2021/11/30 20:30:51

うーん(゜-゜)補足してみたけど、さらに補足が必要な気がする。

なんかですね、昨日の幸せな時間が今日も引きずってます。ちゃんと今の幸せを感謝したいと思います。


それはそうと、昨日のドローン免許についての記述についてちょっと補足させて下さい。来年4月には正式に「資格」になって、現在ドローンスクールで得られた修了証が役に立つかは未定、と書きました。


正確には令和3年6月11日から1年6か月を超えない政令で定める日にスタートします。なので来年4月かもしれませんし来年の12月かもしれません。昨日行ったドローン講習の先生が4月とおっしゃっていたので「4月」と言ってしまいました。


さらに今あるドローン教習所が、免許申請者の技能訓練の証明者として国に登録してもらえるのは事前登録ですら、この12月20日からです。なので、反対解釈でいえば、今ある修了証は、来年施行の免許取得にとって、法律上は全く意味がありません。


ただ、その教習をうけたドローンスクールが登録講習機関になって、法律施行前に行った教習の質が当該法律の要求するレベルを満たしていた場合にいくらかのゲタを履かしてくれるのかってことです。ここについては、改正法に「本法施行前に実施した訓練であっても修了過程に含みうる」とも書かれていないので普通に考えたら結局はやり直し、ってことと思います。


だからこそ、修了証を出すからン十万円よこせっていう教習所は全く意味が無く、とりあえず現行の許可条件である10時間の飛行訓練を証明してくれて、あとはしっかり野外での実際のドローン操縦をさせてくれる教習所を選ぶべきです。





2021/11/29 21:54:50

夢のようなドローン講習



写真は本日の夕食です。たんぱく質と野菜中心です。あっ、そうそう、昨日の唐揚げ、自分で作ってはじめて美味しかったです。


昨日のブログで少し書いたのですが、今日は、夢のような1日でした。紅葉の中のドライブ、澄み切った空の下でのドローン講習、楽しい会話、えっ、これでお給料でるの?って感じでした。


ただ、みなさん。ドローンに関して、誤解を恐れずに言わせていただくなら、「ドローン免許」について勘違いしておられる方が多数です。まず、現在「ドローン免許」などという資格は存在しません。これについてさらに2つ。免許とは一般に禁止・制限されている行為を行政機関が特定の人に対して許可する場合のその「特定の人」たりうる「資格」のことですが、現在、行政機関は(1)人口集中地区(2)空港・軍などの施設周辺(3)高度150m以上、などに含まれない地域ではドローンの飛行を禁止してはいません(河川、道路、公園、鉄道といった管理者の存在する土地の上空はそもそも管理者の許可なく飛ばせません)。このように一般的禁止が無い以上、免許はありません。


ただ、「免許」という言葉を「許可」と同義に捉えた場合、が考えられます。さきの(1)人口集中地区では、航空法上の「許可」を取れば、飛ばすことが可能です。そしてこの航空法上の「許可」を得るには、10時間以上の飛行経験や飛行訓練が必要ですが、これを証明してくれる団体がいくつかある、というだけなのです。さらには、このような団体の証明が無ければ無いで申請は可能なのです。これらの団体は、上記許可を得るための証明をしますよ、というだけであって、運転免許のような資格を取れるようにしますよ、という性質のものでは全くありません。


そしてもうひとつ。先ほど「現在」と言いましたが、来年の4月には、正真正銘の資格としての「ドローン免許」なるものができる予定です。そこで問題となるのが、今現在、ホームページでは、上に述べたような多くのドローン教習所なるものが存在して、各自の修了証なるものを発行しています。こういった教習所では5〜40万円の講習料を払わされて修了証をゲットします。ゲットした方々は、当然、その来年4月からの免許制度が発足すれば、当初の試験は免除、もしくは少なくとも何らかの要件は自動的にクリアになると思われがちです。ですが、確実なものは何ら公式発表されていません。


一方で、講習機関の必要性は当然ありますし、上を承知の上で修了証にお金を費やすことはありえます。ただ注意して頂きたいのは講習の内容が金額に見合うものになっているか、ということです。実際のドローン操作はほとんど行わず、行われたとしても、体育館のような無風の場所で行われ、ほとんどの時間をフライトシュミレーターという画面ばかりを見させられる講習で高額の講習料を請求されることもあるとのことですのでご注意ください。





2021/11/28 23:39:56

おやつは300円まで。

 これは明日のお弁当のおかずの唐揚げです。



今日のお昼、時間があったので自分で揚げました。ネットで冷凍食品は安いけどそれなりの理由があるというのを見てちょっと考えるようになりました。お弁当はだいたい自分で作って行きます。作ると言ってもスーパーの惣菜を詰め替えるのが多いのですが。せっかく家から自転車で15分のところに職場があるので、食費を安くするためです。ごはんもちゃんと炊いています。今日、知り合いの農家さんからお米を買いました。地元のお米、5kg1,800円を10kg買います。5分突きにしてもらっています。食にはこだわりたいと思っていますが、生活が優先だとも思っています。忙しいときはインスタントで十分とも思っています。


明日の仕事は、すごく早出ですが、とても楽しみな仕事です。またこのブログで報告します。ちなみに、からあげの横に写っているのは、あしたのおやつです。






会社概要

会社名
深沢まち企画事務所
カナ
フカザワマチキカクジムショ
免許番号
大阪府知事免許(1)62751
代表者
北村 哲人
所在地
5690035
大阪府高槻市深沢町1丁目18−8
TEL
代表:072-655-4236
FAX
代表:072-655-4236
営業時間
18:00〜21:00
定休日
年末年始、お盆
最寄駅
阪急京都線高槻市
バス乗車15分
バス停名京阪バス 深沢分
バス停歩3分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ