2019/05/12 20:02:25

相続1口メモ‼

【相続1口メモ】


今回は下図のような遺産分割について説明いたします。




相続人A,Bは母が亡くなった後、空き家となった両親の自宅を売却するためA,B共有の相続登記をすることにしました。


この場合の相続登記の原則は、父が亡くなった時に、母・A・Bで遺産分割を行い、その内容で相続登記をします。次に母の相続の時に、A・Bが遺産分割をしてその通り相続登記をします。


しかし父が亡くなった時に遺産分割をせず、そのまま母も亡くなってしまうというケースが多々あります。


この場合は、父の相続時に遡り、AとBが母の地位承継人として2人で遺産分割を行い、その内容で相続登記をします。さらに母の相続財産について2人で遺産分割をし登記を行います。


原則は上記の通りですが、2回の相続登記を1回の登記申請で行うことも可能です。


どうするかというと、一つの遺産分割協議書の中に、「父の相続時には母が単独で父の財産を相続した」という旨と、母の財産の遺産分割協議をした内容を記載し登記申請を行います。


1回の登記で済めば登記料も1回分となり節約できます。不動産の評価額にもよりますが、数十万円減ることもあるでしょう。


次にA・Bが空家となった両親の自宅を売却する場合に、「空き家譲渡特例」が使えるかどうかですが、原則通り2回相続登記をしていないと適用されないかというとそんなことはありません。


遺産分割協議書の中に、父から母が相続したという記載がありますので、母が自宅の所有者であったことがこれで証明できます。1回の相続登記でも適用されます。


但し、「空き家譲渡特例」についてはいくつかの適用条件があります。長くなりますのでここでは説明記載しませんが、専門家に相談し確認してください。









2019/05/08 17:40:00

晴海フラッグ‼

築地にお住いのお客様を訪問した帰りに、オリンプック選手村「晴海フラッグ」の現地を見に行きました。皆さんご存知かと思いますが場所はこちらです。


https://www.31sumai.com/mfr/X1604/#!/map


今までこの選手村にあまり関心がなかったのですが、先日マンション市場動向調査会社の社長から「晴海フラッグ」についてのお話を伺い、かなり興味を持ちました。


1つ目です。この土地は都がデベロッパー11社に売却しました。この売却価格が安すぎるとして住民が提訴しています。


内容は「妥当額と1200億円差額があるので、都知事はデベロッパー11社に1200億円を支払うよう請求せよ」というものです。どちらが正しいのか分かりませんが、どういう判決になるのか興味深いです。


2つ目ですが、この選手村は5600戸中4000戸が分譲マンションとして販売されます。販売は今年の7月下旬から、複数回に分けて開始される予定だそうです。


オリンピック期間中選手が使用しますので、実質的には中古マンションとなります。ですがオリンピック後約450億円かけて改装されるそうです。1戸当たり約800万円ですのでフルリフォームされるという感じです。新築同様と見てよいでしょう。


なおこの改装費450億円は都が負担するそうです。さらにオリンピック期間中の家賃を都がデベロッパーに支払うそうです。38億円ということです。1戸当たり約68万円です。


デベロッパーにとっては、改装費を負担してくれて家賃ももらえるとなると、かなりおいしい話なのではないかと思いますがどうなんでしょう?


3つ目は分譲価格です。晴海フラッグの分譲単価は坪200万円台後半らしいです。(もちろん販売されるまで分かりません)


近隣の新築分譲単価は300万円台半ば付近らしいので、晴海フラッグは割安だそうです。部屋の面積にもよりますが、1戸1000万円以上安いかもしれません。


もし購入できて転売すれば儲かるか率は高いそうです。数年間転売禁止条件が付く場合もありますので、契約内容には注意してください。


といったお話を伺い、どんなところだろうと気になったので現地を見に行きました。以下写真です。








今日現在の様子です。興味持たれた方はぜひ現地をご覧ください。








会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ