含めて、まとめてポンっと購入していただきました。ぜひテレワークを推進していただきたいと思います。



【相続1口メモ】


私道の相続税評価についてです。世の中にはたくさんの私道があります。上の図の開発道路も私道でした。こういう一部の人が使用する私道は相続税評価の対象となります。


私道部分を宅地と同じ計算方法で評価額を算出し、その評価額から70%減額します。例えば私道評価額が1億円とすると、


1億円×(1−70%)=3000万円


となります。1人当たりの私道持分が1/8とすると、


3000万円×1/8=3,750,000円


が相続財産に加算されます。



相続財産に加算されない私道もあります。こういう私道です。



通り抜けができて、不特定多数の人が利用している私道です。こういうケースでは評価額0で相続財産に加算されません。


ただし、私道の入口・出口に「関係者以外通り抜け禁止」といた柵などをすると財産となる場合があります。












2020/02/23 20:54:42

ウイルス OH MY GOD‼

ウイルス感染が広がってますが、私の周辺ではまだ緊迫感は感じません。でしたが、先日ちょっとした場面に出くわしました。


某駅の階段を降りてるとき、私の横を歩いていた男性A氏が軽く咳きこみました。A氏はマスクをしてませんでした。


すると私の前を下っていた男性B氏(マスク着用)が振り返ると、A氏を凄い顔で睨みつけました。A氏はB氏を気にすることなく淡々と降りていきました。B氏は立ち止まってしばらくA氏を見ていましたが幸いトラブルに発展することはありませんでした。


わたしはちょっと緊張しましたが、揉め事にならずホッとしました。こういう場面が増えないことを願いつつお客様の家に向かいました。




お客様のマンションにはリフォームの打合せのために伺いました。リフォーム屋さんとあれこれ検討し、方向性が決まったところでウイルス影響の話が出ました。


中国で作業が止まっているため、住宅設備機器(キッチン、トイレ、ユニットバス、洗面台等々)がいつ納入できるか全く不明とのこと。


「なるほどこういうことかぁ〜」とウイルスの威力に直面しました。早く収束してほしいと切実に感じた日となりました。













2020/02/21 19:27:13

賃貸募集開始‼

2部屋賃貸募集開始しました。西荻窪駅徒歩5分と好立地です。コンクリート打ち放しの建物です。お問い合わせお待ちしております。


https://www.athome.co.jp/chintai/6970185363/?DOWN=5&BKLISTID=005LPC&sref=list_simple&bi=heya



https://www.athome.co.jp/chintai/6970181843/?DOWN=5&BKLISTID=005LPC&sref=list_simple&bi=heya



【相続1口メモ】


前回「空き家譲渡特例」の1つのケースを説明しました。1つに敷地に用途が異なる建物があり、柵などで区分けされてる場合でした。



内容は前回ブログをご覧ください。今回は生け垣や柵等が無い場合です。





生け垣などで区切られてる場合は、生け垣の内外の敷地面積で按分すればよいわけですが、区分けされてない場合は計算方法が変わります。


建物の水平投影面積(簡単に言うと建ぺい率です)で按分します。自宅の水平投影面積は1Fの100uです。アパートは50uです。


建物を解体して24000万円で売りました。アパート敷地に該当する価格は


24000万円×50u(アパート投影面積)/「100u(自宅投影面積)+50u(アパート投影面積)」=8000万円


自宅土地に該当する価格は


24000万円×100u(自宅投影面積)/(100u+50u)=16000万円


となり、価格1億円以内という条件から外れてしまいますので、空き家譲渡特例は適用されません。


ちょっとしたことで税額が数百万円変わることもあります。現状を把握し将来の対策を立てましょう。








会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


12345

このページのトップへ