2021/07/31 21:20:50

セキュリティー対策

セキュリティー対策について同業者の方々はどういう対策をしておられるのだろうと興味があります。前回の研修では「こういうことをしてはいけませんよ」とか「こんな仕組みがあるので利用しましょう」というのはいろいろ聞かせて頂いたのですが、危険予知については「お客さんは実は賢くずるい」ことは聞けたのですがセキュリティー対策については聞けませんでした。


僕のところなど狙ってメリットは少ないですが、お客さんの情報を守る必要もあって、ほんとびびってます。少なくとも僕のほうからひっかかりにゆくことは避けなければなりません。ひとつ注意してるのはパソコンを常に軽くしているということです。初期化もよくしてます。あと、ちゃんとしたセキュリティーソフトを有料で契約しています。なぜか勝手にウインドウが出てくるマカフィーとかウイルスバスターとかは使っていません。ややこしいメールも常に無視してます。外国語のメールは基本全て無視なのですが、今後どうしようか検討中です。


大企業で対策をとっていても狙われたら厳しいんでしょう?例えば僕がお客さんの情報をパソコンの中でだけ管理している時にランサムウェアとかで攻撃されたらどうなるか。おそらくですが、パソコンは使えなくなってパソコンに保存している情報にアクセスするにはいくら支払えみたいなことになるんだと思います。相手に情報が漏れるというわけではないんだと思います。僕なんかだとその代金とパソコンを買い替えるのとをはかりにかけるから、悪い人たちは大してうまみがないわけです。ですが、そのパソコンの情報がどうしても必要になってしまうとパソコンを買い替える以上の金額を支払ってでもパソコンを守る必要がでてきてしまいます。協会のクラウドシステムが使えるそうなのですが、これがパソコンと紐づけされたシステムなのか暗証番号か何かさえあればアクセスできるのか、とか知りたいです。


研修のときに業務に関する困りごと・質問を受け付ける電話窓口を聞いた気がするのですが、また電話してみようかな。これを読まれてる方でもし詳しい方がおられたら、またはうちはこういう対策取ってるよって方がおられたら教えていただけると嬉しいです。





2021/07/30 23:42:09

うれしい!

今日はじめてブログ読んでるよって方にお会いしました。あらためてきちんと書こうと思いました。


ブログで話すことは、公式発表と同じです。この前、僕は「高槻市のワクチン接種予約とれました」と書きました。ここで訂正というか、実はあれは自分の間違いだったとお伝えしなければなりません。僕は前回、医療機関のワクチン接種予約ができた!と言いました。高槻市に住んでおられるかたは「ん?」と思われたかもしれません。そうなのです。たしかに50歳以上は予約可能なのですが、集団接種会場のみ可能なのです。そして現在集団接種会場にはワクチンが回ってきておらず集団接種会場での予約はほぼ不可能な状態なのです。では何故僕が医療機関で予約ができたか。高槻市では基礎疾患のある方のみ現在医療機関で予約可能なのです。すなわち、その旨の説明書きをすっとばして読んで、「あっ50歳以上の確認ね」と思ってチェック欄にチェックを入れてしまったのです。簡単にできたよ的な間違った情報を流してしまい申し訳ありませんでした。予約のほうは高槻市に電話して既に取り消してもらっています。


今日はいつもとは違う職場でした。遠い上に始業時間がいつもより早いにも関わらず、いつもと同じ時間に起きてしまいました。普段が始業30分前には執務態勢に入っているので、間に合わない時間ではありませんでしたがかなり必死に自転車をこぐ必要があり、すると汗だくで電車に乗る必要があります。かつマスクですので、もう今日は原チャくんに頼ろうと思いました。この原チャくんは、昨日のブログにも登場した「いつも親切にしてくださってる方」から1万円で譲り受けたものです。ですがこういうときはほんとに頼りになります。始業20分前には席につくことができました。今日の業務はいわゆる代行です。本来そこの席で仕事をしている人物が休暇を取るなどして出勤できない場合に、業務に穴をあけないために充当されます。僕はAさんの仕事をサポートしつつ、充当要員にもなっているのです。僕はこの仕事の中でも一番長く携わっているので頼まれればなんでもできます。ですが以前今日と同様代行要員として行った先で所長などから頼まれた仕事をはいはい、といってこなしてたのです。すると本来そこで業務している人ができないこともやってしまい、「あの人はやってくれたのに」となって本来そこで業務をしている人の評価を落としてしまったのです。今でもその人は「きたむらさんは余計なことする」といって根に持っておられます。僕としては、ただ電話番のみの役割で行くなんておかしい、と思うのですが、これまた昨日のブログに登場したCさんに言わせると、それはお前が悪い、代行で行ったときはあったことを記録して引き継ぐ、これ以外をやったらあかん。といって僕を責めます。言わんとしていることはわからないでもありませんが、よかれと思ってしんどい思いをしてもそれは全く伝わらず、ただ自分に利をもたらしたか否かで他人を評価する人の方が多いことを思い知らされました。ですが、自分も想像力が足りなかったと反省しています。本来そこで仕事をしてる方にとってはそこは主戦場ですもんね。たまに代行でいった人間にかきまわされると嫌ですよね。僕自身が代行に来てもらったこともあり、そのときはお願いしていないこともやってくれたらすごく嬉しかったのですが、ひとそれぞれ感じ方考え方って違うんですね。


なので、今日は、こんなんでお給料もらっていいのかなってくらい何もしませんでした。こういう時です。早く今の仕事から宅建業に軸足を移さなきゃ、と思うのは。






2021/07/29 23:50:03

1曲くらい弾けるようになりたいな。

一応You-Tube先生はみたんです。でもですね、まずドの位置がどこかがわからないんですね。で、指の数って両手あわせても10本でしょう?なのに鍵盤ってゆうに20本以上あるんですよ。サッカーで言うと1人で2〜3人マークしなければならないんですよ!10分で弾ける!とか初心者でも大丈夫とかYou-Tube先生は言ってくれましたが、10分ほどで無理〜ってなりました。まま、ぼちぼち行こうと思います。それでないとせっかくうちに来てくれたのにピアノくん「えっ、もしかして、弾いてもらえないの?」ってがっかりすると思うんです。でも長い間調律もしてないと思うのですが、一応ドレミファソラシドって音がして、なんか昼間の仕事の嫌だったこととか癒された気がしました。当初の目的はビリージョエルのピアノマンでしたが、もちょっと目標下げよっかな。


えっ?聞いてくれます?仕事での嫌なこと。今日気持ちよく仕事してたんですね。そしたら総務の女性がやってきて、「ちょっと打刻してる?」と言います。「えっ、今日もしてますよね、いつですか忘れたの?」と言うと「全体的によ。こんなにも多いと本部から言われるよ」と言うので、「えっ、この前指摘されたからこうやって付箋はって忘れないようにしてるんですけど」と言うと「***したら打刻を読んでくれへんって知ってる」というので「初めて知りました」というと「いや、ゆってるし」といって、さらに周りの人に向かって「もうどっちが年上かわからへんわお父さん、いやお父さんちゃうけど」と大きな声で言って去っていきました。


もうひとつ聞いてくれます?これは今日の話ではないんですけどついでに聞いてください。僕の仕事はAさんの仕事をサポートする仕事です。今年からもう一人AさんをサポートするBさんが加わったんですね。Bさんは経験が浅いので仕事をたくさんできません。以前BさんのポストにいたCさんはいつも「暇やあ〜」と言って定時に来て定時に帰ってたのですが、そのCさんの仕事をしているだけです。今年に入ってAさんがBさんを責任者として任せた新しい仕事も全部僕がしています。先日Bさんに「Cさんのパソコン作業手伝ってくださいね」とお願いしたんですね。するとBさんはこれに対して「Cさん8月の予定表まだもらってないって言って怒ってましたよ」と僕に言うのです。予定表を配るのはAさんの仕事です。百歩譲ってAさんの仕事のサポートをする者に責任があるとしても、Aさんの仕事をサポートするのは僕とBさんなわけです。僕は最初言われた意味がわからなかったのですが、あとからどんどん腹が立ってきました。でもこういうのって一緒に仕事してる人じゃないと「えっ、なんで怒ってるの?」ってなるんですよね。で今日、この話をいつも親切にしてくださってる方に話したんです。そしたら爆笑されまして「おまえがせえよ!ってなんで言わんかったん?」とおっしゃるのです。「いや、まあ、その…」と言うと「差出人を『謎の人物K』にしてメールせなあかんわ」と言うんです。いや、てか、この話知ってる『K』って、きたむら以外に誰がいますの?って笑わせて頂いたんですけど。


あ〜、スッキリしました。みなさま、いつもお付き合い頂きありがとうございます。






会社概要

会社名
深沢まち企画事務所
カナ
フカザワマチキカクジムショ
免許番号
大阪府知事免許(1)62751
代表者
北村 哲人
所在地
5690035
大阪府高槻市深沢町1丁目18−8
TEL
代表:072-655-4236
FAX
代表:072-655-4236
営業時間
18:00〜21:00
定休日
年末年始、お盆
最寄駅
阪急京都線高槻市
バス乗車15分
バス停名京阪バス 深沢分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ