2019/02/19 18:09:12

地主承諾書 つづき‼

前回の続きです。申し訳ありませんが前回ブログを再度お読みください。2日以内に掲載すると言いながら3日目になってしまいました。申し訳ありません。



借地権付き建物を金融機関からの融資を受けて購入する場合、多くの金融機関は、土地賃貸人である地主さんに「承諾書」を求めます。


承諾書の内容は簡単に要約すると、「土地賃借人が地代を滞納した場合、借地契約を解除する前に金融機関に知らせてくださいね」というものです。


なぜ承諾書を求めるか? 借地人が融資を受ける場合、金融機関は当然建物を担保に取り抵当権を設定します。


融資した後、借地人が地主さんに払うべき地代を一定期間滞納すると、地主さんは借地契約を解除します。解除されてしまうと、銀行が担保に取っていた借地権は消滅します。消滅すると売ることもできないし、競売にもかけられません。つまり融資したお金を回収することができなくなります。


そうなっても借地人がローンだけは払ってくれれば良いですが、地代を払えないということはローンも払えないというのが普通の流れでしょう。


そこで承諾書のとおりに地主さんが銀行に、「借地人が地代を滞納してきてるよ」と教えてくれれば、銀行は借地人に代わって地代を払います。


銀行は借地契約を解除されないように、地代を払いつつ競売の手続きをして融資金を回収するということになります。


では地主さんがこの承諾書の約束事無視して、地代滞納を銀行に報告せず借地契約を解除したらどうなるか?


長くなったのでまた次回にします。次は必ず2日以内に掲載します。たぶん…・。・











会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ