2018/10/30 20:07:22

相続1口メモ‼

【相続1口メモ】


「空き家譲渡の3000万円控除の特例」が適用できるか否かについて、空き家を相続されたお二人の方からご相談がありました。


お二人の被相続人はどちらも病院で亡くなられました。入院期間はお一人は2ヶ月、もう一人の方は約2年入院されてました。


このケースで空家譲渡特例が適用できるかどうかですが、主な適用条件をおさらいしたいと思います。


・被相続人が1人で居住していた家屋であること


・被相続人が亡くなる直前において、居住の用に供されていた家屋


他にも売却価格の上限、旧耐震の家、売却期限等々の条件はありますが、大原則は「被相続人が1人暮らしをしていた家で亡くなった場合」です。


例えば、空き家はそのままで老人ホームで亡くなった場合は適用されません。生活の拠点が老人ホームに移っているからです。


では入院はどうでしょう?病院は病気を治すための一時的な施設です。病気が回復すれば家に戻って生活することになります。なので生活の拠点はあくまでも自宅の家ということになり、特例は適用されます。


ご相談に来られた方の被相続人の入院期間が2年と2ヶ月で差がありますが、これは関係ありません。あくまでも病気が治れば家に戻ることが前提であればよいことになります。


ただし、入院中自宅に誰かを住まわせたりした場合は適用されませんので、ずっと空家の状態を保ってください。











会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ