2020/06/06 19:07:06

今は言えない‼

2,3日前、なかなか決まらなかったアパートの1室に入居申し込みが入りました。ところが、今日午前中キャンセルの電話がありました。


大家さんに報告しようと思っていたちょうどその時、大家さんが来社されました。美味しそうなカレーを買ってきて下さいました。



キャンセルは言えませんでした。



【相続1口メモ】


今回は債務の相続についてです。例で説明します。



父が亡くなり、相続人A,B、Cで遺産分割協議を行い、図のように相続財産を決めました。


長男Bがアパートを相続し、まだ返済が残っているアパートローンも支払っていくことにしました。


もしBさんがローンの支払いを滞らせたらどうなるでしょうか?金融機関はAさんやCさんにも支払いを求めます。


AさんとCさんが、「Bが相続したのだから私たちに支払う義務はない」と金融機関を追い払おうとしても無駄です。


債務は遺産分割の対象とならず、法定相続分に応じて支払い義務を負うからです。相続人同士で取り決めをしても債権者には関係ありません。


ではBさんがローンを引き継ぐにはどうすればよいのか。相続時に、Bさんがローンを払うことを金融機関に承諾を得る必要があります。


金融機関はBさんの支払い能力を審査します。審査が通ればBさんと金融機関で契約書を交わします。そしてAさんとCさんは債務から免れることになります。


相続時に債務がある場合は十分気をつけましょう。












2020/06/03 19:26:38

アベノマスク再び…‼

会社のメールボックスを開けたらアベノマスクが入ってました。事務所使用なので住民登録はしていません。どういうことなんでしょう⁇


自宅にはとっくに届いてます。返却すべきなんでしょうか。配布は1世帯1セットかと思ってたんですが違うんですかね。


ひょっとしたらと思い、大家さんが物置として使用してる部屋の郵便受けを確認したら案の定入ってました。


先日退去した部屋の郵便受けにも入ってました。退去した方はセカンドハウスとして利用されてたので住民登録されてません。


近くの管理アパートに行きました。数か月前から空室なっている部屋の郵便受けにもありました。


つまりチラシのポスティングと同じなんですね。郵便受けがあればとにかく突っ込むという方針なんでしょう。アベノマスク大盤振る舞いです。




【相続1口メモ】


今回も、相続した空き家敷地を、価格1億円を超えて売却した場合でも空き家譲渡特例を適用できるケースをご紹介します。


空き家敷地を分けて時間差で売却します。分けられない敷地は今回の手法を使えませんのであきらめてください。


下図の例で説明します。



1つだった敷地を2つに分けます。特例適用期間内(相続開始から3年後の12月31日まで)に半分売却します。売却価格は8000万円とします。


この売却で空き家譲渡特例を使い、課税所得から3000万円を控除します。次に残地を売却するわけですが、問題は売却時期です。



最初の売却から3年を経過する日の属する年の年末までに売却(残地売却A)してしまうと、合計価格1億6000円(残地も8000万円で売却したとします)となり1億を超えてしまいます。そうなると、最初の売却で使った特例はなかったことになり修正申告をしなければなりません。


しかし、最初の売却から3年を経過する日が属する年の大晦日(12月31日)を超えた後(残地売却B)売却すれば、最初の売却について修正申告は必要なくなります。晴れて無罪放免となります。


時間はかかりますが、数百万円節税になる場合もあります。専門家とご相談してください。











会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ