2019/05/29 9:16:30

相続対策として(家族信託の活用)

相続の対策として、生前贈与や成年後見制度などありますが、成年後見制度を使うと不動産の売却に家庭裁判所の許可が必要だったり、生前贈与では税金が発生したりします。


家族信託でも手数料は発生しますが、上記等の相続対策全般を考えた上で、相続人の同意が得られるようであれば家族信託を考えることも良い事かもしれません。


家族信託ですと今住んでいる家をまずは妻に、妻が亡くなったあとは息子さんに継承されるといったことも可能になってきます。


また、今所有している不動産を管理会社に任せたまま、認知症になる前に息子さん等に賃料の管理などを任せるといったことも可能です。


ただ、相続人の同意を得ないと亡くなったあとでもめる原因にもなりすので、家族信託をお考えの場合には専門家に間に入ってもらい説明してもらうのが良いかと思います。


ご自宅まで出張も可能です。お問合せください。





2019/05/24 12:13:25

ゲーム機(遊戯設備)の風営法許可について

ゲーム機を設置するのも風営法の許可が必要な場合があります。


機種や面積によって風営法の許可が不要な場合もあります。


最近ではダーツの設置は風営法の許可が不要になりました。


風営法の許可が必要ということかは出店できない場所があるという事です。


知らずにに契約をしてしまうと大変な事になりますので物件探しから安心してお手伝いできる当社にお任せください。


ラグビーワールドカップやオリンピックに向けて警察の立ち入りも増えてくることが予想されます。法令違反は罰則がありますので、遵守しましょう。


飲食店で深夜営業を行うにも警察署への届出が必要です。準備の忙しさに追われて忘れないようにしましょう。


こちらもご相談ください。








会社概要

会社名
小林総合事務所
カナ
コバヤシソウゴウジムショ
免許番号
愛知県知事免許(2)0023375
代表者
小林 正樹
所在地
4600007
愛知県名古屋市中区新栄1丁目5−6スタービル7階705号
TEL
代表:052-756-0033
FAX
代表:052-756-0034
営業時間
10:00〜19:00
定休日
最寄駅
名古屋市東山線新栄町
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ