2021/03/03 20:33:24

リノベ中のお申込み‼

まだリノベーション工事途中ですが、マンションのお申し込みをいただきました。



出来上がりの仕様説明にご納得いただけました。まだ工事は約1ヶ月程度続きますのでしっかりチェックしていきます。



【相続1口メモ】


不動産譲渡税の知識が不足してますと、払わなくても済んだはずの税金を収めることになったりします。


こんなケースがあります。ご主人が亡くなり、奥さんが自宅を相続し1人で住んでいました。


家は古いし1人では広すぎるため、「シニア向け賃貸住宅」に引っ越しました。引っ越し先はとても快適で、もう自宅には戻らないと決めました。


子供たちとも相談し売却することに決めました。決めてはみたものの、いろいろ考えると面倒くさくずるずると時間が経ちました。


引っ越しから4年経過したところで、やっと重い腰を上げ売却に踏み切りました。3か月後売買契約が成立しました。税理士に譲渡税申告の依頼をしました。


その税理士からショッキングな話を聞き、奥さんはとても落ち込みました。その話の内容とは、「もし1年前に売却していれば譲渡税が大幅に減りましたよ」


どういうことか簡単に説明します。まず図をご覧ください。



この図で、奥さんが2018年の途中でシニア住宅に引っ越したとします。4年経過後の売却ですので2022年に売却したということになります。


もし2021年末(自宅に住まなくなってから3年後の年末)までに売却していれば譲渡所得から3000万円が控除できました。さらに軽減税率が適用され、税率は約14%で済みました。


仮に自宅の売却価格が6000万円だったとします。取得費や売却経費控除後の課税所得は5000万円だったとします。事例での税率は約20%となります。計算すると譲渡税は約1000万円となります。


もし1年前(2021年末)に売却していれば…


税額は、


(5000万円−3000万円)×約14%=約280万円


となり、約720万円も譲渡税が少なかったのです。売却すると決めたら早めに専門家に相談してください。


次回はまた違うケースを紹介します。










会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ