2015/09/26 15:24:21

私について #210 (グローバル企業で起こった考えられない出来事)

ドイツ フォルクスワーゲン(VW)が会社存続の危機に立たされそうだ。その理由が排ガス不正問題。米国において、違法なソフトウェアを使い、試験時にだけ窒素酸化物(NOx)の排出量を減らすようにしていた。つまり、試験時だけ排ガス低減装置を作動させ、実際の走行時には燃費向上を優先して装置を停止させていた。その設定を変えると、今度は通常走行時の燃費が悪化し、二酸化炭素(CO2)排出量が増えてしまう恐れがある。ディーゼル車の大市場である欧州はもとより、VWが是が非でもディーゼル車市場を開拓したかった米国市場の開拓のためだったのか、禁じ手を使ってしまった。そして、お膝元欧州においてもその不正が行われていたことが発覚した。同社は過去10年で世界での販売台数をほぼ倍に増やし、2014年には年間1000万台の販売を達成し、世界首位のトヨタ自動車に肉薄し、2015年1〜6月期には上半期で初めてトヨタを抜き首位となった。しかしそれはまさしく「汚れた」記録だった。


日本ではディーゼル車は過去、排気ガスをまき散らす車として敬遠されることが多かったが、欧州ではディーゼル車はここ数十年来、大きくシェアを増やしてきた。その背景にはディーゼルエンジンにおける技術革新が進み、低公害化(クリーンディーゼル化)が進んだことと、ガソリンに比べ軽油の値段が安いことがあった。VWはとりわけ、このクリーンディーゼル車を前面に押し出し、ここ最近ではトヨタ・GM・VWと3強の一角を占める勢いを持ち始めていた。傘下には、ポルシェ・アウディ・ランボルギーニ・ベントレー等の高級ブランドを持ち、そのグループ12ブランドで欧州市場のシェアの25%を占めていた。


事件発覚後、同社の株価は4割以上下落し、最大で330億ユーロ(約4兆4500億円)の株式時価総額を失った。2015年6月末時点で自己資本は962億ユーロ(約13兆円)を誇る会社であったが、今後の信用失墜による販売不振、不正に対する莫大な課徴金の支払い、消費者に与えた経済的損失への賠償等、一体いくらの経済的負担が発生するのか現時点ではわからない。


2005年9月、ロンドン駐在時にドイツ北部ウォルフスブルグにあるVW本社を訪れ、日本円での資金調達(サムライ債の発行)を提案したことがあった。財務担当役員はじめ担当の方々から歓待を受け、とてつもなく大きな工場全体の案内もして頂いた。その時の提案を受け入れていただくことはなかったが、自分にとってはとても思い出深い取引先であった。しかし、そのVWが世界中の消費者と関係当局を欺いた。その報いは計り知れない厳しいものとなるだろう。





2015/09/24 15:07:58

私について #209 (デパートでの楽しみ方)

家内の買い物にお付き合いすることで新宿伊勢丹に行くことがまれにあるが、地下の食品売り場、1階の化粧品売り場に行くと、まず人の多さに驚く。特に食品売り場は自分も大好きで、そこに行くと心がなんとなく浮き浮きしてしまう。思うに日本のデパートの食品売り場は世界でも珍しい活気のある売り場だと思う。まず売られているものの種類がとても多いし、消費者の心をくすぐるプレゼンテーションも上手だ。老いも若きも、男も女も、最近では外国人旅行者もデパートの食品売り場でエンジョイしている。


欧米のデパートでは食品売り場はあまり注目を浴びる売り場ではない。その中で、ロンドンのハロッズの食品売り場が、日本のデパートの食品売り場に近い華やかさを醸し出していたが、それでも売られているものの種類や顧客数は日本のその比ではない。バラエティーに富んだ食生活を楽しむ日本人に比べ、欧米人は様々な種類の食文化を楽しむということには興味が無いのかもしれない。


1階の化粧品売り場は、遠目に見ているととても興味深いところ。アジアを中心とした比較的若い女性旅行者を含め、多くの女性たちが販売員と話をしながら、人によっては鏡の前で実際にデモをやってもらったりしているのが面白い。女性の美しくなりたいという欲望を垣間見るには化粧品売り場は最高の観察場所だ。最近は男性も化粧をする時代とのこと。その姿を見たいと思わないが、近いうちにその一角で男性がデモを受けている姿が見れるようになるかもしれない。





2015/09/14 14:32:55

私について #208 (高速道路網整備。所変われば・・・)

首都高速中央環状線・東京がいかく環状道路(外環)・首都圏中央連絡自動車道路(圏央道)、いわゆる首都圏3環状高速道路の整備が進んでいる中で、それに合わせて円滑な交通移動を誘導するための仕組みづくりが始まった。その中の最大の懸案だったそれら高速道路の料金体系の改定が2016年4月から導入されることとなった。実は高速道路の料金は一律同額に設定されているわけでなく、たとえば圏央道の西側区間は、1q当たり40円超で、他の高速道路と同水準の36円に比較し割高となっており、折角環状高速道路として整備されたにもかかわらず、多くの利用者が首都高速道路を使って都心を通過することとなっているのが現状のようだ。確かに、圏央道西側が開通したにもかかわらず、東名高速・中央高速からの中央環状線の利用者が多く、西池袋JCTを起点とした中央環状南側の渋滞が酷くなったことを実感している。


この料金改定により、圏央道西側区間は1q当たり40円から36円に引き下げられ、首都高速道路は現行の普通車510円〜930円を300円〜1300円の料金幅に拡大される。首都高速道路に関しては、短距離で値下げ、長距離では値上げとなる。首都高速道路を頻繁に使う自分にとっては値下げ・値上げ両方の中庸な影響となるが、特に首都圏西側からの利用者に関しては、圏央道西側部分の値下げと渋滞回避で、高速料金およびガソリン代が節約されることとなる。


ところで、欧米など高速道路網の発達したエリアにおける高速道路においては、日本の高速料金に相当するものは無い。たとえば、ニューヨークのワシントンブリッジなど、大きな橋を渡るときに数ドルの料金を支払うことはあるが、自分はその全路線をドライブしたことは無いが、ニューヨークからサンフランシスコまでInterstate 80を西に4650kmドライブしても高速料金を払うことは無い。英国のドーバーからフランスのカレーまでフェリーで行き、ベルギー・オランダ・ドイツ・オーストリア・スイス・フランスと3000kmドライブしたことがあるが、いわゆる高速料金というものはどの国においても払うことは無かった。日本と欧米のこの違いについて深く考えてもあまり意味は無いと思うが、率直な思いとして、どこでこんなに考え方が違ったのだろうか?高速道路網を確立するに当たり、どの国においても、時の政府は莫大なお金を使って建設したはずだが、欧米においては既にそのコストは回収してしまったのだろうか?どなたかその理由を知っている方がいらしたらぜひ教えてください。






会社概要

会社名
Grande Plaine
カナ
グランド プラン
免許番号
東京都知事免許(2)93934
代表者
大原 仁
所在地
1510064
東京都渋谷区上原2丁目17−2アハトインセルン 101
TEL
代表:03-5738-7028
FAX
代表:03-5738-7029
営業時間
10:00〜17:00
定休日
不定休
最寄駅
小田急線代々木上原
徒歩10分
メール送信はこちら
ログイン
 


12

このページのトップへ