2020/08/12 17:42:10

熱中症対策‼

猛暑が続いておりますが、こんな日々の中でも夜ジョギングしています。



ところが今夏は走っててかなり苦しいです。いつも夏はきついのですが、今年はいままでと比べ格段でした。「いいかげん年かなぁ、もう夏走るのやめようかなぁ」と考えてました。数日前までは。


1週間ほど前、仕事中突然牛乳が無性に飲みたくなりました。コンビニに行って1ℓパックを買いました。数か月ぶりに飲みましたが、異常においしく感じ一気に2/3ほど飲んでしまいました。


その日もジョギングしました。苦しさが大きく軽減されました。例年並みです。この時は牛乳との関連性は分かりませんでした。(今もわからないんですけど)


牛乳は引き続き美味しいので継続してます。そして楽に走れるというサイクルも続いてます。ひょっとして牛乳って暑さに効果的?という閃きがあり検索してみました。


するとこんな記事がありました。


https://allabout.co.jp/gm/gc/465169/


熱中症対策に運動と牛乳は相性が良いようです。ちなみに私のおすすめ牛乳はこちらです。1ℓ200円以下のモノしか買いませんがこれが一番おいしいと思います。



(あくまで個人の感想です)



【相続1口メモ】


前回の続きです。孫養子の相続税についてです。今回は下図のような事例です。



孫Dを養子にした後、父より先に実子C(Dの父親)が亡くなってしまいました。この後父が亡くなった場合の相続税の計算をしてみます。


まず孫養子Dの立場ですが、父の子(養子)であると同時にCの代襲相続人でもあります。つまり2重(2人分)の相続資格者となります。それぞれの法定相続分は、


母A:1/2


長男B:1/2×1/3=1/6


D:1/2×1/3×2(2重資格)=2/6


となります。


次に基礎控除ですが、Dは2重資格はありますが相続人としては1人です。基礎控除の計算は2人分とならず1人分となります。基礎控除額は、


3000万円+600万円×3人(A,B,D)=4800万円


課税財産価格は3億円です。


3億円−4800万円(基礎控除)=25200万円(相続税計算対象額)


Aの仮相続税は、


25200万円×1/2(法定相続分)=12600万円


12600万円×40%−1700万円=3340万円


Bの仮相続税は、


25200万円×1/6(法定相続分)=4200万円


4200万円×20%−200万円=640万円


Dの仮相続税は、


25200万円×2/6(法定相続分)=8400万円


8400万円×30%−700万円=1820万円


相続税額は


3340万円+640万円+1820万円=5800万円


となりました。


Dを養子にする前の相続税が5720万円(前回ブログを参照ください)でしたので、こういうケースになってしまうと養子の節税効果はありません。2次相続まで計算しないと何とも言えませんが。


ちなみに、孫養子が代襲相続人を兼ねる場合、 孫養子の相続税2割加算は不要です。












会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ