2012/03/31 18:02:13

私について#11 (ブラック マンデー)

1987年10月、米国凋落、日本隆盛の流れを象徴するようなことが起こった。19日月曜日、ダウ平均が一日で500ドル(22%)以上下落した。この激震は日本にも伝わり、次の日の東京市場の日経平均は3836円(15%)下落した。ところが、東京市場は、翌日には2037円(9%)戻すなど、欧米の株式市場に比較すると、その底堅さが際立っていた。結果として、1988年4月には日経平均は、ブラックマンデーでの下げ分を埋めてしまい世界を驚かせた。


とは言え、ブラックマンデー後、ニューヨークオフィスは、それまでの人員増強スタンスから一気に人員縮小へ、180度転換した。自分の所属した部署でも、1986年以降現地スタッフを中心に増やしてきたが、米国株式ビジネスの減少と人員増強によるコスト増に耐え切れず、直近、新たに採用した現地人も含め大幅な人員カットを実施した。中には、自分ら若造に泣きついてくるスタッフもいたが、どうすることもできなかった。


一方、日本は元気であった。上場企業の一部は、堅調な日本株市場の後押しを受け、ユーロ市場でじゃんじゃん資金調達し、その資金を日本に還流させ、投資資金として使った。一部は、設備投資に回り、一部は、証券投資、不動産投資に向かった。資金投下すればするほど資金が増えて戻ってくる、多くの日本人は、その時、これが大きな勘違いであることに気づかないでいた。気づいていたかもしれないが、止めることはできなかった。証券業界も桁違いの収益を上げ、とりわけ大手4社は、利益ベースで日本の上位企業に居並ぶ高収益企業となった。


1988年、米国は、相変わらず、資金調達において、日本に頼っていた。それに応えるように、日本の投資家も有り余る資金で米国債を購入した。米国において、主要な産業は没落の一途で経済は活気を失い、国は借金漬けで立ち直りのきっかけを見出せない状況であった。メディアも挙って、米国の終わりを書きまくっていた。思えば、今もメディアは、その時と同じような論調でEU「崩壊」を予言しているが・・・。







2012/03/30 15:06:09

私について#10 (カナディアン・ロッキーへの旅)

1987年7月、夏休みを利用してカナディアンロッキーに行った。カルガリーに降り立ち、レンタカーを借り一週間周遊した。カルガリーでは、翌年2月の冬季オリンピック開催を控え、あちらこちらで、最後の追い込みの工事が行われていて、とても活気があった。そこから、バンフスプリングス ホテルのある、バンフに向かった。


このホテルは、日本でも有名で、旅行ガイドブックとかによく写真入りで掲載されていたが、さながら、森の中に佇むお城のようなホテルであったため、とても深く印象に残っていたので、どうしても泊まってみたいところの一つだった。そのホテルにはゴルフ場もついていたのだが、ゴルフ好きの自分にはそこでプレイすることは、ちょっとした夢であった。ここ以外にも、カナディアンロッキーには、ホテルに付帯した素晴らしいゴルフ場がたくさんあった。ジャスパー・パーク ロッジでのゴルフは、各ホールにヘラジカのような大型の鹿が走り回っていて、他ではちょっと経験できないようなゴルフをした。それらでプレイするため、自分らは、ニューヨークからクラブを持参し、思う存分楽しんだ。


カナディアンロッキーは野生動物や氷河など、様々な自然美を兼ね備えていた。観光客は、ヒグマがいたとか、バッファローの群れが凄いとか大騒ぎだった。コロンビア大氷原の雪上車観光もダイナミックで、そこから見る景色は今でも忘れられない。レイク ルイーズでは、札幌からいらしていたご家族と懇意になった。年配のご夫婦と自分らと同じような年代の息子さんと旅行をされているとのことであった。その息子さんには家族があり、その時はトロント郊外に住んでいて、毛皮を日本に輸出する仕事をされていた。2001年頃だったか、このご両親に会いに札幌に行ったが、歓待してくれて、登別温泉や洞爺湖に案内していただいた。ただ、その後、ご無沙汰してしまって、今でもお元気でおられるか、気がかりである。






2012/03/30 11:13:55

私について#9 (Japan as #1)

1980年代後半、米国は財政赤字に悩まされていたが、その資金調達は日本からの資金に支えられていた。その表舞台に立っていたのが、日本の4大証券会社で、その裏で実際に資金を出していたのは、日本の大手機関投資家であった。国の資金調達は、国が国債を発行し、それを投資家が購入することによって成り立つ。米国の国債は総称してトレジャリーと呼ばれるが、資金調達(発行)は5年・10年・30年のように、いくつかの年限に分けて発行された。日本の機関投資家は、30年債を中心に購入した。


米国の資金調達方法は、金額は数千億円単位であったが、今考えれば、とてもアナログ感覚のものであった。それは、4大証券会社のような、プライマリーディーラーと呼ばれる、米国公認業者が、その時の市場の動きを見ながら、レート(価格)と金額をペーパーにしたため、それを締め切り時間までに連銀に提出する、というやり方であった。自分の会社で言えば、債券担当シニアが市場を見ながらレートと金額を決め、締め切り時間ぎりぎりに、連銀の近くに待機しているジュニアに詳細を伝え、彼がそれを転記し、連銀にダッシュし、札を提出するというものであった。数十社あったプライマリーディーラーのワイシャツ姿の巨漢がウォールストリートを走り回るので、はたから見ると、何事が起ったのかと思われていたであろう。ニューヨークに赴任して間もなく、何事も経験ということで、自分も現地スタッフとウォールストリートを走ったことがある。


4大証券は、数千億円の入札額に対して、その70%から80%を応札していた。折しも、日本はバブル膨張期であったため、民間は稼いだ余裕資金を投資に回したが、日本株、日本の不動産では飽き足らず、米国債にも大量に資金を振り向けた。当時、米国は双子の赤字で、どんどん元気を失なっていた。一方、日本は、ロックフェラービル、シティーバンクビル等、不動産にまで手を広げていった。世界は、日本が米国のアセットを買い占めてしまうのではないか、との雰囲気が漂っていた。ヴォーゲルの「Japan as no.1」が良く売れたときだった。






会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ