2012/11/30 16:02:54

私について#89 (新幹線に乗って京都へ)

3年ぶりに秋の京都に出かけた。京都の町屋で宿を営んでいる友達と、京都でマンションを所有する姉夫婦を頼りに4泊5日のゆったり旅であった。


700系になってからの「のぞみ」に乗ったが、その素晴らしい乗り心地に感動した。日本の新幹線等、高速鉄道の運行システムおよび車両製作技術はほんとに素晴らしい。あれだけの高速鉄道で、5分に一本程度のインターバルで、通常であればダイヤにほとんど乱れの無い運行システムは、世界に類は無いと言える。また、時速300q弱で走行しているものの、乗り心地が良いこと、これまた世界で乗ったことが無い。この速度で走っているにもかかわらず、縦・横の振動がとても少ない。通路を歩いていても、体が振られる感じが殆んど無い。


サラリーマン時代、仕事やプライベートで欧州の高速鉄道に乗る機会が多くあった。特に、ロンドンーパリ、ロンドンーブリュッセルを結ぶユーロスターには良く乗っていた。ロンドン発パリ行に乗車すると、まず、英国の田園地帯を走るが、英国サイドは山は無いものの、丘陵地帯でそれなりに起伏があるエリアをドーバー方面へ向かうので、その時の速度は時速200q強程度で、カーブの時に横揺れがかなりある。そして、ドーバー海峡を渡り、フランスに入ると今度は平坦な土地にほぼ直線に敷かれたレールの上を時速300qで走り始める。これは、中々のスピード感である。しかし、平坦でまっすぐに走行している割には、結構横揺れがあり、通路をあるく時は、各シートを頼りに歩く必要がある。ユーロスターでは、簡単な食事が配膳されるのだが、配膳する人たちはかなり揺られながらの仕事となる。自分が日本人だから言うのではないが、高速鉄道技術は日本が間違いなく世界一だ。欧州ではドイツやイタリアでも高速鉄道に乗ったが、日本の新幹線並みの快適さをもたらせてくれるものは無い。米国・インド・ブラジルに日本の新幹線技術が持ち込まれたら、さぞかし素晴らしいことだろう。新政権が誕生したあかつきには、政府・民間で世界中の高速鉄道建設案件のマンデートを取って、日本の技術の素晴らしさを紹介してあげてもらいたい。


京都はとても元気だった。秋の紅葉シーズンだからであろうが、京都駅はもちろん、市内の至る所にあるターミナルや神社・お寺は人で溢れかえっていた。現役を引退されたと思われる方々を中心に団体旅行や気の合ったもの同士と思われる小グループ旅行者が中心であったが、今、外交的に冷え切っている国の人たちも多く秋の京都を楽しんでいた。


日本には素晴らしいものがたくさんある。世界には、日本を見たい、学びたいと思っている人たちがたくさんいる。企業・個人を問わず、これら素晴らしいものをもっとうまく紹介できる能力が日本には必要ではないか。自分もこういう人たちを日本に呼び込むことができるようなことをしたいと思う。





2012/11/17 11:15:18

私について#88 (一撃)

1957年千葉県船橋市生まれ、自分と同学年、同郷の野田首相が、11月14日の党首討論で突然「解散」を具体的に明示し、世間をあっと言わせた。メディァや評論家は、自分達の分析をそれぞれ展開していたが、野田首相の本心をついていたかはわからない。しかし、あの場であの発言は、最近、孤軍奮闘していた野田首相の最後の一撃だったのだと思う。とても勇気があり、同学年、同郷であることを抜きにしても、彼にエールを送りたい心境になった。


彼が財務大臣の頃、為替介入についてのコメントをしたときは、あまり迫力や器の大きさを感じなかったが、首相になってからの言動は、自分にとってはかなり好感度が上がっていた、そんな中の「一撃」で益々応援したくなった。解散を迫っていた最大野党党首はたじろぎ、米国大統領選ではないが、14日の討論会は、明らかに野田首相に軍配は上がった。またそれ以上に、今回の「一撃」は、最近、はやりになりつつあった、第3極にかなりの打撃を与えた気がする。政策を異にする党首同士の政党が合流することになったことなどはその典型だろう。年内解散無し、との目算が外れ、政策統合の無いまま、一つの政党になることを決断したことは、選挙民にとって興ざめ、の印象を与えた。


来月の選挙で結果がどうなるかは、神のみぞ知る、であるが、今回もつまらない選挙になると思っていた自分にとっては、とても楽しみな選挙になった。野田首相の首相としての最後の大きなかけ(?)、の結果を来月には見ることができる。野田さん、お体ご自愛い下さい!





2012/11/15 9:31:33

私について#87 (シェール革命が日本を救う)

国際エネルギー機関(IEA)は、「世界のエネルギー見通し」を発表し、2017年までに米国が原油・天然ガスの生産量で世界最大になるとの見通しを示した。

ここ最近、頁岩から採掘するシェールオイル・ガス等、非在来型の原油、天然ガスの生産量が延びていることが話題になっているが、IEAのこの発表は、世界のエネルギー事情を大きく変え、それも特に日本にとって良い効果が表れるのではと感じている。先進国の中でも日本は、原油においては90%近くを中東諸国から輸入しており、日本のエネルギー確保は長年、中東情勢によってとても大きな影響を受けてきた。


もし米国の原油生産がIEAの予想通り伸びていけば、そんなに遠くない将来、日本は米国からも原油調達が可能となり、中東情勢の変化による大きな影響をミニマイズできると考えられる。そしてもっと期待できるのは、原油価格の下落であり、それは日本にとってこの上ない助けとなる。シェールオイル・ガス出現にもかかわらず、大量確保が必要な日本は、中東から異常に高い原油・天然ガスを購入し続けているのが現状。将来的に、北米大陸の安価な原油・天然ガスの生産量が延びていけば、世界のエネルギー価格が大きく変わる可能性がある。そうなれば、中東産の原油・天然ガスのプレミアムも剥げ落ちていくことあろう。東京電力のみならず、日本の電力会社は、原子力発電所を稼働することができないため、世界中で血眼になって原油・天然ガスを調達している。それも、とても高いコストで。いったいいつまで、この国はこんな状況を続けていくのだろうか?貧すれば鈍する、は避けたい。


日本においても、先日、秋田県でシェールオイルの抽出に成功したと報道されていた。もともと日本でも、新潟県から秋田県の日本海でいくばくかの原油の生産があるが、この新しい技術で、新たな原油調達が国内で可能となれば、それはそれで日本経済にとって大きなプラス効果が期待できると思う。技術立国日本、米国並みの新たなビッグニュースを期待したい。






会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


123

このページのトップへ