2018/08/26 12:18:18

融資承認〇〇%の行方...

今朝、とんでもない話題が記事になっていました。


https://www.asahi.com/articles/ASL8S5471L8SUUPI00C.html


スルガ銀行の融資実態の続きです。


シェアハウス融資の融資承認率が99%!


要するに「融資申し込みをすれば余程の事がない限りほぼ承認!」


というずさんな審査状況です。


こんな事は住宅ローンでもアパートローンでもプロパーローンでもあり得ない事です。



実際は融資が何らかの事情(本人等属性・物件担保評価等のあらゆる面)で本来は出来ないはずなのに対して、


無理矢理の状況で承認が出て借入実行をしているため、


今後「自己破産」等を含めてマイナスの方向も考えられると思います。



今回融資を受けたシェアハウス物件以外にも、


他の所有不動産(自宅等含む)や動産の差し押さえもあり得る話です。


この救済措置は国をあげて考えていかなければなりません。



そして今後ですが、


不動産投資はとくに「自己資金」がある程度なければ融資承認が出なくなります。


以前は金融機関によっては「自己資金0、諸費用ローン可能」というケースもありましたが、


今後はそれが通用しなくなると考えられます。


それには「自己資金」を増やすことを考えなければなりません。



・節約をする


・不動産投資以外に少額の投資をする


・副業を考える


・(相続があれば)生前贈与を受ける


等様々な方法があります。


今までは「サラリーマンならば不動産投資が出来る」という神話がありましたが、


(気分を害される方がいらっしゃると思いますので予めご了承ください)


融資基準が厳しくなる状況が正常な状況だと思いますし、


当たり前の事かもしれませんが、


・金銭等の資産が必要(上記にあるような節約等)


・時間が必要(自らが日々「隙間時間」等を作ること)


・努力が必要(自らの状況を把握する、不足部分は学ぶ等の自己投資に関する努力)


の3点セットが投資や資産を増やすのには必要不可欠だと思います。


余程の事がない限り、


今回のような「融資承認率99%」の時代はやってこないと私は思います。


これから不動産投資に限らず様々な投資を行おうと考えていらっしゃる方は、


この問題が逆に学びのきっかけとなると思います。


慎重な行動を行うようにしてください。


そして不動産投資を既に始めていらっしゃる方も、


今後の投資には「慎重になる」気持ちも必要です。


よく見極める事をしましょう。


そのアドバイスを私は今後とも行います。




【ブログ著者プロフィール】



安孫子 友紀


縁(えにし)合同会社 代表


http://www.enishire.com


https://www.zennichi.net/b/enishi-re/index.asp



20177月、東京都墨田区に事務所を構え、


同年9月より営業開始。


宅地建物取引業を中心に業務展開。



不動産の売買・賃貸・管理のみならず、


不動産活用の転用の等のアドバイス業務や、


移住・二住居政策の支援等も行っている。



メールでのご質問等も可能。


info@enishire.com



ブログ等の一覧は...


https://peraichi.com/landing_pages/view/enishire





【にほんブログ村に参加しております!】


もし宜しければバナーのクリックもお願い致します!


励みになります!


↓↓











会社概要

会社名
縁(同)
カナ
エニシゴウドウガイシャ
免許番号
東京都知事免許(1)101007
代表者
安孫子 友紀
所在地
1300001
東京都墨田区吾妻橋3丁目1−7ローヤルシティ本所吾妻橋 704
TEL
代表:03-6658-8180
FAX
代表:03-6658-8190
営業時間
10:00〜19:00
定休日
(毎週)火曜日・水曜日・祝日・GW・夏期・年末年始
定休日も対応可能です
最寄駅
都営浅草線本所吾妻橋
徒歩1分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ