2020/12/30 20:27:04

戸建て希望上昇‼

某住宅ローンコンサルティング会社の調査によると首都圏で戸建て派が上昇しているようです。


コロナ前は26%だった戸建て希望者が、コロナ後は44%に増えてるそうです。18%増ですからかなりの上昇率です。



リモートワークに普及により、価格の高い都市部のマンションから、価格も抑えられワークスペースも確保できる郊外の広い戸建てのニーズが高まっているようです。


しかし安さとスペースを望むのであれば「郊外の広いマンション」でもよいはずです。なぜ戸建てなんでしょうか?庭がほしいんでしょうか?コンクリートより木のぬくもりなんでしょうか?


戸建て派のはっきりした理由が知りたいところです。



【相続1口メモ】


敷地内に古いアパートがある方から相続節税相談を受けました。



(写真と本文は関係ありません)


こういうケースのオードックな対策として、アパートの建物だけを子に生前贈与するというのがあります。


古い建物は固定資産税評価額も安くなっているので、贈与税もさほどではありません。これを土地付きで贈与すると、都市部は土地価格が高いので贈与税負担も大変になります。


建物評価額800万円として贈与税を計算してみます。まず相続税評価額は、


800万円×(1-30%)=560万円(貸家による借家権割合評価減)


贈与税は、


(560万円−110万円)×20%−30万円=60万円


登録免許税は、


800万円×20/1000=16万円


不動産取得税は、


800万円×4%=32万円


合計108万円


が取得時にかかります。


家賃が50万円/月とすると、2か月ちょっとでチャラですので子供にとってもおおきな負担ではないでしょう。


また、親が受け取っていた家賃が子に移るので、将来の親の現金遺産が減り相続税も減額できることになります。


ただ子が現在高所得の場合、家賃収入が加算されることにより税率が上がってしまうことがあります。


慎重に計算したうえで行ってください。他に注意点もありますが続きは次回にします。















2020/12/27 19:27:31

高評価のしくみ‼

弊社は27日から年明け6日(水)まで冬期休暇とさせていただきます。



継続中の仕事がありますので数日は出社することになりそうです。


さて年末年始は寒くなりそうです。天気予報を見ますと30日からしばらくは最高気温が10℃未満となっています。気が重くなりました。


そんなわけで電気ファンヒーターを通販で買いました。




いろいろ見て最終選考に2つ残りました。どちらにするか決心がつかず、結局2つとも買いました。合計でも6,000円ちょっとでした。


1つの製品の箱の中にこんなものが入ってました。



10日以内にメールかLINEを送れば2000円分のギフトカードをもらえると書いてありました。


早速ラッキーカードを添付してメールしました。すぐ返信が来て、製品名と注文番号を要求されました。それらを記載してまたメールしました。


また返事が来て、今度は製品の高評価レビューを書けとのこと。高評価レビューを先方が確認出来たらギフト券を発行するというものでした。


「なるほど、こういう仕組みになってるのか」と理解しました。製品に不満はなかったので書いてもいいかなと思いましたが、バカバカしくなってやめました。(レビューなんて書いたことがないので面倒くさいというのも大きな理由ですが…)


これまでもレビューをすべて信用していたわけではありませんが、かなり参考にしていたことは事実です。これからはさらに割り引いて見るようにします。












2020/12/21 21:13:58

涼しい電車‼

一昨日の日曜日、オーナー様の依頼を受け足立区のアパート調査に行きました。



(写真と本文は関係ありません)


JRと地下鉄を利用したんですが、車内寒かったです。換気のために窓の一部を開けてましたからね。まぁ仕方ないんですけど。


例年外は寒くても「電車までの我慢」という希望があたんですが、今冬はあきらめました。寒さにとことん弱いのであと3か月ずっと我慢になるでしょう。



【相続1口メモ】


前回ブログで2組の方からご相談を受けたことを書きました。どちらも訴訟寸前とのことでした。


ほかにも2組(こちらは既に訴訟中)の方からご相談を受けました。直近約3か月で4組の方から係争中案件のお話を伺っています。


たまたま時期が重なったということなんでしょうが、これまでになかったことなのでちょっと驚いてます。


1組の方は遺産に関する争いです。なんでも弁護士さんから答弁内容をまとめるようにと宿題を出されてるようで、私に一緒に考えてほしいと要請されました。


数十ページの訴状を読み、持ってる知識を駆使して考えました。答弁内容って弁護士さんが考えるものなんじゃないんですかね、そのための高額報酬だと思うんですがよくわかりません。


もう1組の方は不動産瑕疵担保責任(現在は契約不適合責任に変わってます)の争いです。


「物件状況報告書」にもしっかり記載・説明されてますし、これで争いになるのかというような内容です。


こちらの問題は、取引を仲介した不動産会社が全く関与しようとせず知らん振りを決め込んでいることです。


もちろんどうにもならない場合もありますが、出来る限り売主・買主が理解しあえるよう行動することは必要と思います。そのための仲介業務なのではないでしょうか。


今回は相続と関係のない内容となってしまいました。申し訳ありません。





















会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ