2019/06/30 21:43:51

キャノン様様‼

数日前のこと、翌日の売買契約、翌々日の残金決済に備え、作成済みの関係書類を印刷しました。まず重要事項説明書2部、合計A3用紙20枚程度プリントアウトしました。


印刷後見てビックリ、紙の上部分幅10p程度黒い汚れでビッシリ。1度に印刷する枚数が多すぎたのかと思い(冷静に考えればそんなことないんですが…)、とりあえず3枚で印刷してみました。


当然ながら結果は変わらず汚れたまま。これ以上自分ではどうしようもないのでメーカーに修理依頼をしました。2時間後くらいにメーカーの人が見に来てくれました。


結局ある部品が寿命ということでしたが、なんと部品交換は翌日になるとのこと。「Oh,My God、イヤイヤイヤ、明日契約なのですぐ交換してもらわないとムリムリムリ」と心の中で叫びながら、必死にお願いしました。


メーカーの人は再度担当部署に電話してくれました。10分〜15分ほどして担当部署から連絡があり、3時間後くらいに交換に行けるという返事。私は十字を切って神に感謝しました(ウソです)。


メーカーのキャノン様本当に助かりました。ありがとうございました。1年以内にコピー機を買い替える予定です。またキャノンさんにしたいと思います。その時はギリギリまで安くしてください!



【相続1口メモ】


今回は注意が必要な遺産分割の事例です。亡くなった親の敷地を分割して相続した事例です。下図をご覧ください。



親の自宅を相続したAさん、Bさん兄弟は、敷地をA、Bのように分割して相続しました。親と同居していたAさんは、親が住んでいた古家も相続しそのまま住むことにしました。


Bさんは、別の場所に家を構えていました。相続したB地は亡くなったご両親が庭として利用してました。Bさんは将来貸家でも建てるか、売却しようと考えていました。


ここで問題は、建物がB地に越境していることです。Bさんは分割時に建物が越境になると分かっていましたが、建物所有者が兄弟であり、その家も自分が育った家でもあるのであまり深くは気にしませんでした。


しかし今後B地に家を建てる場合制限がかかってしまいます。B地面積150u、A建物越境部分面積20uとします。容積率が100%の地域とします。


A建物の越境がなければ、B地に延床150uの建物が建ちます。でも20u越境部分が差し引かれますので、建築確認対象面積は130uとなり、建物も延床130uまでしか建てられないこととなります。


売却する場合でも、売却面積は150uですが、実質利用価値のある部分は130uですので、その価格でしか売却できません。


20uというと約6坪です。坪単価200万円の場所であれば、単純計算ではありますが、1200万円価値が下がることになります。すべての原因は、安易に越境を認めて遺産の土地を分割したことに因ります。


いろいろ事情がある場合もありますので仕方なく分割することもあるでしょうが、先々のことも考えて、専門家と相談しながら遺産分割を進めてください。










2019/06/23 23:08:12

3階建プラン‼

不動産のネット広告やチラシに、売土地の参考建築プランとして、3階建ての間取りが掲載されていることがあります。下図は1例です。




小さめの土地でも、建蔽率や容積率が大きめ(建蔽率:60%、容積率:200%など)であれば、3階建てで3LDKのプランが可能となります。3人、4人家族でも住める大きさです。


ただ通常広告に掲載されているのは、上図のような平面図のみです。断面図のような各階の天井高の寸法が記載された図面は掲載されません。


各用途地域には、高さを制限する規制があります。それが斜線による規制です。建ぺい率・容積率が大きめの住居地域に、第1種・第2種中高層住居専用地域があります。


この地域は緩めの北側斜線とは別に、高度地区が指定されています。通常第2種高度地区となっている場合が多いです。下図のようになります。



ご覧のように北側斜線制限より、高度地区による制限の方が厳しくなっています。そして厳しい方が適用されます。


図のように、3階は北側に行くほど空間の高さは低くなります。天井がフラットではなく斜めになってしまう場合があるのです。(もちろんプランによります)


広告で平面プランが気に入ったとしても、各フロアの高さも確認するようにしましょう。不動産会社の営業マンでは多分説明できないと思いますので、専門家に相談するのが確実です。








2019/06/19 21:08:13

睡眠導入本‼

数年前から新作が発売されると買っている本があります。こちらです。



勿論面白いというのもありますが、わざわざ定期的に買うという一番の理由は、寝つきが良くないときに「ゴルゴ13」を読むと何故か数ページで眠りに落ちます。


小説等活字の本もいろいろ試してみましたが、何よりこれがダントツです。おそらく私だけの現象なのでしょうが、寝つきが悪いとお悩みの方は一度試してみてください。



さて巷では、大物芸人のTさんが離婚の財産分与で100億、200億の莫大な財産を元妻に渡したなんて言うのが話題です。


婚姻中に築いた財産は夫婦半々というのが基本です。いろいろ事情を考慮しても多すぎる財産分与には贈与税がかかるという判例もありますので、Tさんの場合どうなんだろうと、ちょっと気になってしまいます。まぁ大きなお世話なんですけど…。


一般庶民でも離婚時に財産分与というのは当然起こります。昔購入した自宅を奥さんに渡して、ご主人一人で出ていくというケースもあるでしょう。


不動産を奥さん名義にする場合注意点があります。それは譲渡税がかかる場合があるということです。


昔2000万円で買った家が現在の時価で4000万円になっているとすると、単純に2000万円に譲渡税がかかり、家も失くしさらに税金も取られるという踏んだり蹴ったり状態になってしまうこともあり得ます。


ただご主人が居住していた家を渡す場合は、「居住用財産の3000万円特別控除」が適用されます。譲渡益が3000万円以下であれば譲渡税は0となります。


セカンドハウスや賃貸用マンション等、居住用以外の不動産を渡す場合は控除特例等はありませんので、専門家に相談しよく理解してから渡すようにしましょう。


また家を受け取る側も注意が必要です。「家を譲る」という条件で離婚が成立した場合は、すぐに登記名義を変更してください。ご主人名義のままにしておくと、勝手に他人に売却されてしまう可能性を残してしまいます。


また住宅ローンが残っている状態で受け取る場合も要注意です。「ローンは払い続ける」という条件で離婚したとしても、養育費と同じで払わなくなる人も多くいます。


ローン滞納⇒銀行から督促⇒差押⇒競売⇒立退き という最悪の事態もあり得ます。ローン付きで受け取る場合も専門家によく相談し、最悪のケースも想定し対策を立てておくことが重要です。










会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ