2021/04/30 20:23:34

配偶者居住権 その2

【相続1口メモ】


前回、夫が亡くなった後、妻の自宅居住権を守るという立場から「配偶者居住権」を説明しました。


今回は、夫の事情・感情からの「配偶者居住権」利用です。


最初は先祖から引き継がれた不動産を守るための事例です。図をご覧ください。



図のようなとき、代々続く自宅を法定分で相続すると、妻と夫親族(兄弟姉妹・甥・姪)の共有になります。(子供がいれば妻と子だけの共有となります)


共有状態のまま妻が亡くなると、妻が所有する家の持分は妻の親族が相続します。妻の持ち分は夫の親族のそれより圧倒的に多いです。つまりご先祖様から引き継いできた土地は、大半が他人の所有となるのです。


これを防ぐために「配偶者居住権」を利用することができます。生前に、「妻に配偶者居住権を遺贈する。所有権を弟〇〇に相続させる」という内容の遺言書を作成しておくことです。


将来妻が亡くなれば、配偶者居住権は消滅し、夫親族の所有権だけが残ります。先祖の土地は守られます。



次に感情的な利用です。夫婦仲が悪い場合です。



夫婦仲が悪くても、離婚もなかなかできないということもあります。夫は持病があり、妻より先に逝くことはほぼ確実といった状況もあるでしょう。


妻には一切財産を遺したくないので、全財産を子供や親族に遺贈するという遺言書の作成を考えるでしょう。


しかし妻は遺留分の請求ができますから、一定の財産は渡ることになります。


「そんなことはとても我慢できない」という感情を抑えるために配偶者居住権が役に立つかもしれません。配偶者居住権を遺贈することにより遺留分侵害を失くす可能性があります。


配偶者居住権は、売って現金化することができません。他の財産が渡らなければ、家に住み続ける権利くらい仕方ないと思えれば効果はあるでしょう。



ネガティブな事例を紹介しました。気分を害された方には申し訳ありません。家族信託など他の解決策もあります。いろいろ事情のある方は専門家に相談してください。














コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ