2017/03/31 18:27:58

不動産小説!

先日久々に本屋さんに行き、不動産取引にまつわる話が書かれた短編集を買って読みました。



主人公は投資マンション購入者、アパート入居者、大家さん等々です。悪知恵を働かす不動産屋も登場します。


執筆者の方は不動産取引に精通されてるのか、あるいは細かく調査されたのか分かりませんが、手続きの流れや購入経費などが詳細に書かれています。日常不動産業務を行っている私としては生々しすぎてやや気持ち悪くなりました。


しかしこれから不動産を購入しようと考えていらっしゃる方々には良い参考になるかもしれません。




【相続1口メモ】


今回は名義預金のお話です。名義預金として税務署からよく指摘されるのがヘソクリです。


専業主婦がご主人の給料を全部任され、ご主人にはわずかのお小遣いを渡し、残ったお金で家計をやりくりし、さらに残ったお金をヘソクリとして貯めこんだとします。年間100万ヘソクリができたとして20年で2000万、30年で3000万です。


結婚して40年後ご主人が亡くなり相続が発生したとします。相続後2年くらい経ったころ税務調査が入りました。調査で奥さんの口座の3000万円が発覚します。


当然税務署はどうやって貯めたのか尋ねます。専業主婦は仕事の収入はないですから、亡き主人に毎年100万円もらったと答えます。さらに「年間110万円までの贈与は無税ですよね」と付け加えたりします。


税務署は「贈与契約書はありますか?」と聞きます。奥さんは「夫婦で契約書なんか作りませんよ」と答えます。(本音は、「内緒のヘソクリなんだから契約書交わすわけないでしょ…・。。・」)


結局奥さんは贈与があったことを証明できません。そうなると税務署は、ヘソクリはご主人が稼いだ給料が原資であり相続財産と判定します。奥さん名義の口座預金であっても、実質的にはご主人のお金であり名義預金と見做されることになります。


次回違うパターンの名義預金をご紹介します。















コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ