2021/05/31 19:34:48

債務相続!

【相続1口メモ】


ローン付き不動産を特定の相続人に遺したいと思っても、思い通りにならないこともあります。図を見てください。



被相続人(夫)は妻に自宅・預金、長男に別荘、次男にアパート(2000万円ローン有)を相続するという遺言書を書いて亡くなりました。


次男への遺産をアパートに決めたのは、次男がなかなか定職に就けないため、将来を案じ長期の安定収益が見込めるアパートが良いと思ったからです。


しかし被相続人の思い通り遺産が渡るかというとそうならない可能性が高いです。ネックになるのはローン付きアパートです。


次男がアパートを相続したのですから、ローンの返済も当然次男1人でするものと妻も長男も思います。


ですが、貸し付けた金融機関はそんなこと知ったこっちゃありません。遺言書が有ろうと無かろうと法定相続分(妻:1/2,長男:1/4,次男:1/4)通りに債務を負担するよう要求できます。


次男は安定収入が無いわけですから、なおさら彼1人が債務者というのは認めないでしょう。そうなると長男は納得できず怒り心頭になることもあります。


債務付きの不動産を相続させるときは、遺言書を書く前に金融機関と良く打合せをし、きちんと承諾を得るようにしてください。











コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
(株)クローバー・リアル・エステート
免許番号
東京都知事免許(2)96214
代表者
金子 克明
所在地
1670053
東京都杉並区西荻南1丁目22−14アーブル西荻 102
TEL
代表:03-5941-3207
FAX
代表:03-5941-3208
営業時間
9:30〜20:00
定休日
水曜日 日曜日 祝日
夏季休暇  年末年始
最寄駅
JR中央本線西荻窪
徒歩6分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ