2019/08/20 12:35:24

地産地消の新たな取り組み...

皆様、こんにちは!



太陽光発電の固定価格買い取り制度が11月以降に順次終了に関しての話題は以前より話題には上がっていて、今後どうするのか悩んでいた方もいらっしゃると思いますが、静岡市では「地産地消」を行うようです。


http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e9%9d%99%e5%b2%a1%e5%b8%82%e3%81%8c%e3%80%8c%e9%9b%bb%e5%8a%9b%e3%81%ae%e5%9c%b0%e7%94%a3%e5%9c%b0%e6%b6%88%e3%80%8d%e4%ba%8b%e6%a5%ad-%e5%ae%b6%e5%ba%ad%e3%81%a7%e4%bd%99%e5%89%b0%e3%81%ae%e5%a4%aa%e9%99%bd%e5%85%89%e9%9b%bb%e5%8a%9b%e8%b2%b7%e3%81%84%e5%8f%96%e3%82%8a/ar-AAG261l?ocid=ientp#page=2 (静岡市が「電力の地産地消」事業 家庭で余剰の太陽光電力買い取り)



今までは国に買取をお任せ、それ以外には「蓄電池」等という発想しか思い浮かびませんでしたが、地域と家庭が連携する事で良い意味での相乗効果があると期待します。


今回の事例のような学校のエアコン使用のための電力使用もそうですが、例えば公共施設や公園などの電灯、地域おこしのための電力使用等に利用すれば各家庭で地域に目を向けることも増えてくると思いますし、良い電力の使い方、無駄な電力を使わない、という意識改革も出来るかもしれません。


これは戸建だけではなく「一括受電と屋上等に太陽光発電設置してある」マンション等も取り組める方法だと思います。


一時某海外メーカーの電気自動車を借りる事で(違う意味で話題となった)地方自治体がありますが、レンタル費用はおいておいて、例えば国内メーカーの電気自動車を公用車としてレンタルする場合に、各家庭で余剰した電力を使用して電気自動車を利用する、というような発想をすれば、個々が自治体に目を向ける機会が増えて、良い意味で自治体と各家庭が連携してまちづくりをしていく事になるきっかけになると感じてます。



こういう取り組みは「住まい」意識も高めることになるのではないでしょうか。


自らの住まいで作られた電力を地域のために使う...、少し発想を変えた「地域貢献・社会貢献」に繋がっていくのだと思いますし、環境保護にも繋がっていくと思います。





【メルマガ読者募集しています!】


弊社メールマガジンではブログの内容以外にも、


・皆様の関心がありそうな事


・物件情報(売買・賃貸問わず)の一部


・求む!物件情報!など


をメインHP等に掲載前に先にお伝えする事も...!


よかったらご登録くださいませ。


ここをクリック→mail@r.enishire.com



【ブログランキングに参加しております】


いつもありがとうございます。


良かったらバナーに「ポチっ!」とお願い致します。


皆様の選択が励みになります!








コメントを投稿する

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。
その他ご利用上の注意点はこちらをご参照下さい。





会社概要

会社名
縁(同)
カナ
エニシゴウドウガイシャ
免許番号
東京都知事免許(1)101007
代表者
安孫子 友紀
所在地
1300001
東京都墨田区吾妻橋3丁目1−7ローヤルシティ本所吾妻橋 704
TEL
代表:03-6658-8180
FAX
代表:03-6658-8190
営業時間
10:00〜19:00
定休日
(毎週)火曜日・水曜日・祝日・GW・夏期・年末年始
定休日も対応可能です
最寄駅
都営浅草線本所吾妻橋
徒歩1分
メール送信はこちら
ログイン
 


このページのトップへ